• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ柳橋慕情(ルビ…やなぎばしぼじょう)

第38回ギャラクシー奨励賞(月間賞)受賞作品。第38回ギャラクシー選奨受賞(個人賞・若村麻由美)対象作品。山本周五郎の「柳橋物語」をベースに、研師の孫娘が幾多の困難を乗り越えて生きる姿を描く。研師の源六(内藤武敏)の孫娘、おせん(若村麻由美)は、居酒屋のおかみ、お鶴(藤村志保)や、大店の娘、おもん(井上晴美)らに囲まれ、貧しいながらも明るく暮らしていた。そんな中、おせんは幼なじみの大工、庄吉(田中実)から、上方で稼いで来るので戻るまで待っていてほしいと思いを告げられる。おせんは庄吉に、帰りを待つと約束する。「主人公のおせんをはじめとして、登場人物たちが次から次に不幸に見舞われる物語の展開は、やや作為が鼻につく。しかし台詞の随所に散りばめられた、いまは失われつつある江戸の市井の人たち(本作に侍はほとんど登場しない)の美しい言葉遣いは、人生の哀歓を事細やかに描き出している。各話サブタイトルは以下の通り。第一回「愛がはじまる日」、第二回「迷い道 迷い人」、第三回「噂のふたり」、第四回「いちばん大切な人」、第五回「運命の予感」、第六回「炎の恋」、第七回「悲しみの街角」、第八回「忘れえぬ記憶」、第九回「いちずな恋心」、第十回「疑われた愛」、第十一回「母と子の絆」、第十二回「真実の証」、第十三回「不思議なめぐり逢い」、第十四回「ちぎれた望み」、最終回前編(第十五回)「愛しい人よ」、最終回後編(第十六回)「優しさが勝つ日」。【この項、文:練馬大根役者】」放送時間変更(カッコ内は理由)…9/18、9/25→休止(「シドニー五輪ベスト選」放送)、(5)→10/2放送、11/20→休止(国会中継)、(12)→11/27放送、(15)→12/18(月)20:00-20:45、(16)→12/18(月)21:15-21:58。放送期間のうち、2000/11/20は当初放送予定であったが、急遽、報道番組(国会中継)に変更となった。また第15回は2000/02/18に月曜20:00~20:45に放送。最終回は同じ日の月曜21:15~21:58に引き続き放送された。「2000/11/20(月)は、いわゆる「加藤の乱」によって、自民党加藤派と山崎派が野党提出の森内閣不信任案に賛成するかどうかが焦点となった国会中継を放送したため、一回休止となった。以後、一週ずつ放送予定が順送りになり、12/18に(15)は「最終回前編」、(16)は「最終回後編」として放送された。この「最終回前編」のエンドロールは、他の回のとは異なるフォーマットになっており、予告編も女性アナウンサーのナレーションによる別バージョンだった。【この項、文:練馬大根役者】」【データ協力:練馬大根役者】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 2000/08/21~2000/12/18
放送時間 21:15-22:00 放送回数 16 回 連続/単発 連続
番組名 時代劇ロマン
主な出演 若村麻由美(1)-(16)、吉田 栄作(1)-(8)(14)-(16)((8)(14)(15)は回想)、田中  実(1)-(5)(7)-(12)(14)-(16)、井上 晴美(1)-(3)(5)(7)-(16)、吹越  満(1)(3)(4)(5)(7)-(15)、藤村 志保(1)-(16)、滝田  栄(1)-(3)(6)(8)-(16)、雛形あきこ(10)(11)(13)-(16)、徳井  優(1)-(4)(8)-(12)(14)-(16)、本仮屋ユイカ(1)-(16)、渡辺 寛二(2)-(5)(8)-(12)(14)-(16)、内藤 武敏(1)-(6)(8)(16)((8)(16)は回想)、織本 順吉(1)(6)(10)(11)(14)、左 とん平(1)(2)(4)(6)-(8)(16)、根岸 季衣(2)(4)(6)-(8)(16)、名古屋 章(2)(7)-(9)(14)、真行寺君枝(2)、松本 