• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ男ありて(第5回)山襞(脚本時タイトル…かかり凧)

矢代(下条正巳)が、山奥でせんにん同様の生活にはいったのは、戦後シベリアから復員してきたときである。戦死の公報の間違いをいいことに、弟の勝治(草薙幸二郎)は、財産相続をすましていたし、妻の由枝(小夜福子)も追い出されていた。しかもその由枝までが他の男といっしょになって子どもまで生んでいたのである。それ以来、矢代は人間ぎらいの生活を続け、あきらかに心中ものだとわかる二人連れを見ても、決して止めようとはしなかった。そんなある日、節子(樫山文枝)という若い女が駐在巡査に連れられて山を登ってきた。節子は由枝が二度目の結婚で生んだ子どもなのだ。節子は矢代に山をおりていっしょに暮らしてくれとたのんだが…。【以上、読売新聞1964/11/10付より引用】いすゞ自動車提供の単発ドラマシリーズの一本。放送期間は1964/10/06~1965/01/05。『男ありて』シリーズのうち、本作を含む4編(「街医者物語」「山襞」「堂々たる人生」「裸の王様」)は民芸のユニット作品として放送された。「民芸作品の中ではただ一つのフィクションもの。物語の背景は、天城山中。きりつめた製作費のため遠くへは行けず、青梅線の日向和田にある民芸の寮・多摩山荘を本拠に撮影されたが、湖のシーンでは、適当な湖がなく、ついに富士五湖の本栖湖まで足をのばしたという。主演の下条正巳など、台本が気に入ったのか、いつもより熱を入れた演技でスタッフを感心させていたが、悪条件にもかかわらず無事ロケを終えたのは「民芸ファンの青梅市役所員森田さんの協力があったからです」とプロデューサーは、いまさらながらファンのありがたさに感謝している。【この項、読売新聞1964/11/10付より引用】」
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1964/11/10~1964/11/10
放送時間 21:00-22:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 下条 正巳下条 正巳)、草薙幸二郎小夜 福子樫山 文枝日野 道夫山田 昭一中村 和子
主な脚本 原  源一
主な演出 森園  忠
局系列 NNN
企画 北川  信梅谷  茂島田友三郎

Tag Cloud

下条正巳 由枝 矢代 節子 原源一 小夜福子 草薙幸二郎 民芸 いっしょ 生む 民芸作品 日向和田 天城山 民芸ファン 山襞 森園忠 裸の王様 子ども 製作費 登る 戦死 フィクション 心中 日野道夫 追い出す おりる 樫山文枝 プロデューサー 梅谷茂 ファン

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供