• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ鹿鳴館 Rokumeikan(新聞ラテ欄表記…鹿鳴館~華麗に踊る貴婦人達の大舞踏会!社交界の陰に咲く夫婦愛、親子愛…涙と感動の結末へ!!三島由紀夫の名作を完全映像化)

三島由紀夫の戯曲を、鎌田敏夫の脚本でドラマ化。文明開化の明治時代、政治家とその妻らの愛憎が絡む悲劇の幕が開ける。政府高官の影山悠敏(田村正和)らは、異国と結んだ不平等条約の改正に動いていた。外国人との夜会が開かれた鹿鳴館は、日本人が洋装を着て踊ることで、日本の西洋化をアピールし、条約改正につなげたい狙いを込めた象徴的な場所だった。だが、影山の妻朝子(黒木瞳)は夜会に出ようとしない。影山は、朝子とかつて関係があり、政府の文明開化策に反対する政敵の清原永之輔(柴田恭兵)を、朝子がいまだにおもい続けているからではないかと疑う。清原の息子久雄(松田翔太)の父への憎しみを利用し、父殺害を仕向ける。高ぶる感情を相手にぶつけ合う田村と黒木が熱演。最後のシーンまで複雑な夫婦関係を表現し、見応えは十分だ。【以上、文・岩本哲生氏(「朝日新聞」2008/01/05付より引用)】車両・河野雄一郎、菊池 謙寿、万場 賢一、品田 健二、宇田川 功。プロダクション協力・NK特機、パナソニックネットワークサービシズ、バックアップサービス、マエダオート。美術協力・Lo・LSP、LUCKYWOOD、グラスヒュッテ銀座、東京書技房、アンティークモール銀幹。衣裳協力・鈴乃屋、梅田デザイン専門学校、MATSUO。撮影協力・小山町フィルムコミッション(静岡県)、八王子フィルムコミッション、みうら映画舎、千葉県立房総のむら、はん亭、三浦市営業開発課、ワープステーション江戸、清泉女子大学本館旧島津公爵邸、都立六義園、東京国立博物館、江戸東京たてもの館、市原ぞうの国。資料提供・国立国会図書館、日本漫画資料館、博物館明治村、神奈川県立歴史博物館、早稲田大学図書館、日本建築学会、放送大学付属図書館、長崎大学付属図書館。提供・サカイ引越センター、東洋ゴム工業、ジャパネットたかた、山崎製パン、NTT東日本・NTT西日本、ニトリ、メナード化粧品、アース製薬、富士写真フイルム、キユーピー、カタログハウス、花王、キリンビール、セイバン、スズキ自動車。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2008/01/05~2008/01/05
放送時間 21:00-23:09 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 tv asahi 50th anniversary 開局50周年記念tv asahi(テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル)
主な出演 田村 正和黒木  瞳石原さとみ石神 國子)、松田 翔太柴田 恭兵橋爪  功風間 杜夫(特別出演)、高畑 淳子麻生 祐未藤田 朋子山本 未來山本 未来)、鈴木 一真筒井真理子宮崎 彩子矢野 喬之石井 英明津坂 早紀加茂美穂子原 千果子原 千栄子)、山崎  薫長  克巳佐藤 祐四田村 三郎磯  秀明松永 麻里北見  誠真島 公平松井  茜境  浩二小見 美幸程波古澤  巌本田 清澄鹿出俊之輔ブレイク・クロフォードサム・ドゥ・ベルデルジュリー・ブラハムイヴァ・ヤスナガリチャード・ガッソマイケル・カリスマエレーナ・シノヅカクリーブ・グレイエイヤ・ニスコネンランディ・ゴインズラスロデビッド・キンテーロ塩谷 信洋桑永 暁宏越智 光輝岩男 孝哲池田 勇太菅家 隆介馬場 佑介石井 利樹佐々木純一喜多村 弾崔  誠一飯野 和英酒井  純江田 雅人大岩 直季中川  準鯉中 卓也加藤 威夫松島健市郎小島 崇行伊勢田隆弘栗林 昌輝高野 史郎福長 敬洋北山雄一郎遠藤 広太飯野めぐみ小牧 由美金澤由美子小林あゆみ久我千代子山崎 舞子仲山美弥子吉田 瞳子井波 知子池田 美佳岩田 映子大澤 朋子マーカス・オーケルホームアンドレ・キシモトジョージ・エシャートピエール・ベアンルベルジェームズ・ディラードインゴガウ・ハンターエチエン・ボルメランジェクリストフ・メルデンストビアスクリストファー・ベングイーニエレナ・ラザラヴァアガタロージー・パーソンズレナ・ムラタヴァレンティナ・ササキルシアナ・ブルシナタリア・アニュコバアリーナ・コブヤコヴァジョアンナ・フィジャル関根 裕介中谷 