• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ特ダネ記者

毎朝新聞社会部に勤務する記者たちの姿をそのチームワークとともに描く。遠藤三郎の初監督作品(劇場映画より早い)。一部資料では、1966/10/07放送終了と記載されている。提供:三菱重工、麒麟麦酒、三菱自動車販売、日本光学。【各回サブタイトル】「第1回「黒いフィルム」、第2回「土曜の夜だぜ」、第3回「暗殺指令」、第4回「シェーカーを振るとき」、第5回「夜の狼」、第6回「空白の時」、第7回「混血児トム」、第8回「歪んだ愛情」、第9回「けだもの」、第10回「冷たい手」、第11回「夜の顔の男」、第12回「孤独の映像」、第13回「断崖の女」、第14回「ダイヤモンド作戦」、第15回「目撃者」、第16回「潜行50時間」、第17回「狼が来るぞ」、第18回「勝っと思うな」、第19回「ブン屋ブルース」、第20回「脱獄囚を追え」、第21回「私は殺される」、第22回「乙女の祈り」、第23回「消えた死体」、第24回「女は魔物」、第25回「赤い雪」、第26回「香港から来た女」、第27回「空白の10分間」、第28回「涙の裏側」、第29回「夜行列車の女」、第30回「影の波紋」、第31回「片割れを探せ」、第32回「血の砂」、第33回「銃声」、第34回「黒い流域」、第35回「チャンスは二度ない」、第36回「裏切りの代償」、第37回「早春の悲歌」、第38回「華やかな殺人」、第39回「名刺の男」、第40回「足長おじさんの犯罪」、第41回「金は魔物」、第42回「バラ色の悪夢」、第43回「冷たい札束」、第44回「虎穴に入らずんば」、第45回「遺留品なし」、第46回「欲望の果て」、最終回(第47回)「女・女・男」。【この項、文:召田長】」【データ協力・市村、召田長】

Tag Cloud

宍戸錠 二谷英明 西田一夫 魔物 空白 宮田達男 冷たい 黒い 新克利 悲歌 三菱自動車販売 ダイヤモンド作戦 脱獄囚 流域 日本光学 早春 虎穴 山口純一郎 片割れ 池田博 麒麟麦酒 監督作品 来る 代償 断崖 祈り 安藤勇二 悪夢 勝つ フィルム

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供