• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データダイヤル110番(第1回)愛の血清

本格的な「捜査もの」の草分け的番組。スタジオ番組といえば生放送ばかりだった時代に、フィルムと生放送の構成で高視聴率を保持した。警視庁、警察庁、全国警察署から寄せられた実話資料をもとに、警察の活動を描いたドキュメンタリータッチの番組で、血なまぐさい事件だけでなく、明るく感動的な事件も取りあげ、あらゆる面で警察の活動をリアルに描いた名作。主役なし、お色気抜きの番組だった。【以上、週刊TVガイド編集部編「昭和30年代のTVガイド」(1983年、ごま書房刊)より引用】「現実の事件をできるだけ忠実にドラマ化する手法をとった本格的捜査もの。血生臭いものだけでなく、明るい感動的な事件も取り上げ、警察の活動をリアルに描く。【東京ニュース通信社刊「テレビ40年 IN TVガイド」より引用】「はい、こちら110番!」の出だしが定番で、緊急時の警察への通報の電話番号である「110」を世間に定着させることとなった。また「ひゃくとーばん」と呼ぶことで「110番」を「ひゃくとーばん」と呼ぶことも定着した。奥村公延、橋爪功のデビュー作。この連ドラ版『ダイヤル110番』放送に先行して、1956/12/07~14に単発の『ダイヤル110番』前後編が先行放送されている(当データベースでは別データとして収録)。放送開始後、放送枠は、火曜20:00-20:30、火曜20:30-21:00と変動した。大阪地区の放送は大阪テレビにて1957/10/02~1958/08/27、日曜20:30~21:00、22:30~23:00などの時間に放送された。続いて、讀賣テレビにて1958/09/02~、火曜20:30~21:00に放送された。全放送回数は363回(一部資料では364回または365回)。【参考文献:「テレビジョンドラマ」(雑誌、齋藤耕路編集、放送映画出版刊)1990年2月号】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1957/09/03~1957/09/03
放送時間 22:15-22:45 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 柳谷  寛二木てるみ、(以下、放送回が不明な出演者:橋爪  功、)
主な脚本 (作:村上 俊郎
主なプロデューサ 北川  信
主な演出 北川  信
局系列 NNN

Tag Cloud

柳谷寛 ーばん 活動 110番 二木てるみ ダイヤル110番 警察 定着 リアル 事件 生放送 色気抜き 捜査もの 明るい 北川信 連ドラ版 取りあげる スタジオ番組 呼ぶ 放送 讀賣テレビ 電話番号 ドキュメンタリー... 番組 描く 単発 定番 手法 大阪地区 主役

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供