• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ伝七捕物帳(第2回)鬼娘の涙(伝七捕物帳(日本テレビ版)(第2回))

連続ドラマ『伝七捕物帳』(放送期間1973/10/02~1977/10/11、全160回)の第2回。1979年からテレビ朝日でも同名ドラマが放送されており、それと区別するため「日本テレビ版」と付記している。「弱きを助け、強きを挫く!情に厚く、正木流免許皆伝の十手術と万力鎖の技で悪に立ち向かう岡っ引、「黒門町の伝七」を中村梅之助が演じた痛快時代劇の第2回。札付きの船頭丑松が何者かに射殺された。そのそばには、鬼女の面をつけたお高祖頭巾の女が立っていた。伝七(中村梅之助)は、丑松が腰につけていた蔵前の海産物問屋阿波屋の手拭いをたよりに探索を始めた。そんな折、勘太(高橋長英)が道でぶつかった常盤津の師匠千鶴(草笛光子)に一目ぼれし、腑抜けになって帰ってきた。その勘太の腰に、阿波屋には抜荷の疑いがあるという結び文がついていたのだ。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】黒門町の伝七(中村梅之助)、がってんの勘太(高橋長英)、かんざしの文治(今村民路)、赤っ鼻の五平(瀬川新蔵)、小春(和田幾子)、藤助(中村靖之介)、早瀬市之進(北相馬宏)、ちょろ松(稲吉靖司)、新吉(続木太郎)、お玉(呉恵美子)、千鶴(草笛光子)、阿波屋(森幹太)、お花(市毛良枝)、先代阿波屋(永井秀明)、作次郎(立川雄三)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1973/10/09~1973/10/09
放送時間 20:00-20:55 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 中村梅之助4代目)、高橋 長英今村 民路瀬川 新蔵和田 幾子中村靖之介北相馬 宏稲吉 靖司続木 太郎呉 恵美子、(以下、非レギュラー草笛 光子森  幹太市毛 良枝永井 秀明立川 雄三金親 保雄野口すみえ日笠 潤一入江 正徳山口グループ
主な脚本 桜井 康裕櫻井 康裕櫻井 康祐
主なプロデューサ 増井 正武鈴木  潔森田 義一(NTV)
主な演出 (監督:奥中 惇夫)(助監督:長谷川 洋)(殺陣:山口 博義
原作 陣出 達朗
局系列 NNN
制作会社 (製作:ユニオン映画)
制作協力 (協力:バリアンツ、前進座)
制作 (制作担当:長谷川朝次郎)
企画 中井  景バリアンツ)、野崎 元晴(NTV)
音楽 小川 寛興、(映広音響
主題歌 橋  幸夫「向こう通るは」(作詞:千家 和也、作曲:吉田  正)(ビクターレコード)、橋  幸夫「江戸の花」(作詞:千家 和也、作曲:吉田  正)(ビクターレコード
撮影技術 北泉  成、(照明:大西美津男)(録音:宮永  晋)(編集:西島  豊)(色彩計測:野口幸三郎)(東洋現像所
美術 松井 敏行、(八木かつらおかもと技粧東京衣裳高津映画装飾、東京テレビアート)

Tag Cloud

中村梅之助 高橋長英 阿波屋 勘太 陣出達朗 伝七 草笛光子 桜井康裕 黒門 瀬川新蔵 今村民路 海産物問屋阿波屋 船頭丑松 常盤津 つける 蔵前 鬼女 森幹太 千鶴 射殺 小春 新吉 正木流免許皆伝 そば お玉 ちょろい 区別 万力鎖 中井景

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供