隆信四方  宗九島 洋一三島 貴史石井  浩門脇  享西沢 智治香川 正樹鈴木 雄二篠木 幸一小林 直幹佐藤 由一斉藤 道太上村 圭将大和八幡トモアキ八幡 朋昭)、宮澤  寿松井 一憲荒井 志郎松下  浩森下  和川口 京祐稲川 哲也土田  卓由比 英士喜羽 祐二中地健太郎若山  慎仲村 辰朗宮沢  天太田 鷹史板村 亮佑濱崎 章吾青木  崇村上 公章生駒 利治並木 敏郎白州 本樹品田 康久瀧本 志優前田 典彦横田 和宏吉田 佳祐石原  俊水下 明紀塚本 浩平森谷あずさ内田 晴子桝谷  裕竹   勲田村  真佐治 和也松岡 龍平斉藤 康史宮内 佑康、古賀プロダクション、スターダス21フリー・ウェイブ、テアトルアカデミー、クロキプロ、(ダンスコーディネート・菊地 敏一)(ダンス振付指導・浦辺日佐夫)(ダンス指導アシスタント・美濃  良駒田 順子)(ナレーション・野際 陽子
主な脚本 鎌田 敏夫
主なプロデューサ (チーフプロデューサー・五十嵐文郎)(プロデューサー・藤本 一彦小橋 智子テレパック))(ラインプロデューサー・牧  義寛小林 正和)(協力プロデューサー・江平 光男)(プロデューサー補・高野  渉萩原 英樹八木 亜未)(宣伝・石野  貴井上 裕子)(ホームページ・武田 京子)(スチール・森田 俊明
主な演出 (監督・藤田 明二)(助監督・小池 哲夫山形 亮介山田 友美野土谷麻美)(所作指導・小笠原流礼法宗家本部)(擬斗・二家本辰己)(記録・斎藤  文
原作 三島由紀夫「鹿鳴館」新潮文庫刊
局系列 ANN
制作会社 (制作著作・EX)
制作協力 シネハウス
制作 (制作担当・谷  正光)(制作主任・山田 大作、豊島さおり、菅原 惣子)(制作進行・長  友子、江島 正将)(スケジュール・北川 敬一)
企画 (営業・宮崎 滋文)(編成・藤川 克平三輪祐見子菊池 寛之
音楽 古澤  巖、(音楽プロデューサー・EDISON)(音楽協力・テレビ朝日ミュージック)(選曲・音響効果・大貫 悦男)(MA・亀山 貴之)(プロダクション協力・メディアハウス
撮影技術 川田 正幸貝谷 慎一、(撮影助手・和田  晋高橋 秀幸佐藤 陽弐)(映像・植木 康弘服部 正邦)(照明・高山 喜博)(照明助手・石井 美宏堀越 路博福田実江子冨島 和寛山田 貴恵)(録音・島田 隆雄)(録音助手・阿由葉大輔児玉 考弘片寄 正一)(編集・大森 寛之)(ライン編集・松本 英之)(技術プロデューサー・長谷川美和)(技術デスク・望月 悠加)(CG・山本 貴歳藤井 俊郎高澤 大人泉谷  修瀬戸本 勉西川原 忠東城 直枝)(CG協力・日本エフェクトセンター、4dほか)(プロダクション協力・バスクファン角川大映撮影所
HP
美術 (デザイン・山本 修身)(美術プロデューサー・池上  隆)(美術進行・工藤 敦博吉野 雅弘石橋 麻穂)(美術進行【スタジオ担当大道具】・石川 正平)(装置【スタジオ担当大道具】・佐野 雅美)(大道具【スタジオ担当大道具】・浅見 健士蛭間けんじ)(塗装【スタジオ担当大道具】・塩原 美紀)(スタジオ担当【スタジオ担当大道具】・西村 伸夫)(装置【ロケ担当大道具】・藤江 修平)(大道具【ロケ担当大道具】・後藤 貴弘金子  純)(装飾・畠田 和良橋本 浩一仲田 靖明青木健太郎)(持道具・新井 敏郎河瀬 郁子)(衣裳・武内  修岩崎 敬二志村しづ子)(メイク・佐藤 光栄工藤美加子不破 裕幸我妻 淳子テーラー美和(黒木瞳担当))(結髪・佐藤 典子斎藤 貴之小林 弘美丹羽 峯子(黒木瞳担当))(衣裳応援・多勢美智子中村 美保)(メイク応援・大野 悦香吉田 治美おばな浩二石邑 麻由宮本 奈々伊荻 ユミ相川 裕美宮本  愛粕谷ゆうすけ)(結髪応援・黒須リツ子梅澤 文子上田 幸夫山根 末美山瀬 康夫垣内 美保)(ガンエフェクト・大宮 敏明竹田 壮志古川  宏)(電飾・青羽  亮)(建具・宇野景次郎宇野景治郎))(植木・鈴木 雅氏)(生花・橋本 由子小林 由裕小野田るみ実積 誉子)(プロダクション協力・テレビ朝日クリエイト)

Tag Cloud

田村正和 夜会 黒木瞳 影山 松田翔太 朝子 石原さとみ 鎌田敏夫 はん亭 平等条約 西洋化 撮影協力・小山 古澤巖 政府高官 高ぶる 早稲田大学図書館 東洋ゴム工業 仕向ける セイバン 文明開化 千葉県立房総 アース製薬 明治時代 江戸東京たて 黒木 政府 熱演 開ける 柴田恭兵 動く

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供