• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ嫁ぐ日まで(第33回)残夏(残暑)

結婚を前にした男女と男の昔の恋人、その間の微妙な心理をじっくりと描く。出演者は三人、セットも一つだけのドラマ。カメラマンの曾我(北村和夫)と婚約した彰子(伊藤弘子)は曾我の昔の恋人・恵子(奈良岡朋子)と会うことで、曾我の真実の姿を追究したいと思っていた。以前曾我と恵子が同棲していた部屋で三人は顔を合わせた。【以上、読売新聞1963/09/16付より引用】後年、岡田太郎は本作を自信作に挙げていた。「岡田の自信作はと聞くと、単発と連続ドラマをそれぞれ二本を挙げてくれた。【この項、志賀信夫著「映像の先駆者125人の肖像」(2003/03/30発行、日本放送出版協会刊)より引用】」提供:厚木ナイロン。【役名(演技者)】恵子(奈良岡朋子)、曾我(北村和夫)、彰子(伊藤弘子)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1963/09/16~1963/09/16
放送時間 21:00-21:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 奈良岡朋子北村 和夫伊藤 弘子
主な脚本 大野 靖子
主な演出 岡田 太郎
局系列 FNN
制作 辻 勝三郎
主題歌 吉永小百合「嫁ぐ日まで」(作詞:佐伯 孝夫、作曲:吉田  正

Tag Cloud

曾我 奈良岡朋子 北村和夫 伊藤弘子 自信作 彰子 恵子 岡田太郎 挙げる 大野靖子 辻勝三郎 恋人・恵子 追究 岡田 厚木ナイロン 単発 心理 同棲 婚約 セット カメラマン 合わせる 出演者 部屋 男女 会う 恋人 聞く 思う 結婚

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供