• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データサザエさん(サザエさん(1969年度放送分、第1回~第26回))

都会の片隅に平屋の一軒を構える磯野一家。ここで起こる日常のヒトコマを淡々と描きながらほのかな笑いを呼ぶロングランのアニメーション。1969/10/05放送開始で現在も継続中。放送開始以来ロングランを記録しているシリーズのこれは最初の1969年放送分でその後のほがらかな展開と比べてかなりコミカルかつ破壊的な描き方になっている。【以上、文:古崎康成】各回のサブタイトルは以下のとおり(カッコ内の回数は2018/12にAMAZONおよびFODで公開された際の回数)。第1回「75点の天才!/押売りよこんにちわ!!(「押売」にルビ「おしう」が付く)/お父さんはノイローゼ」(1969/10/05放送)、第2回「ちょっとひとこと多かった!!/柔道の巻/秋はもみじの物語」(1969/10/12放送)、第3回「お医者さんの巻/みちゃったみちゃった/運動会だヨォ~イ!!ドン」(1969/10/19放送)、第4回「父子水いらず/さすらいのワン公/TV大戦争」(1969/10/26放送)、第5回「ワカメが二人/天高くライオン肥ゆ/カツオ最大の悩み」(1969/11/02放送)、第6回「カツオのデート/訪問学入門/家なき子物語」(1969/11/09放送)、第7回「おれは強盗/お菓子で勝負だ…!!/冬なおあつい物語」(1969/11/16放送)、第8回「サザエの高砂や/鬼の居ぬ間に/ミニヨメさん旋風」(1969/11/23放送)、第9回「温泉よいとこ/ホロリ淋しい秋のくれ/ぼくら草野球」(1969/11/30放送)、第10回「先生走る12月/とんだ参観日!!/千客万来の巻」(1969/12/07放送)、第11回「年の暮れご用心/カケモチ狂騒曲/野次馬の巻」(1969/12/14放送)、第12回「さいまつけいかい/美しき苦しみ/友達や~い」(1969/12/21放送)、第13回「デパート奮戦記/ねえどうして?/男と男が生きる家」(1969/12/28放送)、第14回「いつもめでたい一家/恥をかきぞめの巻/晴れ着が大好き」(1970/01/04放送)、第15回「ああ!!一番不しあわせな日。/便利屋カツオ/天才教育の巻」(1970/01/11放送)、第16回「おとこ波平/拝啓身の上相談さま/ワカメを愛して」(1970/01/18放送)、第17回「雪だるまの赤ちゃん/波平投書箱/梅が咲いて」(1970/01/25放送)、第18回「ご先祖バンザイ/個性でよいしょ!!/カギッ子」(1970/02/01放送)、第19回「男はつらいネ/ネズミ騒動/勉強してま~す」(1970/02/08放送)、第20回「サザエがんばる!!/不幸まとめて大安売り/お見合い」(1970/02/15放送)、第21回「お互いさまです。/とかく世の中要領しだい。/ほえない犬」(1970/02/22放送)、第22回「桃の花の伝言板/サザエ大阪へ/家出の季節」(1970/03/01放送)、第23回「純愛ものがたり/台所波平記/今日は蝶々さん」(1970/03/08放送)、第24回「ノリスケ物語/青空めざして/不信のとき」(1970/03/15放送)、第25回「タラちゃん電話ヨ!/ただ今張りこみ中/小さなお客さま」(1970/03/22放送)、第26回「ぼくの家庭教師/あらあらかしこ/だまし!だまされ…まただまし」(1970/03/29放送)。提供:東芝。【役名(声の出演)】サザエ(加藤みどり)、カツオ(大山のぶ代、高橋和枝)、ワカメ(山本嘉子)、舟(麻生美代子)、波平(永井一郎)、タラ(貴家堂子)、マスオ(近石真介)、ノリスケ(村越伊知郎)。なお、シリーズを通しての主要キャストの変遷は以下のとおり。サザエ(加藤みどり)、マスオ(近石真介→増岡弘)、カツオ(大山のぶ代→高橋和枝→冨永み~な)、ワカメ(山本嘉子→野村道子→津村まこと)、タラオ(貴家貴子)、波平(永井一郎→茶風林)、舟(麻生美代子→寺内よりえ)、ノリスケ(村越伊知郎→荒川太朗→松本保典)、イクラ(桂玲子)、タイコ(逢川亮子→恵比寿まさ子→塚田恵美子→小林さやか)、花子(秋元千賀子→山本圭子)、伊佐坂(はせさん治→峰恵研→伊井篤史→岩田安生→中村浩太郎)、お軽(山田礼子)、中島(白川澄子→落合るみ)、早川(潘恵子→冨永み~な→川崎恵理子)、穴子(若本規夫)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1969/10/05~1970/03/29
