• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データボクのしあわせ(ぼくのしあわせ)

井上ひさしの小説「モッキンポット師の後始末」と「家庭口論」を素材に、おかしな男とおかしな女房の巻き起こす笑いの中に、家庭のしあわせを描いたホームドラマ。石坂浩二と小鹿ミキが新婚の夫婦役を演じる。【以上、毎日新聞1973/08/06付より引用】「井上ひさしさんの役を石坂浩二さん、奥さんの好子さんを小鹿ミキさんが演じられたドラマで、宍戸さん・扇さんは好子さんの両親役で、床屋さんという設定でした。フィンガー5の妙子ちゃんは石坂さんの長女役でした。【この項、文:由里】」なお、本作でモッキンポット神父役を演じたのは大泉滉であるという情報があるが正しくは三谷昇で、大泉滉はプロデューサー役だった。(異説として本作とは別に『モッキンポット師の後始末』というドラマが存在し、そちらで大泉滉がモッキンポット神父役を演じているという説が存在し、ウィキペディアの大泉滉の来歴にも記述されている(2021/04現在))【各回サブタイトル】第1回「お嬢さんお手やわらかに」(1973/08/06放送)、第2回「愛情の花咲く樹」(1973/08/13放送)、第3回「お熱いのがお好き」(1973/08/20放送)、第4回「予期せぬ出来事」(1973/08/27放送)、第5回「さらば夏の日」(1973/09/03放送)、第6回「昨日・今日・明日」(1973/09/10放送)、第7回「大人は判ってくれない」(1973/09/17放送)、第8回「暗闇でドッキリ」(1973/09/24放送)、第9回「現金に手を出すな」(1973/10/01放送)、第10回「突然炎のごとく」(1973/10/08放送)、第11回「愛情の瞬間」(1973/10/15放送)、第12回「明日に向かって撃て」(1973/10/22放送)、第13回「素直な悪女」(1973/10/29放送)、第14回「ショウほど素敵な商売はない」(1973/11/05放送)、第15回「彼女は二挺拳銃」(1973/11/12放送)、第16回「誇り高き男」(1973/11/19放送)、第17回「勝手にしやがれ」(1973/11/26放送)、第18回「熱いトタン屋根の猫」(1973/12/03放送)、第19回「何かいいことないか子猫ちゃん」(1973/12/10放送)、第20回「虹を掴む男」(1973/12/17放送)、最終回(第21回)「これがシネラマだ!」(1973/12/24放送)。【役名(演技者)】久作[作家](石坂浩二)、花江[久作の妻](小鹿ミキ)、久次郎[久作の弟、一部資料では久二郎](石橋蓮司)、花江の父(宍戸錠)、瑠璃子[久作の昔の恋人](島田陽子)、船山[ペテン師](田中邦衛)、セツ子[隣家の夫人](横山道代)、ラン子[スナック経営](宮本信子)、マリ子[ラン子の妹](夏木マリ)、土田[医師](草野大悟)、スナックのホステス(秋吉久美子)、間々田芳夫(新克利)、モッキンポット神父(三谷昇)、月江[久作の長女](玉元妙子)、雪江[久作の次女](一宮由英)、日野[大学生](山本圭)、花江の母(扇千景)、プロデューサー(大泉滉)、編集者(花沢徳衛)。【参考文献:「放送研究と調査」(日本放送出版協会刊)2018年2月号、「テレビマンユニオン史 1970-2005」(2005/02/25、テレビマンユニオン刊)、webサイト「ボクのしあわせ」(2021/04/10閲覧、作成:池田博明氏、http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/film/bokunosiawase.html)】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1973/08/06~1973/12/24
放送時間 21:00-21:55 放送回数 21 回 連続/単発 連続
主な出演 石坂 浩二(1)-(21)、小鹿 ミキ小鹿 みき)(1)-(21)、石橋 正次(1)-(3)(5)-(9)、宍戸  錠(1)(5)(9)-(21)、島田 陽子島田 楊子)(2)-(6)(8)、山本  圭(4)(5)(7)(9)-(21)、田中 邦衛(4)(5)(9)(15)-(18)(20)、夏木 マリ(5)、宮本 信子(5)(14)-(21)、草野 大悟(5)(6)、玉元 妙子フィンガー5)(8)、一宮 由英(8)、扇  千景(9)(11)(14)-(21)、根上  淳(10)-(12)、三谷  昇(15)-(17)(20)(21)、高沢 順子秋吉久美子、(以下、非レギュラー横山 道代(4)、新  克利(6)、桃井かおり(6)、初井 言栄初井 言榮)(8)、沢村 貞子澤村 貞子)(13)、瞳  順子(14)、頭師 佳孝(16)、殿岡ハツエ(18)、中山 千夏(20)、千石 規子(21)、絵沢 萠子絵沢 萌子松田 友絵)、木内みどり相川 圭子大泉  滉花沢 徳衛
主な脚本 隆   巴宮崎 恭子)(1)(2)(7)、神馬  伸(3)-(5)、宮崎  晃(4)、神木  明(6)、大津 皓一(8)(9)(11)(18)(19)、林  秀彦(10)(12)、吉田 義昭(15)、増島 文彦(16)(21)、増田 文雄(17)、今野  勉(20)
主なプロデューサ 重延  浩(テレビマンユニオン)、嶋田 親一島田 親一)(新制作)、村上 光一(CX)、白井  博(テレビマンユニオン)
主な演出 今野  勉(1)-(3)(7)-(9)(11)(14)(17)(18)(20)(21)、村木 良彦(4)-(6)(10)(12)(15)(16)(19)、(記録:原田 靖子
原作 井上ひさし「モッキンポット師の後始末」「家庭口論」
局系列 FNN
制作会社 テレビマンユニオン、CX
音楽 佐藤 允彦
主題歌 田代 麻紀「お熱い娘たち」(作詞:橋本  淳、作曲:筒美 京平
HP
美術 (タイトル画:石坂 浩二

Tag Cloud

久作 小鹿ミキ 放送 石坂浩二 大泉滉 花江 モッキンポット師 モッキンポット神... ラン子 神馬伸 後始末 好子 井上ひさし 演じる 隆巴 三谷昇 石橋正次 熱い 久二郎 異説 家庭口論 来歴 愛情 トタン屋根 扇千景 宍戸 存在 わら 重延浩 マリ子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供