• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ大忠臣蔵

1年連続、民放初の大河ドラマで、制作費が当時の金額で10億円だったという超大作。「1701年(元禄14年)3月14日。赤穂城主浅野内匠頭が殿中(江戸城中)において、高家筆頭の吉良上野介に突然斬りかかった。内匠頭は切腹、御家は断絶、領地は召し上げられたが、吉良にはお咎めなしという幕府の裁定が下る。おなじみ「忠臣蔵」を、三船敏郎演じる大石内蔵助を中心に、浅野内匠頭が殿中の刃傷に及ぶ前から、赤穂浪士切腹までを丁寧に描いた本格時代劇。【この項、ホームドラマチャンネル広報資料より引用】」大石内蔵助が剣の達人であったという新解釈で剛剣を振るう。脇の人物のエピソードも丹念に追った点も評価されている。市川中車が途中で死去し、代役として実弟の市川小太夫が出演。「吉永小百合、平幹二朗の出演が予定されていたが、山本陽子、高橋悦史にそれぞれ交代した。一部のネット局では、キー局の放映日より1日早く放映された。【この項、文:カミコロ】」提供・トヨタ自動車、三菱石油、ソニーほか。【各回サブタイトル】第一回「風雲はらむ赤穂城」(1971/01/05放送)、第2回「渦まく黒い霧」(1971/01/12放送)、第3回「美しき士魂」(1971/01/19放送)、第5回「元禄の一番長い日」(1971/02/02放送)、第6回「悲報赤穂へ」(1971/02/09放送)、第7回「大いなる決断」(1971/02/16放送)、第8回「暗躍する隠密群」(1971/02/23放送)、第9回「大評定」(1971/03/02放送)、第10回「葬られた嘆願書」(1971/03/09放送)、第12回「赤穂城の落日」(1971/03/23放送)、第15回「髷切り魔」、第16回「柳生の隠密」、第17回「公儀への一戦」、第十八回「分裂」、第十九回「静かなる対決」、第二十回「哀しき士情」、第二十一回「女間者」、第二十二回「第一の脱落者」、第二十三回「大石伏見に遊ぶ」、第二十四回「見えざる魔手」、第二十五回「悲恋お軽勘平 その一」、第二十六回「悲恋お軽勘平 その二」、第二十七回「秘めたる慕情」、第二十八回「死を賭けた探索」、第二十九回「浪花に散った恋」、第三十回「刺客群山科へ」、第三十一回「男の盟約」、第三十二回「紅蓮の隅田川密議」、第三十三回「山科の別れ」、第三十四回「若き獅子たち」、第三十五回「琴をひく女」、第三十六回「若き義士の母二人」、第三十七回「天野屋利兵衛は男でござる」、第三十八回「大石東下り」、第三十九回「暁の江戸潜入」、第四十回「吉良家の人々」、第四十一回「決闘 堀部安兵衛」、第四十二回「槍の俵星玄蕃」、第四十三回「散りいそぐ義士」、第四十四回「敵を恋うる女」、第四十五回「目ざすは本所松坂町」、第四十六回「いずこの空や十四日」、第四十七回「四十八人目の男」、第四十八回「雪の十二月十四日」、第四十九回「南部坂 雪の別れ」、第五十回「討入り その一」、第五十一回「討入り その二」、最終回(第五十二回)「切腹」。