放送時間 18:30-19:00 放送回数 26 回 連続/単発 連続
主な出演 (声の出演:加藤みどり(1)-(26)、大山のぶ代(1)-(12)、高橋 和枝(13)-(26)、山本 嘉子(1)-(26)、麻生美代子(1)-(26)、永井 一郎(1)-(26)、貴家 堂子(1)-(26)、近石 真介(1)-(26)、村越伊知郎(11)、逢川 亮子(24)-(26)(クレジット表示なし)、小宮山 清出演時期不明)、沢 りつお出演時期不明)、白川 澄子立壁 和也たてかべ和也)(出演時期不明)、千葉 耕市出演時期不明)、太田 淑子出演時期不明)、松島みのり出演時期不明)、西尾  徳出演時期不明)、千々松幸子出演時期不明)、畠山 洋子出演時期不明)、北川 知絵出演時期不明)、水鳥 鉄夫出演時期不明)、江川 菜子太地 琴恵)(出演時期不明)、松尾 佳子出演時期不明)、沢田 和子沢田 和猫)(出演時期不明)、小原乃梨子出演時期不明)、坂井すみ江坂井寿美江)(出演時期不明)、)
主な脚本 辻  真先(1A)(1B)(2AC)(3A)(4AC)(5B)(6B)(7C)(8AB)(10AC)(11A)(12B)(14A)(14B)(15A)(15C)(16AB)(19A)(20A)(21B)(22BC)(23A)(24ABC)(26C)、城山  昇(1C)(7AB)(13A)(17C)(19BC)(20C)(21A)(23B)(25BC)、宮内婦貴子(2B)(3C)、雪室 俊一(3B)(4B)(5AC)(6AC)(8C)(11B)(12C)(13BC)(14C)(15B)(16C)(17AB)(18ABC)(20B)(21C)(22A)(25A)(26B)、小沢  洋(10B)(11C)、久保田圭司(12A)、鈴樹三千夫(23C)(26A)
主なプロデューサ 松本 美樹堀越 唯義
主な演出 (チーフディレクター:渡辺 米彦)(演出:村山  徹(1A)(2C)(6B)(8B)(10A)(13AC)(16A)(18C)(22C)(23AB)、岡田 宇啓(1B)(4B)(5C)(7C)(10C)(14B)(16B)(17AC)(20B)(24AC)(25B)、山本  功(1C)(3C)(5B)(6C)(10B)(12C)(15B)(18B)(19C)(21B)(23C)(26B)、村山  修(2AB)(3A)(4C)(5A)(7A)(8A)(12A)(13B)(14A)(16C)(18A)(21C)(25C)(26A)、高垣 幸蔵(3B)(4A)(7B)(8C)(11B)(12B)(14C)(15C)(17B)(19B)(21A)(22AB)、鳥居 伸行(6A)(11AC)(15A)(19A)(20AC)(24B)(25A)(26C)((6A)は、鳥居 宥之、と表記))(監修:小林 利雄
原作 長谷川町子(朝日新聞連載中)、(Copyright:姉妹社)
局系列 FNN
制作会社 (企画・制作:TCJ動画センター、宣弘社)
制作 (進行:大場 伊紘)
音楽 越部 信義(音楽企画センター)、(演奏:スクリーンミュージック)(効果:柏原  満)(録音演出:岡本  知グロービジョン))(調整:島津 勝利)(録音:番町スタジオ)
主題歌 宇野ゆう子「サザエさん」「サザエさん一家」(作詩:林  春生、作曲:筒美 京平)(東芝レコード
撮影技術 小林征史郎新井 隆文、(編集:矢吹 敏明山田 静男)(現像:東洋現像所
美術 (アートディレクター:小野 辰雄)(動画:毛内 節夫海老沢幸男鈴木 俊男太田 智久今村 豊子箕輪 紀行山岡 洋司林  一夫江沢 聖三)(仕上:一色 弘安北原 睦雄箱山しづ江三平 康久藤川きよ子山口 慶子弦巻 節子三須 友子沖津佳世子)(背景:亀崎 経史遠藤 守俊佐藤 正宜小磯多美子

Tag Cloud

放送 ワカメ サザエ 長谷川町子 押売 カツオ 1A 近石 波平 冨永 タラ 回数 山本嘉子 村越伊知郎 マスオ 高橋和枝 ノリスケ ロングラン だます 加藤みどり 麻生美代子 辻真先 永井一郎 大山のぶ代 あらあらかしこ 1B 放送開始 堀越唯義 貴家貴子 松本美樹

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供