• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ浅草ふくまる旅館(浅草ふくまる旅館(1))

浅草で60年続く老舗「ふくまる旅館」。福丸大吉(西田敏行)はその3代目。先代から引き継いで早30年。時代も移り変わり、経営状況はあまり芳しくない。しかし当の大吉は採算などそっちのけ。経理担当で大吉の義理の姉・はな(木野花)はインターネットで呼び込みを掛けるなど経営改善に努めており、大吉の性格にはやや冷ややかだ。ある日、大吉は浅草寺で置き引きに遭ったという文江(岡田茉莉子)と出会う。気の毒に思って「ふくまる旅館」に連れて行き、宿泊費は後払いでいいと告げる。それを聞いていたはなが被害届を出すよう助言すると、なぜか文江は慌てた様子。番頭の風間敏治(渡辺いっけい)が交番に連れて行こうとするが、途中で文江が行方不明に。榊乃梨子(賀来千香子)の店「いずみや」で風間からそのことを聞かされた大吉は、心配になって探しに行く。文江を見つけ出した大吉は再び彼女を旅館に連れて帰る。文江は、一晩泊めてもらったお礼にと翌朝から旅館を手伝いはじめ、仲居たちともかつて自分がSKD(松竹歌劇団)でラインダンスを踊っていたという話で盛り上がる。そんな時、ビジネスホテルを経営している大吉のライバル百瀬省三(小野武彦)がやって来て、文江が詐欺師だと言い出す。【以上、TBS広報資料より引用、一部補足。補足・練馬大根役者】「最終回のラストに「また、今年の10月にお会いしましょう!!」というテロップが表示された。美術協力:リリカラ(1)-(11)、国際観光振興機構(JNTO)(1)-(11)、STAS(1)、JTB(2)-(11)、世界文化社(2)、高橋書店(2)、学研(2)、竹中雛人形制作所(8)、stylejam(9)、日本技術開発(9)-(11)。ロケ協力:鳳明館 森川別館(1)-(11)、浅草観光連盟(1)-(11)、仲見世商店街振興組合(1)-(11)、伝法院通り(1)-(11)、たぬき通り(1)-(11)、浅草がんばる会(1)-(11)、浅草公会堂(1)-(11)、旅館浅草指月(1)-(11)、台東区フィルム・コミッション(1)-(11)、ホテルリンクス(1)(2)(4)(5)(8)-(11)、株式会社 ベッコウアメ・インターネット(1)(6)、浅草専門店会(1)(6)、相互住宅株式会社(1)、三浦工業(2)-(6)、浅草六区通り(3)(7)(9)(11)、浅草神社(4)(6)(10)(11)、京王自動車(2)、都立府中の森公園(2)、美術商清水本店(3)、〓〓の宿貞千代(3)、テスコ浅草館(3)、東京浅草組合(4)、ポポラマーマ門前仲町店(4)、奥山おまいりまち(6)、浅草中屋中川株式会社(6)、菅原印刷株式会社(6)、ホテルニュー漁民荘(6)、トータルハウジング株式会社(7)、鉢の木(8)、品川インター・シティ(品川インターシティ)(8)、リーガロイヤルホテル東京(8)、HUB浅草店(9)、Diana(9)、デイナイスホテル東京(11)ほか。協力:フォーチュン、アックス、緑山スタジオ・シティ、スタジオブル、ウインカー、ダイナモピクチャーズ(1)(5)、タカハシレーシング(2)(4)、東京浅草組合(2)、大道芸研究会(4)、台東ケーブルテレビ(8)、台東区伝統工芸振興会(10)、マツモトVOC(10)。江戸流し雛協力(別項目):江戸流し雛協会(8)、台東ケーブルテレビ(8)ほか。江戸流し雛協力:久保木良介(8)、齋藤 銀二(8)。車輌:高橋  清、道家 八郎。【各回サブタイトル】第一話「人情は年中無休!」、第二話「お受験に大吉あり」、第三話「外国から来た初恋」、第四話「ガンコ熊の恩返し」、第五話「引き抜きに来た客」、第六話「昔の恋人あらわる」、第七話「夫婦漫才の復活!?」