• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ三億円事件(新聞ラテ欄表記…松本清張サスペンス 三億円事件「戦後最大の未解決事件~衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」)

1975年12月10日午前0時。約12万人の捜査人員、およそ9億円の捜査費用を投入した三億円事件の時効が成立した。実は奪われた三億円には保険金が掛けられており、そのうちの3分の2をアメリカの保険会社が支払っていたが、当時の日本人でそれを知る者はほとんどいなかった。1976年、ニューヨークから一人の日本人が送られてきた。アメリカ有数の保険会社の査定部長の武田(田村正和)だった。敗戦によって変わり果てた日本を捨て、母親のヨシコ(奈良岡朋子)を残してアメリカへと渡った武田。彼には日本の警察にもなしえなかった三億円事件の真相を明らかにし、犯人に50万ドルに及ぶ賠償をさせるという目的があった。そして、もう一つ、25年ぶりに母・ヨシコと再会するという目的も…。日本では現地調査員の涼子(余貴美子)、高原(段田安則)の協力を得ながら、着々と捜査を進めていく武田。さまざまな情報から事件の真相へと近づこうとするのだが、アメリカからやってきた日本人を日本の警察は冷遇する。そんな障害にぶち当たりながらも、武田が目にした新事実とは?そして、経済大国となった日本と、そこで生きる日本人の変化とは?20世紀最大の未解決事件の真相が今、明らかに…!?【以上、テレビ朝日広報資料より引用】「テレビ朝日開局五十五周年記念として、二夜連続松本清張ドラマスペシャルをやったが、第一夜(1月28日)の『三億円事件』を見ることにした。保険会社員を田村正和が演じたからである。「三億円事件」がおこったのは1968年(昭和43年)。白バイ警官に変装した男が府中市内で日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車を襲い、現金3億円を強奪した。これは大事件だった。テレビドラマや映画にもなり、1975年12月10日に時効が成立した。このころ<三億円>というのは大変な額である。しかも<強奪>というのは正確な呼び方ではなく、実は単なる窃盗罪であった。少年めいたモンタージュ写真は作りものであり、名刑事、平塚八兵衛(だれでも名前を知っていた)は時効成立直前に警視庁を退職していた。奪われた約3億円のボーナスには保険がかけられ、さらにこの保険には外国の再保険がかけられていたのだ。結果として日本人は1円も損をせず、事件の翌日には社員に対してボーナスが支給された。松本清張の原作は忘れてしまったが、ドラマを見る限り、アメリカの保険会社が3億円の3分の2を支払っていた。田村正和演ずるアメリカの保険会社の査定部長の来日は、犯人に50万ドルを賠償させる目的があった。この事件についての、犯人が少年だったとか、その少年の親は日本の警察の大物だったとか、だから少年を消してしまったのだといった噂が世間にひろがっていた。松本清張原作(案?)のプロットはよくできているし、田村正和も快演だったと思う。結局は、どうにもならないという結論は世論の通りである。【この項、小林信彦著「女優で観るか、監督を追うか 本音を申せば(11)」(文春文庫刊)より引用】」
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2014/01/18~2014/01/18
放送時間 21:00-23:21 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 テレビ朝日開局55周年記念 松本清張ドラマスペシャル
主な出演 田村 正和余 貴美子段田 安則小野 武彦忍成 修吾光石  研板谷 由夏田中 哲司泉谷しげる津川 雅彦橋爪  功奈良岡朋子手越 祐也北乃 きい、(語り:中谷 美紀
主な脚本 竹山  洋
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:五十嵐文郎(EX))(プロデューサー:内山 聖子(EX)、船津 浩一(EX)、河添  太角川映画)、江平 光男
主な演出 (監督:藤田 明二
原作 松本 清張(新潮文庫「水の肌」所収「小説3億円事件」)
局系列 ANN
制作会社 (制作著作:EX)
制作協力 角川映画
HP

Tag Cloud

田村正和 保険会社 日本人 武田 アメリカ 日本 事件 保険 査定部長 松本清張 賠償 少年 ボーナス 余貴美子 目的 支払う 強奪 成立 真相 時効 警察 犯人 段田安則 竹山洋 奪う 経済大国 連続松本清張ドラ... 日本信託銀行国分... かける 来日

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供