• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ三谷幸喜作 わが家の歴史(我が家の歴史…誤り)(第一夜「空前のスケール超豪華キャスト史上最強作今夜誕生!」、第二夜「一家を襲う新たな運命 波乱の恋」、第三夜「一家を襲う最大危機 感動最終章」)

国際ドラマフェスティバル作品賞グランプリ受賞作品。「テーマは「家族」。1927(昭和2)年から1964(昭和39)年までの激動の時代を、底抜けの明るさとバイタリティで生き抜いたある家族の物語を、笑いと感動を満載で描く。1945(昭和20)年、日本は終戦を迎えた。八女家の7人家族は博多の知り合いの家の六畳一間に居候していた。長女、政子(柴咲コウ)17才は、甲斐性なしの父・時次郎(西田敏行)に代わり、家族の生活を支えている。うれしいときはもちろん、悲しいときにも皆でエノケンの「ベアトリ姐ちゃん」を歌って笑顔を忘れないのが八女家流。極貧生活の中でも一家は底抜けに明るく仲良くたくましく、政子はなによりもそんな家族を大切に思っていた。中洲のクラブで働き始めた政子は、勤め先の社長である、やり手の新進実業家・鬼塚大造(佐藤浩市)と知り合う。大造は、空襲で焼け果てた博多の街の復興に心血を注いでいた。大造は、家族を思い前向きに生きる政子に惹かれた。政子も、大造への尊敬の念がいつしか愛に変わる。政子は、「家族の面倒は私がみる」という大造の誓いに後押しされ、大造との「結婚」を決意する。そんなとき、父・時次郎がまたしても一攫千金をねらって企てた「象の輸入」が失敗し、一家は博多中の人々から後ろ指を指されることに。大造は東京への出店を機に、政子に家族全員での上京を提案する。新天地・東京へ発つ一家。それは、政子が、そして一家が出会う大きな歴史のほんのはじまりに過ぎなかった。【この項、フジテレビ広報資料より引用】」本作で夫婦役を演じた山本耕史と堀北真希は2015年に結婚。記載の放送枠は、第1回のもの。第2回は土曜21:00~23:30、第3回は日曜21:00~23:54。2011/03/24から三夜連続でアンコール放送も行われた。車輌:ショウビズクリエイション、コンガス。(上海ロケ関係):(撮影協力:上海電影集団公司)(車両:徐   祥)。ロケ協力:前進座劇場(1)(2)、竹むら(1)、荒尾市教育委員会(1)、Hazama(1)、日本コークス工業(1)、新田川不動産(1)、松隈工務店(1)、第一警備保障(1)、稲尾産業レントオール店(1)、アミューズメントテクノ九州(1)、加須市浮野の里(1)、ジェイアール東日本高崎支社(1)(3)、碓氷峠鉄道文化むら(1)、料亭金鍋(1)、西日本工業?楽部(1)、東京海洋大学(1)(2)、鶴丸海運(1)、(財)西日本産業貿易コンベンション協会(1)、遠賀観光バス(1)、オームタガーデンホテル(1)、のがみプレジデントホテル(1)、新飯塚ステーションホテル(1)、ブルーウェーブイン小倉(1)、リーガロイヤルホテル小倉(1)、上野海運(2)、お好み焼き泉田(2)、日本水産(2)、ニッスイマリン工業(2)、千葉大学(2)、グランドプリンスホテル高輪(2)、大分リーガルホテル(2)、大分全日空ホテルオアシスタワー(2)、宇宙航空研究開発機構(3)、東京厚生年金会館(3)、船の科学館(3)、海蔵寺(3)、千葉市桜木霊園(3)、木更津富士館(3)、日吉屋(3)、前田有楽劇場(3)、千葉市花見川緑地交通公園(3)、千葉県千葉港湾事務所(3)、茨城県三の丸庁舎(3)、大磯プリンスホテル(3)、大磯ロングビーチ(3)、若松町三丁目マーケット街(3)、木更津市民会館(3)、群馬県理容生活衛生同業組合桐生支部(3)、フィールド・アート(3)、パークイン桐生(3)。