、第八話「流し雛と義理の母」、第九話「現れた白馬の王子」、第十話「職人魂と勘当息子」、最終話「大吉のプロポーズ」。【役名(演技者)】福丸大吉(西田敏行)、福丸良夫(石垣佑磨)、榊 乃梨子[クレジット表示では「榊」の「示」は「ネ」)](賀来千香子)、福丸はな(木野花)、福丸美穂(大塚ちひろ)、風間敏治(渡辺いっけい)、百瀬省三(小野武彦)、瀬川枝里(田根楽子)、瀬古竜太(猪野学)、常石たま子(久保田磨希)、大野真美(松本美奈子)、大島奈津子(伊藤榮子)、橋爪均(深水元基)、飯田哲平(雄太)、青木春雄(せんだみつお)、藤森五郎(城後光義)、横川吉之助(ビートきよし)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成(1)、データ協力:練馬大根役者(2)-(11))】《16:9》
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2007/01/08~2007/03/19
放送時間 20:00-20:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
番組名 ナショナル劇場
主な出演 西田 敏行(1)-(11)、石垣 佑磨(1)-(11)、賀来千香子(1)-(11)、木野  花(1)-(11)、大塚ちひろ大塚 千弘)(1)-(8)、渡辺いっけい(1)-(11)、小野 武彦黒木  進)(1)-(11)、田根 楽子(1)-(11)、猪野  学(1)-(11)、久保田磨希(1)-(11)、松本美奈子松本あまり)(1)-(11)、伊藤 榮子伊藤 栄子河原崎有稀)(1)(4)(6)(8)(11)、深水 元基(1)(5)(6)(9)(11)、雄太(1)-(11)、せんだみつおせんだ光雄千田 光雄)(1)-(9)(11)、城後 光義(1)-(7)(9)(11)、ビートきよし(1)-(3)(5)(7)-(9)(11)、川嶋 典子(1)-(4)(10)(11)、北川 弘美(2)-(11)、坂下千里子(2)(4)(6)-(8)(10)(11)、辰巳 琢郎(7)-(11)、あいはら友子原田 真弓相原 友子)(2)(4)-(6)(8)-(11)、(以下、非レギュラー岡田茉莉子(1)、大高 洋夫(1)、円城寺あや(1)、小林 万桜(1)、山崎 直樹(1)、谷川 清美(1)、小西 結子(1)、吉田 英郎(1)、林 さちこ(1)、安藤 咲良(1)、大西 耕治(1)、林  京介(1)、山田 健太(2)、飛鳥  凛(2)、上田 耕一(2)、大沢 逸美(2)、今井 雅之(4)、麿  赤兒麿  赤児)(4)、あめくみちこ天久美智子)(5)、蟹江 敬三(6)、松本 明子(7)、金剛地武志(7)、菊池麻衣子(8)、矢沢  心(8)、金子 貴俊(8)、高瀬  岬(8)、金子  昇(9)、日向 明子(9)、前田  吟(10)、沢田亜矢子(10)、高杉 瑞穂(10)、神山  繁(11)、遠藤 憲一(10)(11)、丹阿弥谷津子(3)、有紗(3)、河西 健司(6)、有薗 芳記(6)、吉満 涼太(2)、太賀仲野 太賀)(2)、嶋崎 伸夫(2)、大須賀裕子(2)、五十嵐奈生(2)、中井 杏音(2)、浅草 更代(2)、浅草よし丸(2)、櫻川 米七(2)、篠山 輝信(3)、里居 正美(3)、神田 時枝(3)、渥実れい子(3)、サーシャ(3)、片岡 富枝(4)、工藤 貴史(4)、丹野 宜政(4)、浦島 博文(4)、吉藤健太郎(6)、新内勝兆次(7)、櫻井 文雄(7)、翁家 和助(7)、翁家 小花(7)、マリー(7)、ステファニー(7)、原田 