留美(2)(4)(5)(8)((8)は回想)、苅谷 俊介(2)(8)((8)は回想)、鶴田  忍(3)、柳ユーレイ(4)、草薙幸二郎(5)(8)((8)は回想)、原 日出子(7)-(10)(12)((12)は回想)、斉藤 洋介(7)-(10)(12)((12)は回想)、市毛 良枝(7)(8)(10)-(12)(14)(15)、田山 涼成(7)(8)(10)(11)(14)(15)、羽場 裕一(9)、金 久美子(9)、奥村 公延(11)、井川比佐志(11)-(16)、つるぎみゆき(12)(13)、阿知波悟美(12)(13)、森下 涼子森下  桂)(12)(14)-(16)、寺田  農(12)(14)(15)、升   毅(13)(14)(16)、牟田 悌三(15)、鈴木 祐二(9)、須藤 正裕(11)(15)、二宮 弘子(15)、奈佐 健臣(7)(10)(13)(15)、鴨下 宗生(10)-(15)、二見 史龍(2)(4)(6)(8)、宇野あゆみ(2)(4)(6)(8)、常盤 祐貴(2)(4)(6)(8)、西澤 美優(2)(4)(6)(8)、小西 博之(1)(3)、麻乃 佳世(1)(3)(6)(8)((8)は回想)、安田ひろみ安田 博美)(1)(5)(6)、安藤美和子(1)-(3)(5)(7)、美斉津明子(1)(3)(5)、南 惠美子(1)(3)(5)、田内 裕子(1)(3)(5)、佐藤 敦子(1)(3)(5)、宮内  乙(1)(5)、上原 恵子(1)(3)、明石  良(1)、松山 邦久(1)、今井 治彦(1)、渡辺 勝利(1)、柳原 園子(1)、吉満 涼太(2)、奥田 達士(2)(3)、小村裕次郎(2)(3)、渡辺 啓子(2)、池田 武志(2)、窪田 吾朗(2)、梅津 直美(2)、菊間 秋彦(3)、久保田克典(2)、小林 元樹(2)、吉田 有希(2)、森脇 史登(2)、小林 良也(2)、佐野日名子(2)、山本  清(3)(6)、三宅 弘城(3)、鬼界 浩巳(3)、曽雌 達人(3)、古田 三奈(3)、海老一染之助(3)、海老一染太郎(3)、翁家和楽社中(3)、斉川 一夫(5)、春海 四方(6)、安達香代子(6)(7)、夏川加奈子(6)(7)、人村 朱美(6)(7)、大山 華子(6)(7)、河原田ヤスケ(6)、藤本 洋子(6)、町田 政則(6)(7)、今井 耐介(6)、横山 文枝(6)、真実 一路(7)、横山あきお青空あきお)(7)、後藤 康夫(7)、大富士(7)(10)(13)(15)、友松タケホ(7)(10)(13)(15)、中垣 浩二(7)、須子田峰雄(7)、赤崎ひかる(7)、石井亜貴子(7)、井鍋 信治(7)、鎌田  希(7)、久保内亜紀(8)(10)、佐々木こず恵(8)、若林 亜希(8)、北川佳世子(8)(10)、正木 佐和(8)(10)(11)、定松 結香(8)(10)(11)、羽生 昭彦(9)、牧原 一義(9)、高柳 勇太(9)、竹内ばらと(9)、山本 紀彦(10)、五月 晴子(10)、沢木めり子(10)、柿丸美智恵(10)(12)(13)(15)、田中登志哉(10)、加藤 照男(11)、高木 順巨(11)(15)、若松 俊秀(11)(15)、中村 正人(11)、中田 敦夫(11)、千葉清次郎(11)(12)、鐘築 健二(11)、佐久間英之(11)、鈴鹿 景子(12)(14)(15)、風間みつき(12)(13)(16)、中村由起子(12)(13)、柊  紅子(12)(13)、塚越はるみ(12)(13)、佑希 美和(12)(13)、麻生 桃子(12)(13)(15)、清水美由紀(12)(13)(15)、三上 一朗(12)(13)、福田麻由子(12)(13)、永井 基幹(12)、青木麻由子(13)、荒井 萌七(クレジット表示未確認)(13)、椎名利恵子(13)、松永 玲子(14)、柳田  豊(14)、金岳 宗信(14)(15)、山下 夏生(15)、東風平千香(16)、栗須 和秋(16)、金子  雄(16)、二見 史龍(16)、宇野あゆみ(16)、常盤 祐貴(16)、西澤 美優(16)、木須 