撮影協力:荒尾市(1)、田川市(1)、加須市(1)(3)、足利市(1)-(3)、北九州市(1)-(3)、田川市松原一区のみなさん(1)、埼玉県立不動岡高校のみなさん(1)、埼玉県立羽生第一高校のみなさん(1)、北九州市のみなさん(1)-(3)、桐生市のみなさん(1)-(3)、武雄市のみなさん(1)、福生市(2)、小田原市観光協会(2)、桐生市(2)(3)、青梅市(3)、稚内市(3)、加須市大越小学校のみなさん(3)、桐生市立北小学校のみなさん(3)、桐生市立広沢南部保育園のみなさん(3)。フィルムコミッション:わたらせフィルムコミッション(JFC)(1)-(3)、北九州フィルム・コミッション(JFC)(1)-(3)、福岡フィルムコミッション(JFC)(1)、大牟田フィルムコミッション研究会(1)、大分市ロケーションオフィス(JFC)(2)、西さがみ連邦共和国フィルムコミッション(2)、栃木県フィルムコミッション(3)、ちばしフィルムコミッション(3)、千葉県フィルムコミッション(JFC)(3)、いばらきフィルムコミッション(JFC)(3)、とちぎフィルム応援団(3)、青梅フィルムコミッション準備室(3)。ライツ協力:手塚プロダクション「復刻版・新宝島」(小学館クリエイティブ)(C)手塚プロダクション、酒井七馬、小学館クリエイティブ(1)、手塚プロダクション(2)(3)。映像協力:クリエーションファイブ(1)-(3)、NHK(1)(3)、日映アーカイブ(3)。写真提供:朝日新聞社(1)-(3)、讀賣新聞社(1)、毎日新聞社(2)。特別協力:中国国際航空公司。
キー局 CX 放送曜日 金~日 放送期間 2010/04/09~2010/04/11
放送時間 21:00-23:22 放送回数 3 回 連続/単発 単発
番組名 フジテレビ開局50周年特別企画
主な出演 柴咲 コウ(1)-(3)、佐藤 浩市(1)-(3)、松本  潤(1)-(3)、佐藤 隆太(1)-(3)、堀北 真希(1)-(3)、榮倉 奈々栄倉 奈々)(1)-(3)、長澤まさみ(1)-(3)、大泉  洋(1)-(3)、天海 祐希(1)-(3)、富司 純子藤  純子寺島 純子冨司 純子)(1)-(3)、西田 敏行(1)-(3)、玉山 鉄二(1)-(3)、山本 耕史(1)-(3)、鈴木 砂羽(1)-(3)、高田 純次(1)-(3)、阿南 健治(1)-(3)、温水 洋一(1)、 加藤清史郎(3)、木梨 憲武(1)(2)、小栗  旬(1)、中尾 明慶(1)、和久井映見(1)、今井 悠貴(1)、さくらまや(1)、岡田 将生(1)(2)、寺島  進(2)、高嶋 政伸(2)(3)、戸田 恵子(2)、山口 智充(2)(3)、武田 真治(2)、宇梶 剛士(2)、山田 孝之(2)、中井 貴一(2)(3)、榎木 孝明(2)、伊東 四朗(2)(3)、八嶋 智人(2)(3)、ウエンツ瑛士(2)(3)、藤原 竜也(2)(3)、相武 紗季(3)、内野 聖陽(3)、塚地 武雅ドランクドラゴン)(3)、石坂 浩二(3)、小日向文世(3)、角野 卓造(3)、宮川 大助(3)、有薗 芳記(1)、伊藤 正之(1)、野添 義弘(1)、イアンムーア(1)、眞島 秀和(1)、武井 秀哲(1)、椎名 るか(1)、加部 亜門(1)、高澤父母道(1)、篠川 桃音(1)、秋山  竣(1)、影山樹生弥(1)、宮武 美桜(1)、鈴木 米香(1)、佐藤 隆平(1)、田島ゆみか(1)、中江 大樹(1)、石部 雅紀(1)、箱田 暁史(1)、中道 悠貴(1)、山田 高廣(1)、前田こうしん(1)、高桑  満(1)、はせがわ天晴(1)、田中 良子(1)、ミヘール・ラインダス(1)、トム・ミルズ(1)、杉本  崇(1)、小野寺 創(1)、桑原 裕子(1)、饗庭 大輔(1)、溝口 盛司(1)、山田 祐三(1)、光森  誠(1)、周  ?