• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ雪の華 常磐津林中より (前編、-後編-)

明治に活躍した常磐津節の名人・十一代常磐津小文字太夫の半生を描いた鈴木彦次郎の原作「常磐津林中」を、平岩弓枝が脚色したもの。舞台に続き夫婦役を演じる中村勘三郎と森光子の息の合った芝居は見もの。「前篇」…1879年(明治12年)4月。林中(中村勘三郎)は、先代の未亡人・常子(杉村春子)と親子の盃を交わし、11代目常盤津小文字となった。林中は妻のすず(森光子)とともに、常子のいる家元の家に移り住む。しかし常子は親子の縁をタテに林中に言い寄り始めた。常盤津を世に広めることだけを考えている林中の胸中を知るすずは、常子の常識はずれの言動にもじっと耐えていた。しかし、林中に愛を拒まれた常子は、急に態度を変えて林中が常子に言い寄ったと主張し始める。「後篇」…妻・すずを東京に残し、林中は盛岡にやって来た。そこへ常磐津びいきの芸者屋「梅乃井」の女将・おせき(一の宮あつ子)が芸者たちの稽古を頼んできた。梅乃井に腰を落ち着けた林中は東京に残したすずを呼び寄せようと弟子の米吉(市川子団子)を使いに出すが、すずは林中の修行の邪魔になると考え、盛岡に行こうとはしなかった。その後、米吉を東京に帰し、一人で修行を積むことにした孤独な林中に芸者のみよじは想いを寄せる。ある日九代目の成田屋から林中の語りで歌舞伎座の舞台を踏みたいとの依頼が舞い込むが、素直に応じることができない林中の元へすずがやって来た。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「名人と謳われた十一代常磐津小文字太夫(初代常磐津林中)の半生を描いた小説を中村勘三郎主演で前年舞台化した作品のドラマ化。【この項、文・のよりん】【役名(演技者)】林中(中村勘三郎)、すず(森光子)、つね(杉村春子)、藤野克平(山本学)、みよじ(浜木綿子)、小文(波乃久里子)、合川金兵衛(佐野浅夫)、せき(一の宮あつ子)、常磐津三中(河津清三郎)、米吉(市川子団次)、渋善(神田隆)、松子(大鹿次代)、佐登太夫(有田正明、中村勘五郎)、米屋(中村清五郎)、三河屋(森本健介)、女中(金長晴子)。」
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1973/12/02~1973/12/09
放送時間 21:00-21:55 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第886回、第887回)
主な出演 中村勘三郎17代目)(中村 米吉3代目)、中村もしほ4代目))(1)(2)、森  光子(1)(2)、杉村 春子(1)、山本  学山本  學)(1)(2)、浜 木綿子(1)(2)、波乃久里子(2)、佐野 浅夫(1)(2)、一の宮あつ子(1)(2)、河津清三郎(1)、市川子団次3代目)(市川 鯱丸2代目)、市川子團次3代目))(1)(2)、神田  隆(2)、大鹿 次代(2)、有田 正明(1)、中村勘五郎13代目)(市川 太郎中村正太郎中村 仲蔵5代目))(1)、中村清五郎3代目)(中村たかほ中村仲三郎中村四郎五郎7代目))(1)、森本 健介(1)、金長 晴子(1)、(常磐津:常磐津文字太夫(1)(2))(方言指導:斉藤千恵子(1)(2))
主な脚本 平岩 弓枝
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 山本 和夫
原作 鈴木彦次郎「常磐津林中」
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:TBS)
音楽 平井哲三郎、(音響効果:伴田 六和
撮影技術 (技術:中島 靖人)(映像:白取 靖弘)(カラー調整:浅利 敏夫)(照明:加藤 静夫)(音声:鈴木 武夫
美術 (美術デザイン:八木 恵一)(美術制作:小糸 正雄)(タイトル:篠原 栄太

Tag Cloud

すず 中村勘三郎 常子 森光子 米吉 常磐津小文字太夫 梅乃井 杉村春子 せき 言い寄る 一の宮あつ子 名人 盛岡 修行 半生 明治 平岩弓枝 親子 東京 中村勘 やって来る 市川子団次 大鹿次代 みる 落ち着ける 考える 残す 神田隆 常磐津 佐野浅夫

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供