• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データどてらい男 戦後編(「男」にルビ「ヤツ」が付く)(どてらい男(2)、どてらい男 戦後篇)

日本は敗戦し、終戦を迎えた。捕虜収容所に収容される際、本名を名乗ることに抵抗を感じた猛造は、陸軍大将の塙団右衛門と名乗る。 猛造の嘘を信じたアメリカ軍により、塙大将として日本人捕虜の最高責任者に任命された猛造は、復員する日を指折り数えながら、クリスマスパーティを開いて仲間を勇気づけたり、日本人捕虜の待遇改善に尽力したりと大活躍をするが、、、、【以上、AMAZONプライム広報資料より引用】タイトルバックは第6回、第19回でそれぞれ変更された。【各回サブタイトル】第一回「戦いすんで…」(1975/04/06放送)、第二回「ふるさとの友」(1975/04/13放送)、第三回「望郷」(1975/04/20放送)、第四回「大隊長の花道」(1975/04/27放送)、第五回「晴れて大将」(1975/05/04放送)、第六回「山河遙かなり(誤り…山河遥かなり)」(1975/05/11放送)、第七回「商魂」(1975/05/18放送)、第八回「あんま大作戦」(1975/05/25放送)、第九回「売り込みのテクニック」(1975/06/01放送)、第十回「嘘も方便(誤り…ウソも方便)」(1975/06/08放送)、第十一回「実験人間 猛やん(誤り…実験人間モーやん)」(1975/06/15放送)、第十二回「モーやん抹殺!!(「抹殺」にルビ「まっさつ」が付く)」(1975/06/22放送)、第十三回「希望にジ・エンド」(1975/06/29放送)、第十四回「猛やんアメリカへ!!」(1975/07/06放送)、第十五回「ジェラシィ作戦」(1975/07/13放送)、第十六回「夫婦慕情」(1975/07/20放送)、第十七回「さらば沖縄…」(1975/07/27放送)、第十八回「リンチ!私刑!」(1975/08/03放送)、第十九回「あゝ!!日本」(1975/08/10放送)、第二十回「故郷の土!!」(1975/08/17放送)、第二十一回「焼土は地獄」(1975/08/24放送)、第二十二回「めぐり逢い?」(1975/08/31放送)、第二十三回「すれちがい」(1975/09/07放送)、第二十四回「茂子の再婚…」(1975/09/14放送)、第二十五回「愛とは何ぞいや!」(1975/09/21放送)、最終回(第二十六回)「旅立ち」(1975/09/28放送)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】【校正協力:カミコロ】【参考文献:WEBサイト「AMAZON」】
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1975/04/06~1975/09/28
放送時間 21:00-21:55 放送回数 26 回 連続/単発 連続
主な出演 西郷 輝彦(1)-(26)、なべおさみ(1)-(16)(18)-(22)、工藤堅太郎(1)(2)(22)(23)、ハナ  肇(1)(2)(11)-(13)((12)(13)は回想)、伝法三千雄(1)-(6)(20)、千葉  保(1)(3)(4)(20)(24)、下元 年世(1)(9)(11)(18)、野上 哲也(1)(9)(11)(22)、中尾  彬(2)-(16)((15)は回想)、藤岡 重慶(2)-(6)(8)-(20)、高田 次郎(2)-(21)((6)-(12)のクレジット表示では「高」は「はしご高」)、尾藤イサオ(2)-(5)(8)-(17)、マイク・ダニーン(2)-(6)(8)-(11)、草薙幸二郎草薙幸二朗)(2)-(6)(9)-(16)、佐藤  博(2)-(4)(6)、山城 新伍(2)-(6)(8)(9)、待田 京介(2)-(6)(8)-(10)、的場 達雄(2)-(4)(18)(19)、藤沢  薫(2)-(4)(9)(21)(25)、田中 弘史(2)-(6)(10)(11)(14)(16)(18)-(20)、表  淳夫(2)(3)(5)(6)(10)(20)、石沢  健(2)(5)(22)(25)、ハル・ゴールド(2)(4)(6)(10)、ディビッド・ハワード(2)-(5)(8)((2)は、デビッド・ハワード、と表記)、田村  亮(3)(5)-(7)(9)(10)(12)(14)(15)(20)(21)(23)((15)は回想)、梓  