• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ今年の恋

高校の同級生・光と一郎は大親友。ところがこの二人学業の方はさっぱり思わしくない。2人の友情と、その兄と姉が弟たちをきっかけに出会い、恋に落ちていく姿をコメディタッチで描くいたドラマ。【以上、衛星劇場広報資料より引用】「1962年に木下恵介監督で制作された劇場映画のテレビドラマ化。前半は津坂匡章と渡辺篤史という高校生二人のお話を中心に展開してやや辛気くさいが、後半、津坂の兄・加藤剛と、渡辺の姉・栗原小巻との恋愛劇に転換するとお話はにわかに面白くなる。ゆったりした清涼感あふれる恋愛劇がいい。本作をもって「木下恵介劇場」は終了し、翌週から「日産火曜劇場 木下恵介アワー」がスタートした。【この項、文・古崎康成】」きもの提供・鈴乃屋。【参考文献:「松竹百年史 映像資料・各種資料・年表」(1996/01/22、松竹刊)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1967/02/21~1967/04/11
放送時間 21:00-21:30 放送回数 8 回 連続/単発 連続
番組名 木下恵介劇場
主な出演 加藤  剛(1)(2)、栗原 小巻(1)(2)、東山千栄子(1)(2)、永井 智雄(2)、津坂 匡章津坂まさあき秋野 太作)(1)(2)、渡辺 篤史(1)(2)、三島 雅夫(1)(2)、三戸部スエ(1)(2)、野村 昭子(1)(2)、尾瀬 俊子(1)(2)、新田 勝江(1)(2)、児玉 泰次(1)、中吉 卓郎(1)、吉田日出子(1)(2)、笠井 一彦(1)(2)、荘司 洋子(1)、市山 達巳(1)、赤沢亜沙子(2)、珠 めぐみ(2)、児玉 泰次(2)、樋浦  勉(2)、市山 達巳(2)、東野英治郎、(協力・俳優座(1)(2))
主な脚本 楠田 芳子
主なプロデューサ 四方  基
主な演出 (監督・桜井 秀雄櫻井 秀雄)(1)(2))(助監督・中新井和夫)(記録・森崎 則子
原作 木下 恵介木下 惠介
局系列 JNN
制作会社 木下恵介プロダクション、松竹、TBS
制作 木下 恵介(木下 惠介)、(進行・徳重 里司)(制作主任・石和  薫)
音楽 木下 忠司、(調音・松竹録音スタジオ)
主題歌 ハミング・ハマン・ハラ
撮影技術 保積善三郎、(照明・戸井田康国)(録音・熊谷  宏)(編集・岸田 和司)(現像・東洋現像所
HP
美術 猪俣 邦弘猪股 邦弘)、(装置・若林 六郎)(装飾・奥村松太郎)(結髪・畔柳 敞鴨)(衣裳・東京衣裳

Tag Cloud

木下恵介 加藤剛 栗原小巻 恋愛劇 楠田芳子 東山千栄子 お話 同級生・光 兄・加藤剛 姉・栗原小巻 きもの提供・鈴乃... 木下恵介監督 清涼感 木下恵介劇場 日産 学業 くさい 津坂 思わしくない 渡辺篤史 転換 四方基 津坂匡章 テレビドラマ化 劇場映画 一郎 前半 渡辺 終了 高校生

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供