【役名(演技者)】大石内蔵助(三船敏郎)、大石りく(司葉子)、阿久里(佐久間良子)、大野九郎兵衛(伊藤雄之助)、浅野内匠頭(尾上菊之助)、堀部安兵衛(渡哲也)、堀部弥兵衛(有島一郎)、お蘭(上月晃)、吉良上野介(市川中車)、ぬい(伊藤栄子)、おこう(赤座美代子)、奈良屋茂左衛門(三島雅夫)、堀内源太左衛門(平田昭彦)、柳沢吉保[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](神山繁)、不破数右衛門(新克利)、大石松之丞(長澄修)、磯貝十郎左衛門(長谷川明男)、松原多仲(神田隆)、山際三左衛門(富田仲次郎)、八助(美川陽一郎)、浜子の和助(堺左千夫)、ぴょん助(雷門助六)、近松勘六(工藤堅太郎)、千坂兵部(丹波哲郎)、片岡源五右衛門(江原真二郎)、志津(原知佐子)、勝田新左衛門(寺田農)、茅野和助(島田順司)、講釈師(ケーシー高峰)、おしの(中野良子)、高田郡兵衛(田村高廣)、清水一学(天知茂)、島 弥助(田村亮)、大須賀治部右衛門(睦五郎)、おその(真屋順子)、青山若狭守(加賀邦男)、三州屋久太夫(清水元)、万六(矢野目がん)、北村嘉助(宮川洋一)、加倉井林蔵(高松英郎)、上杉綱憲(天田俊明)、丸木七之介(千波丈太郎)、内田三郎右衛門(堀雄二)、美弥(珠めぐみ)、稲葉丹後守(細川俊夫)、土屋相模守(明石潮)、夕霧(池内淳子)、お藤(花柳小菊)、村田喜太夫(安部徹)、小山源吾右衛門(北竜二)、大石三平(竜崎勝)、源太(中村是好)、与太郎(石浜裕次郎)、為五郎(大泉滉)、幇間(桜川ぴん助)、すえ(伊東ひでみ)、たみ(西山真砂)、大石無人(辰巳柳太郎)、矢頭右衛門七(田村正和)、おしん(奈美悦子)、三村次郎左衛門(左右田一平)、小太夫(八代万智子)、お葉(金井由美)、矢頭長助(加藤嘉)、建部政宇(加藤武)、矢頭かつ(露原千草)、比丘尼(小松紀子)、矢頭みつ(平林美香)、矢頭すえ(平林利香)、平吉(三井弘次)、善兵衛(木田三千雄)、万助(向井淳一郎)、一八[24](丘寵児)、萱野三平(石坂浩二)、お軽(山本陽子)、大野定九郎(村井国夫)、早水藤左衛門(和崎俊也)、与市兵衛(菅井一郎)、おかや(浦辺粂子)、お才(赤木春恵)、町村(三島新太郎)、夕顔(藤本三重子)、お花(藤江リカ)、永井 透(田中浩)、足助(永井譲滋)、吉兵衛(松山照夫)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成(1)(19)-(26)(36))】【データ協力・カミコロ】【参考資料:書籍「役者ひとすじ 我が人生&交遊録」(工藤堅太郎著、2014/10/26第1刷発行、風詠社発行・星雲社発売)】
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1971/01/05~1971/12/28
放送時間 21:00-21:56 放送回数 52 回 連続/単発 連続
主な出演 三船 敏郎(1)(19)-(26)(36)、司  葉子(1)(23)(36)、佐久間良子(1)、伊藤雄之助(1)、尾上菊之助四代目尾上菊之助四代目尾上丑之助七代目尾上菊五郎)(1)、渡  哲也(1)(19)(20)(22)、有島 一郎(1)(19)、上月  晃(1)(19)(21)、市川 中車八代目市川中車初代市川松尾八代目市川八百蔵)(1)(20)(21)、伊藤 栄子河原崎有希河原崎有稀伊藤 榮子)(1)、赤座美代子(1)(19)(22)、三島 雅夫(1)、平田 昭彦(1)、神山  繁(1)(22)(23)(30)、新  克利(1)(19)(21)、長澄  修(1)(19)(23)(24)(26)(36)、長谷川明男(1)、神田  隆(1)(20)(21)、富田仲次郎(1)、美川陽一郎(1)、堺 左千夫(1)、雷門 助六(1)、草川 直也(1)、橋本 仙三(1)、川野 耕嗣(1)、中山  豊(1)、荒木 保夫(1)(21)、小川 安三(1)、田辺和佳子(1)、宇留木康二(1)、柿木 