• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データあしあと

広島で被爆したある家族の、戦中・戦後の20年近い「あしあと」をつづる、オール・フィルムのドラマ。逓信技師の父親の転勤で、和歌山から広島に移り住む一家。父と母、姉と妹、末の弟がすごす、つかのまの平穏な日々。そして1945年8月6日、広島に投下された原爆は、その家族から家のみならず命をも奪い取る。敗戦後、月日は立ち、やがて子供たちは独立していくが、夫の体は原爆の後遺症で蝕まれていく。母は、やがて孫たちのために、自らの足跡を戦争体験の手記として、残そうと決意する。【NHK広報資料より引用】【参考文献:志賀信夫著「映像の先駆者125人の肖像」(2003/03/30発行、日本放送出版協会刊)】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1961/08/06~1961/08/06
放送時間 22:35-23:35 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 テレビ指定席
主な出演 河野 秋武望月 優子高津 住男渡辺 篤史稲垣美穂子小林千登勢南原 宏治松本 朝夫松本 朝生
主な脚本 新藤 兼人
主な演出 (監督・斎村 和彦斉村 和彦))(助監督・豊富  靖
原作 藤野としえ
局系列 NHK
制作会社 NHK
企画 近藤  晋
音楽 木下 忠司、(演奏・アンサンブル・ダルジャン
撮影技術 岩井 禧周、(照明・永井  清)(編集・安部 睦朗
美術 小池 晴二

Tag Cloud

藤野としえ 河野秋武 望月優子 広島 原爆 高津住男 新藤兼人 逓信技師 あしあと オール・フィルム 蝕む 後遺症 戦争体験 奪い取る 孫たち 戦中 すごす 家族 被爆 月日 のむ 移り住む 手記 足跡 和歌山 敗戦 転勤 近い 独立 近藤晋

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供