亮(1)、溝口 鉄朗(1)、神永 流唯(1)、西野 来瞳(1)、田渕 結衣(1)、浅野 和之(2)(3)、羽場 裕一(2)(3)、山西  惇(2)、平  淑恵(2)、野間口 徹(2)、池谷のぶえ(2)、山崎 裕太(2)、四方堂 亘(2)、細山田隆人(2)、茂木 淳一(2)、吉村  崇平成ノブシコブシ)(2)、坂本  真(2)、小山 圭太(2)、小笹 将継(2)、板倉チヒロ(2)、星野 園美(2)、藤村 一成(2)、岡田 幸子(2)、向野章太郎(2)、中江 大樹(2)、山本  東(2)、足立 龍弥(2)、中川 幸省(2)、中野  薫(2)、今野ひろみ(2)、コリンアサヌマコリン・アサヌマ)(2)、ケニースコットケニー・スコット)(2)、成川 凪人(2)、田端(2)、Zina Blausova(2)、Michael Joseph(2)、Julio Obama(2)、Smolski Vital(2)、中島 大介(2)、大西恵美子(2)、土方  浩(2)、河内 孝博(2)、梅野 泰靖(3)、洞口 依子(3)、田山 涼成(3)、近藤 芳正(3)、キムラ緑子(3)、飯田 基祐(3)、濱田  岳(3)、小橋 建太(3)、秋山  準(3)、青山 和也(3)、加藤憲史郎(3)、入江 雅人(3)、島津健太郎(3)、猪野  学(3)、桜井  聖(3)、内倉 憲二(3)、佐藤  誓(3)、蒲生 純一(3)、鳥木 元博(3)、望月 章男(3)、川井 つと(3)、中村 祐樹(3)、ねづっちWコロン)(3)、木曽さんちゅうWコロン)(3)、宮後 由美(3)、城戸 光晴(3)、諏訪部 仁(3)、藤岡 大樹(3)、木川 淳一(3)、高瀬 媛子(3)、桜井 千寿(3)、平松 ケイ(3)、中村 敦子(3)、山内ツトム(3)、金子  達(3)、古山 亮一(3)、疋田  豪(3)、佐藤  淳(3)、松本  唯(3)、石橋 裕美(3)、白川  博(3)、高島 真一(3)、林  陽一(3)、橋本誠一郎(3)、石原  良(3)、岡崎  宏(3)、小柴 亮太(3)、藤岡 太郎(1)(クレジット表示なし)、ストームライダー(1)-(3)、劇団ひまわり(1)-(3)、古賀プロダクション(1)-(3)、劇団東俳(1)-(3)、テアトルアカデミー(1)-(3)、グループ・エコー(1)、マリブマネージメント(1)(2)、ケン・スタントクリエーション(2)、プライムエージェンシー(3)、BIA(3)、シーグリーン(3)、(方言指導:岡田 幸子(1)-(3))(ダンス指導:竹村ダンススクール(1)-(3)、雅  麗華(3))(声の出演:役所 広司(1)-(3))
主な脚本 三谷 幸喜(1)-(3)、(リサーチ:朝倉 燎子安井 香織) (コント台本・スター千一夜構成:藤原 昭彦(3))
主なプロデューサ 重岡由美子稲田 秀樹江森 浩子、(協力プロデューサー:志牟田 徹成田 一樹川上 一夫)(ラインプロデューサー:坂本 忠久)(プロデューサー補:渡辺 直美久保田育美)(広報:名須川京子)(広告宣伝:吉田 和江)(スチール:山口喜久義松田 優子)(ホームページ:善波 雅也斉木 晴佳)(メイキング:今野 貴之正頭なおみ) (AP助手:近添 有賀
主な演出 (監督:河野 圭太(1)-(3))(オープニング:佐藤 充孝)(監督補:三木  茂)(助監督:朝日奈陽子(1)-(3)、古林淳太郎植本 英之山内 大典石井 梨枝)(予告:村田  一高木  望)(絵コンテ:相馬 宏充(2))(時代考証:天野 隆子)(リーガルアドバイザー:中川 達也)((上海ロケ関係):(助監督:孔  文波))(ドックトレーナー:宮  忠臣(3))(記録:巻口 恵美巻口 直美))
局系列 FNN
制作会社 (制作著作:CX)
制作協力 共同テレビジョン
制作 (制作担当:松岡 利光)(制作主任:小野山哲史、松井 聡子、入江 広明)(エキストラ担当:渡辺 理恵)((上海ロケ関係):(上海コーディネイト:アジアンコンプレックス)(コーディネイター:佐藤 充則、桂   東)(プロダクションマネージャー:朱   斌)(ロケーションマネージャー:朱  薇薇、羅   泓)(通訳:沈   琦、朱  静文、徐   ?、郭   瑾、高島 真一、湯  亦晨、程   方、廉   廉、陳  正薇、李   民、石橋 裕美)) (制作進行:島川統ノ介、飯盛 雄仁、山本 梨恵、長谷川 創)