香二(1)、川又由希夫(1)、上西 弘次(1)、中村梅之助四代目中村梅之助)(5)(37)、宮口 精二(7)、相原 巨典(18)、丘  寵児(18)(24)、丹波 哲郎(19)-(21)、江原真二郎(19)、原 知佐子(19)、寺田  農(19)(21)-(23)(25)(26)、島田 順司(19)(21)(22)、ケーシー高峰(19)、中野 良子(19)(20)(22)、柳谷  寛(19)、上野山功一(19)(21)、中村 光雄(19)、三角 八郎三角 八朗)(19)、伊藤 信明(19)、蔦谷伸一郎(19)、榊田 敬二(19)、大島 光幸(19)(20)(22)、天知  茂(20)、田村 高廣田村 高広)(20)-(22)、田村  亮(20)、睦  五郎睦  五朗)(20)、真屋 順子(20)(21)、加賀 邦男(20)、清水  元(20)、矢野目がん(20)、宮川 洋一(20)(22)、遠藤 敏夫(20)(22)、君塚 正純(20)(21)(24)、高橋 義治(20)(21)(24)、中山 剣吾久坂 龍馬薩摩剣八郎)(20)(21)(24)、高松 英郎(21)-(23)(25)(26)、天田 俊明(21)、千波丈太郎(21)-(26)(36)、中西 英介(21)、堀  雄二(22)、珠 めぐみ(22)、細川 俊夫(22)、明石  潮(22)、新井 一夫(22)、津々井巧二(22)、松風はる美松風 涼子松風光月代松風利栄子松風はるみ)(22)、小沢 憬子(22)、山内 俊和(22)、池内 淳子(23)、花柳 小菊(23)、安部  徹(23)、北  竜二(23)、竜崎  勝龍崎  勝)(23)(24)(30)(36)、中村 是好(23)、石浜裕次郎石浜祐次郎)(23)、大泉  滉(23)、桜川ぴん助初代桜川ぴん助)(23)、伊東ひでみ(23)、西山 真砂(23)、今西 正男(23)、益海 愛子(23)、佐藤 萬理佐藤 万理)(23)、辰巳柳太郎(24)、田村 正和(24)(36)、奈美 悦子(24)、左右田一平(24)-(26)(36)、八代万智子(24)、金井 由美(24)、加藤  嘉(24)、加藤  武(24)(36)、露原 千草(24)(36)、小松 紀子(24)、平林 美香(24)(36)、平林 利香(24)(36)、三井 弘次(24)、木田三千雄(24)、向井淳一郎(24)、鈴木 馨介(24)、石坂 浩二(25)(26)、山本 陽子(25)(26)、村井 国夫(25)(26)、和崎 俊也和崎 俊哉)(25)、菅井 一郎(25)(26)、浦辺 粂子(25)(26)、加藤真知子(25)、余村 吾郎(25)(26)、赤木 春恵(26)、三島新太郎(26)、藤本三重子(26)、相原  昇(26)、石堂 洋子(29)、藤江 リカ(30)、田中  浩(30)、永井 譲滋(30)、松山 照夫(30)(クレジット表示では、松山 照久と誤表記)(30)、天本 英世(32)、伴 淳三郎(36)、村上不二夫(36)、穂積 隆信(36)、見明凡太朗(36)、天草 四郎(36)、田村  保(36)、斉藤 里花(36)、中原  剛(36)、福山 象三(36)、北 九州男(36)、南川  直(36)、森脇 邦浩(36)、山波  宏(36)、邦  創典国  創典)(36)、横山  勝(36)、吉永 倫子(36)、建部 道子(36)、中村翫右衛門三代目中村翫右衛門三代目中村梅之助)(37)、中村公三郎大谷 友丸大谷 門吉)(37)、和田 幾子(37)、市川祥之助(37)、瀬川 新蔵瀨川 新蔵)(37)、鈴木  