• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ七色仮面(第1部)コブラ仮面

「七色仮面」は初期の子供向けテレビ番組の1つ。話の展開は変装の名人蘭光太郎が、コブラ仮面などの悪役と対立するというもので、どことなく「怪人二十面相」と「月光仮面」を足して割ったようなものだった。初代の蘭光太郎は波島進が演じていて、変装に主体をおいたどっしりとした内容でおじさん風の七色仮面だった。しかし、千葉真一が2代目の主役として登場するなり、軽快なアクションのストーリー展開となり、またたく間に子供たちの人気を得るようになった。そして、お祭りや縁日で売られているプラスチック製のお面の中でも、金色に輝く七色仮面は月光仮面をおしのけて人気ナンバーワンだったという。かくいう私もお祭りで最初に買ってもらったお面は七色仮面であった。【以上、文:小松克彦氏(「テレビごくらく大事典」(1993/08/05、読売新聞社刊)より引用)】<br />変装の名人・蘭光太郎(波島進)が、コブラ仮面などの悪役と対決する。好評で第4部まで制作され、さらに千葉真一主演で『新七色仮面』と題し計3部が制作され、全体で計7部が制作された。「波島進さんによる『七色仮面』は第四部まで。第五部から第七部までが千葉真一さん。【この項、文:市村】」データ欄の放送枠は関西地区のもの。関東地区での放送枠は、1959/06/03~1959/08/20で時間は第1回(1959/06/03放送)から第10回(1959/08/05放送)まで水曜18:15~18:45、第11回(1959/08/13放送)および第12回(1959/08/20放送)が木曜18:15~18:45。全体の放送期間(関東地区)は、1959/06/03~1960/06/30、全57回。【データ協力:市村】
キー局 MBS 放送曜日 放送期間 1959/06/02~
放送時間 18:15-18:45 放送回数 12 回 連続/単発 連続
番組名 テレビ映画
主な出演 波島  進藤山 竜一安藤 三男潮  健児萩原  満岩城 力也小林 裕子香山 光子三条 美紀三條 美紀)、岡田 敏子八代万智子堀 みどり浦野みどり沢  彰顕佐原 広二山本 麟一萩原  満松本 染升陶   隆藤倉 伸也北川 恵一潮  健児富田浩太郎岩城  力高田  博南川  直久保  一岩上  瑛三瀬 滋子應  蘭芳)、川崎 玲子白河 幸子北山 達也不忍 郷子
主な脚本 松原 佳成川内 康範
主な演出 (監督:鈴木 敏郎和田 篤人相野田 悟島津 昇一
原作 川内 康範(「ぼくら」連載)
局系列 ANN
制作会社 東映、MBS
制作 (進行:松田 義夫)
企画 佐藤 昌弘依田 一郎
音楽 小川 寛興
主題歌 近藤よし子キング子鳩会キング小鳩会…誤り)「七色仮面の歌」(作詞・川内 康範、作曲・編曲・小川 寛興)(キングレコード
撮影技術 佐藤 三郎、(録音:内田 陽造)(照明:桑名 史郎)(編集:鈴木  寛
美術 荒木 友道

Tag Cloud

七色仮面 川内康範 波島進 変装 コブラ仮面 藤山竜一 お面 近藤よし子 月光仮面 悪役 松原佳成 祭り 仮面 萩原満 安藤三男 制作 名人蘭光太郎 おしのける プラスチック製 関東地区 千葉真一 人気ナンバーワン 佐藤昌弘 依田一郎 放送 足す 金色 放送枠 ストーリー展開 潮健児

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供