英子(3)(5)-(7)(10)-(26)、多々良 純(3)(6)(7)(15)-(21)(23)-(26)、石井  均(3)-(11)(13)(14)(16)(18)、根岸 明美(3)(5)-(7)(13)(15)-(17)(21)-(26)、茶川 一郎(3)-(14)(16)(18)-(22)、芦屋 小雁(3)(4)(9)(10)(13)(14)、山口 幸生(4)(8)(10)(18)(19)、正司 照江正司 照枝)(5)(15)-(19)(23)、フランツ・グーバー(5)(11)-(13)(17)、常泉 忠延(6)(7)(13)(15)-(17)(26)((26)は「常泉 忠俊」と表記)、沢本 忠雄(7)(9)(10)(12)(23)、多賀  勝(7)(18)-(20)、ヤン・エリック(7)(8)(11)-(17)、夏  純子(9)(12)(20)(23)、竹中 半平(10)(13)(15)(22)(25)、マーガレット・スプリンガー(11)-(17)((12)は「マーガレット・スプリンター」と表記)、ロルフ・デュィサー(11)-(13)(17)((11)(17)は、ロルフ・ジュイサー、(12)は、ロルフ・ジュィサー、と表記)、広岡善四郎(11)(12)(18)(25)、千村 克子(11)(16)(23)(24)、亀井 光代(13)(15)(17)(19)(23)-(25)((25)は回想)、桂 小金治2代目)(15)(16)(18)-(20)、三浦 策郎(15)-(17)(19)、井上 博一(17)-(20)、佐山 俊二(17)(21)(24)-(26)、(以下、非レギュラー谷   啓(1)、西川きよし(1)、横山やすし(1)、初音 礼子(1)(24)、市川小金吾(1)(24)、奥津 由三(1)、三益 愛子(特別出演)(1)、三波 春夫(特別出演)(1)、浅川美智子(1)、柳原久仁夫(1)、関  真吾(1)(11)、リン・ピッチマン(1)、カリー・ゲティー(1)、ジェイムス・ブラウン(1)(2)、ケネス・カーチス(1)、ピーター・レイノルズ(1)、スチーブン・ギブス(1)、ミッチー・スコギン(1)、グレイ・スコットランド(1)、五木ひろし波野たかし松山まさる一条 英一三谷  謙中川  淳)(特別出演)(2)-(4)、川地 民夫(2)-(4)、船場 太郎(2)、山本  弘(2)-(4)、中本 哲夫(2)(26)、亀井 賢二(2)、山梨 浩一(2)(25)((25)は「山梨 浩二」と表記)、チャーロス・テーナー(2)、南原 宏治船上  爽南原 伸二)(3)(4)、入江 慎也(3)(4)(10)、榊原 大介(3)(18)(19)、宇口 得治(3)(26)、松本 竜幸(3)、家野 繁次(3)(11)、吉田  滋(4)、バレリー・スミス(4)、ジェリー伊藤(5)、山吉 克昌(5)、ゲィリー・ジョージ(5)、伊藤  高(クレジット表示では「高」は「はしご高」)(6)、北見 唯一(7)、松田  明(7)(25)、阿吾 十朗あごぼん十阿古 凡十阿吾 寿朗)(7)、田淵 岩夫田渕 岩夫)(7)、ドニー・マトム(7)(8)、ウェイン・ピーグル(7)、木村  元(8)、原  哲男(8)、芝本  正(9)(25)、トニー・ベルジュ(9)、笑福亭松鶴(10)、はなとまめ坂本 小吉)(10)(12)(23)、丹羽 志津(10)、森下 鉄朗(10)(18)(19)、ローラント・ジュ・ティセール(10)、ジム・ボーガン(10)、アジュク・コーヘン(10)、ディアナ・フランチ(10)、ブラント・リンク(10)、浜村  純(11)(12)、本間 文子(11)(12)、ゲーリー・ジョージ(11)、国富  論(11)、柳川 昌和(11)、三好 正夫(11)(20)、宮本 毬子(11)、国原 美秋(11)(23)(24)、新海 なつ(11)(20)、鳴尾よね子(11)(13)(26)、キゼラ・デフナー(12)-(14)、奈良猪と平(12)、久保田勝也(12)、福田 善晴(13)、松田 勝利(13)(22)、カトウハジメ(13)(26)、チコ・ローラント(14)、ウィリアム・ハルウェー(14)、脇田日路志(14)(16)(18)、ジョエル・ディムス(16)、ポール・ファスト(16)、桂 きん枝桂  勝枝桂 小文枝4代目))(17)、蟹江 敬三(18)-(20)、丹古母鬼馬二(18)-(20)、田畑 猛雄(18)-(20)、河村 