• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ吉宗評判記 暴れん坊將軍(第206回)泣くな太郎吉!男の子(吉宗評判記 暴れん坊将軍(1))

『暴れん坊将軍』(放送期間1978/01/07~1982/05/01、全207回)のエピソードの一つ。「幕府の人材及び予算の無駄遣いということから、吉宗(松平健)は、本所・深川のみを管轄している本所奉行所の廃止を決意した。そんな折、吉宗は、太郎吉という少年(加瀬悦孝)と知り合った。太郎吉は、深川の材木問屋「木曽屋」の一人息子で、川で溺れかかっているところを、め組の連中に助けられ、それが縁で、吉宗もこの少年を知ったのだった。太郎吉の話によると、彼の父親・木曽屋重蔵(石井洋充)は、同業の南部屋藤兵衛(高城淳一)殺しの罪で、奉行所に捕えられているという。め組の連中とともに太郎吉を送って「木曽屋」へ行った吉宗は、そこで太郎吉の義母お米(北林早苗)に会ったのだが、吉宗は息子を出迎えるお米の態度に、なにか不審なものを感じたーー。【この項、KBS京都 番組広報資料より引用】」【役名(演技者)】徳川吉宗(松平健)、大岡忠相(横内正)、辰五郎(北島三郎)、加納五郎左衛門(有島一郎)、おさい(春川ますみ)、龍虎(龍虎)、おその(夏樹陽子)、おまち(岐邑美沙子)、大月半蔵(和崎俊哉)、源三(園田裕久)、常(阿波地大輔)、鉄(井上茂)、久(谷崎弘一)、お米(北林早苗)、宗太(西沢利明)、太郎吉(加瀬悦孝)、長谷市九郎(浜田晃)、藤兵衛(高城淳一)、権次(曽根晴美)、服部嘉門(原口剛)、伝六(長谷川弘)、佐平(国一太郎)、大沼将監(田畑猛雄)、本多(出水憲司)、酒井(吉見荘三郎)、松吉(長沢義典)、お熊(近江輝子)、元締(秋山勝俊)、木曽屋(石井洋充)、カゴ屋(小峰隆司)、下ッ引き(岡田和範)。
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1982/04/24~1982/04/24
放送時間 20:00-20:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 松平  健横内  正北島 三郎有島 一郎春川ますみ龍虎夏樹 陽子岐邑美沙子和崎 俊哉園田 裕久阿波地大輔井上  茂谷崎 弘一、(以下、非レギュラー北林 早苗西沢 利明加瀬 悦孝浜田  晃高城 淳一曽根 晴美原口  剛長谷川 弘国 一太郎田畑 猛雄出水 憲司吉見荘三郎長沢 義典近江 輝子秋山 勝俊石井 洋充小峰 隆司岡田 和範、(擬斗:三好 郁夫東映剣会))(特技:宍戸 大全)(ナレーター:若山 弦蔵
主な脚本 迫間  健はざまたけし
主なプロデューサ 宮川 輝水(東映)、渡辺  操(東映)、小澤 英輔(ANB)
主な演出 (監督:松尾 正武)(助監督:俵坂 昭康)(記録:森村 幸子
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映(京都撮影所)、ANB)
制作 (進行主任:飯田  昭)(演技事務:加島 幹也)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(和楽監修:中本 敏生)(整音:格畑  学
主題歌 北島 三郎「炎の男」(作詞・作曲:原  譲二、編曲:池多 孝春
撮影技術 水巻 祐介、(照明:中山 治雄)(録音:今出  光)(編集:玉木 濬夫)(現像:東洋現像所
HP
美術 塚本 隆治、(装置:広瀬 哲三)(装飾:窪田  治)(美粧結髪:東和美粧)(衣裳:森   護)(小道具:高津商会

Tag Cloud

太郎吉 吉宗 松平健 木曽屋 石井洋充 加瀬悦孝 北林早苗 連中 北島三郎 横内正 迫間健 龍虎 服部嘉門 ッ引き 高城淳一 少年 春川ますみ 有島一郎 長沢義典 浜田晃 藤兵衛 九郎 園田裕久 深川 井上茂 松吉 溺れる 小峰隆司 義母 大月半蔵

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供