• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ宇宙戦艦ヤマト(宇宙戦艦ヤマト(1))

西暦2199年、地球はガミラス星の攻撃を受け、滅亡の危機に瀕していた。遊星爆弾の放射能が、人々が避難した地下都市まで汚染しはじめた。人類に残された時間は残り1年。そんなとき、地球からはるか14万8千光年彼方のイスカンダル星・女王スターシャからメッセージが届く。イスカンダルには放射能除去装置(コスモクリーナーD)があるというのだ。人類に残された時間はあと1年。地球の運命を乗せて、宇宙戦艦ヤマトが大宇宙へ出航する。【以上、ファミリー劇場広報資料より引用】本放送時は低視聴率で、当初予定回数を短縮されたぐらいであったが、のちに再放送で人気に火がつき、テレビシリーズを再編集し劇場版もつくられた。のちに劇場版の続編、ならびにテレビ版でも続編がつくられた。現在のアニメ人気のはしりをつくった。【参考文献:「日本映画テレビ監督全集」(1988/12/20、キネマ旬報社刊)】
キー局 YTV 放送曜日 放送期間 1974/10/06~1975/03/30
放送時間 19:30-20:00 放送回数 26 回 連続/単発 連続
主な出演 (声の出演:納谷 悟朗(25)、富山  敬(25)、仲村 秀生(25)、永井 一郎(25)、麻上 洋子一龍斎春水一竜斎春水)(25)、青野  武(25)、安原 義人(25)、緒方 賢一(25)、広川太一郎(25)、平井 道子(25)、野村 信次(25)、伊武 雅之伊武 雅刀)、大林 丈史山田 俊司キートン山田)、池水 通洋山下 啓介小林  修加村 赳夫神谷  明坂田 純子作間  功坪井 章子千々松幸子矢田 耕司小泉 栄子阪   脩北浜 晴子、(ナレーター:木村  幌(25))
主な脚本 藤川 桂介(11)(13)、田村  丸山本 暎一(16)(25)
主なプロデューサ 西崎 義展
主な演出 (監督:松本 零士)(演出:松本 零士石黒  昇(11)(13)(16)(25)、山本 暎一)(監修:山本 暎一舛田 利雄豊田 有恒)(絵コンテ:安彦 良和(11)(16))(演出助手:腰  繁男長谷川康雄野村 和史石崎すすむ(25))(アシスタント・ディレクター:棚橋 一徳(25)、三家本泰美(25))
原作 (原案:西崎 義展企画も)(11)(13)(16)(25)、山本 暎一(11)(13))(設定デザイン:松本 零士)(雑誌・連載:小学館(各学年雑誌)、冒険王、テレビランド、朝日ソノラマ
局系列 NNN
制作会社 (制作:オフィス・アカデミー、YTV、第一放映)
制作 (制作担当プロデューサー:佐野 寿七(25)、柴山 達雄(25)、中村 建一(中村 健一)(25))(制作進行:野崎 絹代、野村 和史、池上  悟、伊那 克平(25))(総制作デスク:広岡  修)(設定制作:野崎 欣宏)
企画 西崎 義展(原案も)(11)(13)(16)(25)、山本 暎一(11)(13)
音楽 宮川  泰、(音響監督:田代 敦巳(25))(効果:柏原  満(25))(録音:アバコ・スタジオ(宮内 栄一)(25))
主題歌 ささきいさお佐々木 功)、ミュージカル・アカデミー「宇宙戦艦ヤマト」(作詞:阿久  悠、作曲:宮川  泰)、ささきいさお「真赤なスカーフ」(作詞:阿久  悠、作曲:宮川  泰)(コロムビア・レコード朝日ソノラマ
撮影技術 山崎 友正吉坂 研一(25)、森岡 節子(25)、(撮影監督・原屋 楯男)(技術制作・大竹 広志)(編集:越野 寛子(25))(現像:東京現像所
美術 (背景監督・槻間 八郎)(作画監督:芦田 豊雄白土  武小泉 謙三岡迫 亘弘岡迫 宣弘)(25)、坂本 三郎)(作画制作:上野 寿夫(25))(作画:アニメ・ルーム(25)、土屋 幹夫(25)、星野 赫子(25)、楠田  悟(25))(動画:湯山 邦彦(クレジット表示なし))(背景監督:槻間 八郎(25))(背景:東条 俊寿(25))(仕上:ヤマト・プロダクション(25))(特効:岡田 守生(25))(デザイン協力:スタジオ・ぬえ(25))(色彩設定:伊藤 滋子(25))

Tag Cloud

つくる 山本暎一 西崎義展 地球 劇場版 ささきいさお 田村丸 人類 藤川桂介 続編 ガミラス星 放射能除去装置 遊星爆弾 放射能 イスカンダル 汚染 残す 宇宙戦艦ヤマト 避難 はるか はしる 彼方 滅亡 宮川泰 攻撃 残り 短縮 テレビシリーズ メッセージ 宇宙

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供