慎(37)、刈谷  潤(37)、桂  淳平(37)、深町 稜子(37)、金子 幸枝(37)、中村 上治(40)、仁内 達之宝達 晃一仁内 建之)(45)、フランキー堺コント55号萩本 欽一坂上 二郎)、小野寺十内竹脇 無我露口  茂内田 勝正中丸 忠雄高城 丈二砂塚 英夫浜村  純中村 伸郎大出  俊二木てるみ中村賀津雄中村嘉葎雄)、若林  豪岡田 英次志村  喬市村竹之丞六代目市村竹之丞四代目坂東鶴之助五代目中村富十郎)、中村 竹弥小杉  勇島田 正吾松本幸四郎八代目松本幸四郎二代目松本純蔵五代目市川染五郎初代松本白鸚)、中村錦之助初代中村錦之助萬屋錦之介)、勝 新太郎御木本伸介河原崎長一郎工藤堅太郎三上真一郎砂塚 秀夫宗方 勝巳石田 太郎香川 良介河野 秋武小林 昭二蜷川 幸雄横森  久柴田 侊彦柴田 光彦)、野々村 潔河原崎建三山本 耕一宇佐美淳也宇佐美 淳)、佐々木孝丸清水 将夫小栗 一也浅野進治郎玉川伊佐男早川  保本郷  淳徳大寺 伸矢野  宣永井 秀明丹羽又三郎清水 一郎嶋田景一郎田口  計木村 博人宮  浩之田島 義文福田 豊土井川比佐志地井 武男勝部 演之沼田 曜一近藤  準中山  仁高橋 悦史林  成年増田 順司増田 順二)、佐田  豊佐田 豊二佐田 豊彦)、市川小太夫池田 秀一中村 米吉中村 歌六)、村上 冬樹今井 健二久富 惟晴戸上城太郎青木 義朗木村  元永山 一夫北村 晃一石橋 雅史堀田 真三藤森 達雄真田健一郎)、土方  弘大友柳太朗芦田 伸介高橋 昌也原  保美仲谷  昇稲葉 義男夏川大二郎永井 玄哉武内  亨西田 昭市西田 昭一)、中吉 卓郎真弓田一夫織本 順吉滝田 裕介高木 二朗十朱 久雄北原 義郎北上弥太郎北沢  彪沢村昌之助伊藤 寿章沢村昌之弼澤村敞之助澤村昌之助)、北城寿太郎森山周一郎宮口 二朗川合 伸旺伊達 三郎花沢 徳衛土屋 嘉男山形  勲東千代之介佐藤  慶中村 玉緒小林千登勢桜町 弘子梓  英子島 かおり岩本 多代牧  紀子磯野 洋子北川 美佳喜多川美佳)、鮎川いずみ鮎川いづみ)、柴田美保子西尾美恵子二本柳敏衣園千 雅子長谷川峯子工藤 明子徳永れい子徳永 礼子)、利根はる恵沢田 雅美岡田 可愛十朱 幸代津島 恵子夏川 静江東郷 晴子堀越 節子音羽久米子橘  公子玉川 スミ正司 敏江島田洋介・今喜多代島田 洋介島田洋之介)、今 喜多代今日喜多代今日規汰代))、高杉 早苗小山 明子京塚 昌子桂 小金治堺  正章中村 光輝三代目中村歌昇三代目中村又五郎)、河津清三郎田崎  潤田中 春男尾上 菊蔵内田 朝雄江原 達修江原 達怡)、信  欣三小松 方正浜田 寅彦永田  靖稲吉  靖稲吉 靖司)、黒木  進小野 武彦)、小林 勝彦住吉 正博正司 玲児関  敬六Wけんじ宮城けんじ京 けんじ)、牧  伸二曾我廻家五郎八曽我廼家五郎八)、曾我廻家明蝶曽我廼家明蝶)、里木佐甫良里木 三郎)、加藤 茂雄伊沢 一郎石川  冷石川 鳳堂)、柳田 金一三上 左京柄沢 英二滝川  潤原   鉄大前  亘溝井 哲夫大川 義幸中原 成男毛利 幸子藤木  卓藤里まゆみ三船プロ七曜会(1)(19)-(26)(36)、(振付:花川蝶十郎(1))(能楽:中森 晶三(1))(地唄指導:坂井とし子(24))(語り:小山田宗徳(1)(19)-(26)(36)、)
主な脚本 高岩  肇(1)(2)(5)、土居 通芳北  一郎)(1)(2)(5)、宮川 一郎(3)(4)(6)(7)、池田 一朗隆 慶一郎)(6)-(16)(23)(24)(29)(30)(32)(33)(35)-(37)(41)-(44)(48)-(52)、柴 英三郎(17)-(22)(25)-(28)(31)(34)(38)-(40)(45)-(47)