弘二(18)(19)、川崎 裕之(18)、友藤 秀幸(18)(19)、神長 昭之(18)、菅井 きん(19)、西山 辰雄(19)、北原 将光(19)、西  康一(19)、飯田 覚三(19)(24)、桂 福団治4代目)(桂  一春桂 小春桂5代目)、桂 福團治4代目))(19)、田中 圭介(19)、内海カッパ(19)、今福 正雄(20)(21)、正司 花江(20)、穂積 隆信(20)(21)、さくらと一郎(20)、溝田  繁(20)、宮廻 夏穂みやざこ夏穂)(21)(22)、西田  良(21)(22)、奥津 由三初代)(奥津 雄三)(21)、松井加容子(21)、端田 宏三(21)、北尾はるみ(21)、河野 清子(21)、手塚  学(21)(22)、津島 道子(22)、日高  久(22)、桑原 和男(22)、伴  大吾(22)、池田 幸路(22)、和田 正信(22)、島  米八(22)、国田 栄弥(22)-(24)、町田 米子(22)、藤川 有里(22)、谷口 欣子(22)、三谷  昇(23)(24)、横山ノック(23)、海原 小浜(23)、戸浦 六宏(23)(24)、田畑 実行(23)、志乃原良子(23)(24)、加治 春雄(23)、大川きよし(23)(26)、月丘 夢路(24)-(26)、本郷功次郎(24)(25)((25)は回想)、桂  朝丸桂 ざこば2代目))(24)、阿木 五郎(24)、寺下 貞信(24)、吉井 裕海吉井 孝明)(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)(24)、小笠原町子(24)-(26)、小林  泉(24)、山崎  勉(24)、海原 千里上沼恵美子)(25)(26)、海原 万里(25)(26)、早見 栄子(25)(26)、小野 朝美(25)(26)、毛利 菊枝(26)、堺 左千夫(26)、藤尾  純(26)、道井恵美子(26)、八代るみ子新人)(26)、森  秀人(26)、野崎 善彦(26)、楠本 光子(26)、上田 恵子(26)、(協力:劇団喜劇(1)-(26)、アクタープロ(1)-(26)、劇団アカデミー(1)-(5)、創芸プロ(1)-(26)、関西芸術座(1)-(26)、的場剣友会(5)-(26)、アカデミー児童劇団(6)-(26)、)
主な脚本 花登  筐花登  筺)(原作も)
主なプロデューサ 山像 信夫逢坂  勉
主な演出 栢原  幹柏原  幹)(1)-(5)(11)-(16)(23)-(26)、岡林 可典(6)-(10)(17)-(22)
原作 花登  筐花登  筺)(脚本も)
局系列 FNN
制作会社 (制作著作:KTV)
音楽 神津 善行、(効果:池田 弘幸(1)-(5)(9)-(11)、大原 平吉(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)(1)-(8)(12)-(14)(18)-(20)(23)-(26)、柏原 八美(15)-(17)(21)(22))
主題歌 西郷 輝彦「どてらい男」(作詞:花登  筐花登  筺)、作曲:神津 善行)(クラウン・レコード)(1)-(6)、(挿入歌:西郷 輝彦「旅立ち」)
撮影技術 (技術:小川 智敬(1)-(25)、小林 康郎(26))(カメラ:小林 康郎(1)-(25)、片山  勝(26))(映像:関山 正治(1)-(15)、河井 節夫(16)-(26))(VTR:石井 柾男(1)-(10)(18)-(26)、奥田 貞雄(11)-(17))(照明:松浦 忠彦(1)-(26)、竹田 幸雄(1)-(18)、関口  功(19)-(26))(音声:角田  勉(1)-(13)、竹林 光男(14)-(26))(フィルム撮影:田上 晴一
美術 栗崎 元成(1)-(26)、神脇 隼男(18)-(22)、(美術進行:岡本  猛)(装飾:梶田 泰男)(衣裳:内海 真敏)(タイトル:永見 隆義)(装置:サンケイ施設)(メイク:SIメイク)

Tag Cloud

放送 花登筐 西郷輝彦 日本人捕虜 方便 なべおさみ 抹殺 誤り 工藤堅太郎 夫婦慕情 実験人間モー ジェラシィ作戦 まっさつ クリスマスパーテ... 塙団右衛門 ジ・エンド 名乗る 大隊長 商魂 アメリカ軍 指折り 日本 茂子 テクニック 尽力 神津善行 山像信夫 晴れる 大将 タイトルバック

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供