企画 大多  亮和田  行、(編成:情野 誠人
音楽 服部 隆之、(オリジナルサウンドトラック:エイベックス・クラシックス)(選曲:志田 博英)(音響効果:谷口 広紀)(MA:古跡 奈歩(1)(3)、亀山 貴之(2))(音楽協力:フジパシフィック音楽出版、丹波 浩之三浦麻衣子)(音楽制作:フェイズミュージック、荒木 浩三
主題歌 (エンディングテーマ:中島みゆき「時代」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ))
撮影技術 伊藤 清一、(技術プロデューサー:友部 節子名取佐斗史)(TD:白田 龍夫(1)-(3)、石川 清一(2)(3))(映像:吉川 博文)(照明:阿部 慶治)(音声:竹中  泰)(編集:山本 正明)(ライン編集:伊藤 裕之)(HDエフェクト:高岡 直樹)(VFXスーパーバイザー:石井 教雄)(CG:オムニバス・ジャパン、VFX Studios JINNI'S、VFX Studio LOOPHOLE)((上海ロケ関係):(照明:諸  祺炯(正しくは「祺」の扁は「ネ」)、孟  海宝))(撮影助手:高野  学(正しくは「高」は「はしご高」))(スタジオカメラ:篠田 忠史平田 修久廿楽 智美)(スタジオ撮影助手:宮崎 智之金田 智幸)(録画:浅香 康介)(照明助手:荒井 徹夫成田 卓嗣清水  亮太刀川宏之押木 祐介)(音声助手:児玉 考弘片寄 正一)(編集助手:鈴木のぞみ西川 貴文)(VFXコンポジター:岡本 泰之時任 賢三遠山祐一郎)(CGプロデューサー:城戸 久倫川嶋 洋樹)(CGディレクター:佐竹  淳)(CGデザイナー:黄  仁福石井 淑元国広 真章原田 道則川崎 悠太多田 竜二鍵田 洋章大塚 円香)(マットペインター:松山 美恵原 満陽子木村 俊幸)(テクニカルプロデューサー:堀内  勉)(協力:バスク国際放映
HP
美術 (デザイン:柳川 和央)(美術プロデューサー:津留 啓亮)(美術進行:佐野奈緒美竹田 政弘)(大道具:内海 靖之比留間正幸)(大道具操作:吉田 精正(1)-(3)、小野 将志(3))(装飾:伊藤 則久錦織 洋史)(持道具:岡村 英輔)(衣裳:田中まゆみ本間 邦仁)(ヘアメイク:高橋 和美)(専属ヘアメイク:佐藤 光栄(1)-(3)、吉野 節子(1)-(3)、林  智子(1)-(3)、藤井 俊二(2)(3)、林  智子(3)、立身  恵(3)、佐藤 裕子(3))(アクリル装飾:早坂健太郎)(建具:三田村 賢)(電飾:中園誠四郎)(植木装飾:後藤  健)(フードコーディネイター:住川 啓子)(劇用車輌:LAカンパニー(1)-(3)、藤壺自動車工業(1))((上海ロケ関係):(美術:孫  為徳)(大道具:劉  学生)(小道具:韓  偉祥))(装飾助手:佐竹  諭前田 敏幸)(持道具助手:中澤 尚志)(持道具応援:植田えりこ)(衣裳助手:関口  優(3)、佐藤 佳織(3)、矢澤 亜紀(3))(ヘアメイク助手:平本小百合)(ヘアメイク応援:木村 友華金縄ひとみ望月志穂美葉山三紀子)(アクリル装飾助手:鈴木  竜)(協力:フジアール

Tag Cloud

政子 JFC 大造 柴咲コウ 家族 手塚プロダクショ... 加須 博多 フィルムコミッシ... 一家 千葉 小学館クリエイテ... 父・時次郎 荒尾 佐藤浩市 昭和 田川 桐生 松本潤 北九州 三谷幸喜 日吉屋 明るい 竹むら 重岡由美子 稚内 福岡フィルムコミ... 大多亮 思う 稲田秀樹

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供