舞美(8)、川先 宏美(8)、原口 優子(8)、水町レイコ(10)、土井 貴翔(10)、早川プロダクション(1)-(11)、R&Aプロモーションアールアンドエープロモーション)(1)(3)、エヌフォースプロモーション(7)、ミライアクターズプロモーション(7)(8)、(エヘラバンド:佐々木エヘラ俊一(9)、高橋 康廣(9)、久保 政巳(9)、前田 富博(9))(吹替:ICHIGOプロスノーボーダー)(2)、安田 哲也プロスケーター)(2))(舞踊指導:浅草 凌子(2)(4))(指物伝統工芸師:土師 忠男(10))(新内指導:新内 勝鳳(7))
主な脚本 横田 与志(1)(2)(5)(10)(11)、水谷 龍二(3)(9)、土屋 保文(4)、橋本 以蔵(6)、伊藤  崇(7)、平林 幸恵(8)
主なプロデューサ 森下 和清浅野 敦也、(プロデューサー補:岡野真紀子)(スチール:山縣 壽樹
主な演出 脇田 時三(1)(2)、村田  忍(3)-(5)(8)、猪原 達三(6)(7)(9)、冨塚 博司(10)(11)、(演出補:杉山  整(1)-(11)、江利川深夜近見 哲平東田 陽介)(殺陣:岡田  勝(4))(記録:川崎 伸子(クレジット表示では「崎」は「たつさき立崎)」)(1)-(3)(8)、初山 澄乃(4)(5)(9)、佐藤 由子(6)(7)(10)(11))
局系列 JNN
制作会社 (製作:テレパック、TBS)
制作 (制作担当:浅津 弘義)(制作主任:千葉 裕美(1)-(11)、戸田  格(1)-(11)、甲斐夕佳里)(スケジュール:増野 琢磨)
企画 (番組宣伝:小山 陽介)(インターネット:鈴木かおり
音楽 本多 俊之、(選曲:片野 正美)(効果:栗山 伸彦)(MA:備後正太郎(1)-(11)、飯塚 大樹)(音楽協力:日音
主題歌 夏川 りみ「フルサト」(作詞・作曲・編曲:槇原 敬之)(ビクターエンタテインメント
撮影技術 初瀬 康一(1)-(11)、鈴木 秀治檜野 吉宏、(技術:柳沢 栄造)(撮影助手:山崎 一央佐藤  充福留 知穂)(照明:村澤 浩一(1)-(11)、魚住 俊哉長谷川 誠室 美由紀室 美有紀))(音声:吉田  隆(1)-(11)、高橋 寿光尾上 啓太高橋 智香)(映像:福留 克世)(オフライン編集:磯貝  篤)(eQエディター:山崎  進(1)(2)、本野 仁朗(3)-(11)、神崎 亜耶(11))
HP
美術 (美術デザイン:加藤 昌男)(美術制作:宮崎 守弘)(美術プロデューサー:平野 裟一)(装置:滝沢 博央滝澤 博史)(1)-(11)、松原  学)(装飾:山田孝太郎(1)-(11)、柳田 栄一佐藤 雄介)(持道具:村石 幸二)(大道具操作・佐藤  篤石井 義也山野辺彰一)(衣裳:・十河  誠十川  誠)(1)-(11)、笠置 美紀)(化粧:西田 理香(1)-(11)、日高 綾子)(メイク:清水 惇子)(建具:岸  久雄)(植木:五十嵐幹治)(電飾:井上  昇)(スタイリスト:鈴木 智子(3)(11))(ネイリスト・原田 実保(2)(4)-(6)(8)-(11))(美術進行:森田 夢与)(タイトルデザイン:篠原 榮太篠原 栄太))

Tag Cloud

大吉 文江 西田敏行 賀来千香子 石垣佑磨 福丸大吉 風間敏治 江戸流し雛協力 東京浅草組合 台東ケーブルテレ... ふくまる 旅館 浅草 木野花 連れる 台東 義理 小野武彦 渡辺 横田与志 けい 水谷龍二 ポポラマーマ門前... 宿泊費 恋人あらわる 瀬川枝里 せんだみつお 移り変わる そっちのけ 来る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供