将仁(16)、宮澤 龍司(16)、アクションプロジェクト21(1)-(3)(5)-(11)(13)(15)(16)、鳳プロ(1)(3)(5)-(16)、エンゼルプロ(1)-(3)(5)-(16)、芸プロ(1)(3)(5)、劇団ひまわり(1)(3)(6)-(15)、劇団東俳(3)(6)(7)(9)(10)(12)(13)(15)、セントラル子供タレント(6)-(12)(14)(16)、テアトルアカデミー(9)、茨城県伊奈町のみなさん(1)-(3)(5)-(7)(13)(16)、(江戸ことば指導:春風亭一朝(1)-(16))(殺陣指導:東郷 秀信(1)(3)(6)-(11)(13)-(15))(三味線指導:山本 澄枝(1)-(3)(5)(9)(12))(所作指導:花柳 錦女(1)-(14)(16))(研ぎ物指導:永田 幸彦(1)-(5))(大工指導:守屋今朝登(1)(2)(7)(14))
主な脚本 大野 靖子(1)-(16)
主な演出 門脇 正美(1)(5)(8)(11)(16)、加藤  拓(2)(3)(6)(9)(12)(14)、中村 高志(7)(10)、田中 英治(13)、一色 隆司(15)、(時代考証:大石  学)(記録:松元  景(1)-(3)(5)-(10)、野田 茂子(12)-(16))
原作 山本周五郎「柳橋物語」より(1)-(16)、山本周五郎「壱両千両」より(3)、山本周五郎「ちゃん」より(4)、山本周五郎「四人囃し」より(9)、山本周五郎「人情裏長屋」より(11)(14)、山本周五郎「枡落し」より(12)(13)、山本周五郎「ぼろと釵かんざし」より(16)、山本周五郎「嘘ァつかねえ」(クレジット表示なし)
局系列 NHK
制作会社 (制作・著作:NHK)(共同制作:NHKエンタープライズ21)
制作協力 NHKテクニカルサービス、NHKアート
制作 (制作統括:小見山佳典、浅野加寿子)
音楽 センスS.E.N.S.、(音響効果:藤野  登(1)(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)、篠遠 哲夫(2)(6)(8)(10)(12)(14)(16))
撮影技術 佐藤  彰(1)(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)、永野  勇(2)(6)(8)(10)(12)(16)、富樫 吉男(14)、(技術:鍛治  保(1)(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)、野沢 隆仁(2)(6)(8)(10)(12)(14)(16))(照明:水野 富裕(1)(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)、工藤  晃(2)(6)(8)(10)(12)(14)(16))(音声:藤  善雄(1)(2)(10)(13)(14)(16)、鈴木 恒次(3)、畠山  厳(5)(7)(9)(11)(15)、小田 朝光(6)(8)(12)、)(映像技術:小島 良仁(1)(5)(9)(15)(16)、関  正俊(2)(6)(10)(14)、江野沢成宣(3)(7)(11)(13)、小野 浩史(8)(12))(編集:高室晃三郎(1)-(16))
HP
美術 吉保 舜三(1)-(3)(7)(8)(11)(12)(15)(16)、荒井  敬(5)(6)(9)(10)(13)(14)、(美術進行:金子 敏男(1)-(3)(5)-(16))(題字:園田 聡一(1)-(16))

Tag Cloud

国会中継 最終 おせん 若村麻由美 吉田栄作 研師 (月) 休止 前編 放送 庄吉 孫娘 田中実 大野靖子 放送予定 後編 柳橋物語 センスS.E.N... 待つ 変更 藤村志保 女性アナウンサー 内藤武敏 上方 月間賞 加藤拓 望み 愛しい 門脇正美 ベース

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供