主なプロデューサ 勝田 康三西川 善男
主な演出 (監督:土居 通芳土屋 通芳北  一郎)(1)(2)(5)(12)(15)(17)(20)(24)(27)(32)(38)(40)(41)(43)-(46)(51)、村山 三男(3)(4)(10)(11)(13)(16)(21)(22)(29)(30)(33)(35)(39)(42)(50)-(52)、西山 正輝(6)(7)(18)(19)(23)(25)(26)(28)(31)(34)(36)(37)(47)-(49)(51)、古川 卓巳古川 卓己)(8)(9)、丸  輝夫(14))(監督補佐((36)は、監督補、と表記):安井  治)(助監督:尾中 洋一(1)(21)(22)、鹿島 章弘(19)(20)(23)-(26)(36))(殺陣:久世  竜(1)(19)(23)(25)(26)(36)、宇仁 貫三(20)-(22)(24))(記録:寺村 智子(1)(19)(20)(23)(25)(26)、大内田君子(21)(22)、中川 節子(24)、新沼 恵子(36))
局系列 ANN
制作会社 (企画・制作:三船プロダクション、NET)
制作 (製作担当:車田  守(1)、太田喜十郎(19)(20)(24)、伊藤  満(21)-(23)(25)(26)(36))
音楽 冨田  勲富田  勲…誤り)、(効果:知久  良(1)、西本 定正(19)-(22)(24)、東宝効果集団(23)(25)(26)(36))(整音:トリッセン・スタジオ)(演奏:スクリーンミュージック(19)-(26)(36))
撮影技術 (撮影監督:斉藤 孝雄斎藤 孝雄))(撮影:佐藤  正(1)(21)-(23)(25)(26)(36)、斉藤 孝雄(19)(20)(24))(録音:市川 正道(1)(21)(22)、藤縄 正一(19)(20)(24)、田中 信行(23)(25)(26)(36))(照明:佐藤 幸郎(1)(21)-(23)(25)(26)(36)、土井 直之(19)(20)(24))(編集:阿良木佳弘)(現像:東洋現像所(1)(23)(25)(26)(36)、東京現像所(19)-(22)(24))
美術 (美術監督:植田  寛)(美術:石田 良之(1)(19)(20)(23)-(26)(36)、高山彦三郎(21)(22))(衣裳デザイン:柳生 悦子)(メークアップ((21)(22)は、メイクアップ、と表記):小林 重夫)(大道具:吉田 良雄(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)(1)(19)-(26)(36)、土方 鉄人(36))(小道具:佐藤袈裟孝(1)(21)(22)、佐藤 結樹(19)(20)(23)-(26)(36))(装置:三船プロ((36)は、三船プロダクション、と表記))(装飾:高津映画装飾)(衣裳:京都衣裳)(美粧:山田かつら店

Tag Cloud

三船敏郎 大石内蔵助 司葉子 赤穂城 悲恋お軽勘平 殿中 放送 義士 討入り 市川中車 堀部安兵衛 浅野内匠頭 吉良上野介 元禄 土居通芳 切腹 散る 高岩肇 佐久間良子 別れ 山本陽子 伊東ひでみ 山際 咎め いそぐ はらむ 西川善男 永井譲滋 出演 尾上菊之助

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供