• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ日真名氏飛び出す(日眞名氏飛び出す)

広告電通賞受賞作品。本職はカメラマンという素人探偵が事件に挑む。スタジオ生ドラマだった。スタジオ生ドラマで屋外ロケもはじめて導入した。捜査ものドラマのはしり。「開局時から人気があったのは土曜日の午後9時10分からの30分ドラマ『日真名氏飛び出す』である。7年半380回もつづく長寿番組になった。カメラマンの日真名真介(久松保夫)は、撮影現場でいつも事件に出逢う。助手の泡手大作(高原駿雄)と2人で真相解明の探偵を務めるという設定の、1回完結の見やすさがあった。劇中2人は三共ドラッグストアに立ちよりビタミン剤で一息つく。生CMにも自然に入れるという巧みなセンスである。【この項、大山勝美著「こうして放送は、はじまった」(雑誌「AURA」(フジテレビ刊)No.179より引用)】」番組自体にスポンサーをつけたはじめての番組。大阪地区では大阪テレビ開局日の1956/12/01(土曜)から放送開始、計293回放送された。「レギュラー出演の影山泉は一時影山喬一と改名し、またもとの名前に戻している。【この項、文:のよりん】」高原駿雄は同じ出演者の淡京子と結婚。久里千春が通行人役のエキストラとして出演し、岡田三郎プロデューサーに見いだされるきっかけとなった。個々のエピソードが判明しているものについては別記している。電通が1960/01/23から1週間にわたり実施したテレビ聴視率調査の結果では、27.0%を記録した。1960/05/21から実施された電通主催の第2回「テレビ聴視率調査」(東京地区)で、26.9%、第18位を記録。また、1960/08/16(火)~1960/08/22(月)に日本トンプソン市場調査研究所が実施したテレビ聴視率調査では、本作の聴視率は20.2パーセントで、期間中の全番組中、6位を記録した。京知子が4000人のオーディションの中から選ばれてデビューした作品。判明している各回のサブタイトルは以下のとおり。第331夜「悪い奴らはよく泳ぐ 前編」(1961/08/05放送)、第332夜「悪い奴らはよく泳ぐ 解決編」(1961/08/12放送)、第368回「悪の盲点 解決編」(1962/04/21放送)、第369回「アンブレラ作戦(台本名は「洋傘作戦 前編(「洋傘」にルビ「コーモリ」が付く))」(1962/04/28放送)、第370回「アンブレラ作戦 解決編」(1962/05/05放送)。提供:三共製薬。放送枠は途中から土曜21:30~22:00に移行。【参考文献:Yahooオークション、「TBS50年史」(2002/01、東京放送刊)、「キネマ旬報臨時増刊 テレビ大鑑」(1958/06/20発行、キネマ旬報社刊)】
キー局 KR 放送曜日 放送期間 1955/04/09~1962/07/14
放送時間 21:10-21:40 放送回数 380 回 連続/単発 連続
主な出演 久松 保夫高原 駿雄関  弘子淡  京子二本柳 寛宮地 晴子小原乃梨子(ゲスト)、影山  泉影山 喬一景山  泉)、丹下キヨ子(59/07/04)、三田 英子奈良あけみ入江たか子市丸江戸小歌市丸)、京  知子広沢 虎造津村 悠子露原 千草笹森 礼子矢田  稔小林重四郎山田 周平大沢健三郎武藤 英司十朱 久雄山岡 徹也堀越 節子恩田清二郎田代百合子桂  典子西川敬三郎沢村みつ子丹下キヨ子戸倉 緑子田中 明夫エセル中田金井  修加藤  武飯田 蝶子坂東 吉弥森塚  敏小笠原省吾小笠原 弘小笠原竜三郎)、石田 昭子霧立のぼるかしまし三人娘かしまし娘)、立川 美音沢 多佳子市川 和子高山  栄ペギー葉山若杉 弥生榎本 健一トニー 谷清川 虹子南  道郎花柳 小菊稲吉  靖稲吉 靖司)、水の也清美三条 美紀三條 美紀)、服部 哲治服部 哲次)、益田 喜頓筑波 久子古賀さと子天知  茂笹 るみ子御橋  公夏川大二郎丹羽又三郎波多 佳子(60/07/02)、熱海サチ子久邇 恭子上月左知子上月あきら上月佐知子)、近藤万紗子沢 阿由美山東 昭子篠原 暎子富永美沙子槇 芙佐子由利 恵子飯島 健司石井 伊吉毒蝮三太夫)、植村謙二郎大平  透岡田 英次織本 順吉笠間 雪雄勝田  久加東 大介佐伯  徹笹川 恵三永田  靖成瀬 昌彦野々 浩介舟橋  元真木 恭助真弓田一夫宮川 洋一山本 一巳竜崎 一郎龍崎 一郎)、中村又三郎丹羽又三郎)、八島 桂子江島 桂子江島 慶子)、久里 千春(クレジット表示なし)、
主な脚本 斉藤 豊吉齋藤 豊吉斎藤 豊吉田川 淳吉)、大倉 左兎大倉 左鬼)(332)、長谷川公之(368)、赤坂 長義(369)(370)、斉藤 豊吉西島  大久板栄二郎久保田耕一、(以下クレジット表示はなく「ストーリー作り」スタッフとして参加藤川 桂介藤村 正太浄明寺玲子
主なプロデューサ 高橋太一郎高橋太一朗
主な演出 赤坂 長義高橋太一郎小坂 昭男小坂 昭夫)、瀬口城一郎未確認)、(演出助手:山本 隆則
原作 (原案:双葉十三郎(332)(368(、南  俊子(332)(368))
局系列 JNN
制作会社 (制作:電通(ラジオ・テレビ企画制作局)、KR)
制作 (制作進行:岡田 三郎、鈴木富美男)
企画 岡田 三郎
音楽 水藻 秀男
美術 木村 威夫

Tag Cloud

高原駿雄 解決編 久松保夫 テレビ聴視率調査 斉藤豊吉 アンブレラ作戦 実施 スタジオ生ドラマ 泳ぐ 記録 大倉左兎 高橋太一郎 放送 関弘子 前編 赤坂長義 カメラマン 悪い 屋外ロケ 淡京子 水藻秀男 立ち 判明 盲点 見いだす センス 番組 導入 岡田三郎 開局

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供