• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ六百回記念作品 三角・四角(三角四角)

渥美清と中村勘三郎が初共演し、視聴率22.6%を記録した時代劇。長く人々に愛されている民謡・八木節をテーマに、農民たちが飢饉と飢餓の中から八木節を生み出すまでを描く。中村が大酒飲みの父親・十兵衛を、渥美がその息子・太一を好演。また、太一がひとめぼれした女郎・加乃を松尾嘉代、太一の妹・三津を長山藍子が演じた。雪の降る日、加乃(松尾嘉代)は貧しさゆえに人買いの手で女郎屋へ売られた。女郎になった加乃は、人生をはかなむ歌を歌って寂しく暮らしていた。その加乃に惚れたのは、農民・十兵衛(中村勘三郎)の息子、太一(渥美清)だった。愛する妻を亡くして大酒に荒れる十兵衛と、全財産をなげうって加乃に近付こうとする太一。貧しい家をかえりみない父と兄に、太一の妹・三津(長山藍子)は絶望して…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「東芝日曜劇場の放送六百回を記念して系列5局の競作で送るシリーズの第1弾。カラー作品。【この項、文:のよりん】」協力:太田市八木節保存会。【役名(演技者)】二本杉十兵衛(中村勘三郎)、姫川の親分(河津清三郎)、魚尾楼のおかみ(山岡久乃)、加乃の父(野々村潔)、加乃の母(原ひさ子)、魚尾楼の主人(神田隆)、留五郎(山岡徹也)、馬喰(土方弘)、孫兵衛(林昭夫)、孫兵衛の女房(小笠原慶子)、越後屋(松本染升)、子分(津崎恵二、柴田秀勝、大沢真吾)、敬(森田昌宏)、加乃の姉(菅原チネ子)、女郎(豊原公子、柚木れい子、保坂博美)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(データ協力:ウルトラマリン)】【データ協力:のよりん】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1968/06/09~1968/06/09
放送時間 21:30-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第600回)
主な出演 中村勘三郎17代目)、渥美  清長山 藍子松尾 嘉代菅原チネ子河津清三郎山岡 久乃原 ひさ子野々村 潔山岡 徹也松本 染升森田 昌宏神田  隆林  昭夫小笠原慶子土方  弘津崎 恵二柴田 秀勝大沢 真吾豊原 公子柚木れい子保坂 博美岡田 則一(クレジット表示なし)、新人会俳協文化座芸プロ、(唄指導:板橋勘三郎)(踊指導:清水 一郎
主な脚本 松山 善三
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 橋本 信也、(殺陣:桜井美智夫
局系列 JNN
制作会社 TBS
音楽 平井哲三郎、(効果:斉藤 正人
撮影技術 (技術:星   忠)(映像:中島 靖人)(カラー調整:久保田 忍)(照明:木村 和夫)(音声:原  静男
HP
美術 (美術制作:田村  俊)(装置:坂上 健司)(衣裳:稲毛田みちほ)(化粧:小松 英子

Tag Cloud

加乃 中村勘三郎 太一 渥美清 魚尾楼 妹・三津 長山藍子 松尾嘉代 女郎 孫兵衛 松山善三 貧しい 二本杉十兵衛 保坂博美 土方弘 農民たち 馬喰 菅原チネ子 神田隆 酒飲み 姫川 なげうつ 十兵衛 平井哲三郎 おかみ 絶望 親分 好演 カラー作品 橋本信也

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供