• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ愛し君へ(いとしきみへ)(解夏(げげ)…誤り)

最愛の恋人は、3ヵ月後、視力を失ってしまう運命にある。最後に見せてあげたいものは何ですか?最後に見たいものは、何ですか?愛とは、そそぎつづけるもの…新米小児科医として元気いっぱいに生きる主人公・友川四季。しかし四季が恋に落ちた男・俊介は、自らの視力をやがて失う運命にあった。そんな俊介の運命を知ってしまった四季。その苦悩、その愛、そして勇気。喧騒の東京と美しく静かな長崎の町。愛に不器用な恋人たちと、二人を囲む仲間たち、そして家族。それぞれの苦悩や葛藤、人生。生きることの喜びと哀しさを洗練と叙情に満ちて描き出す、新しい愛のかたちです。【以上、フジテレビTWO広報資料より引用】各話サブタイトルは以下の通り。第1話「解夏~愛は注ぎ続けるもの」、第2話「落し物」、第3話「過酷すぎる愛の運命」、第4話「涙の雨」、第5話「長崎へ」、第6話「君の街」、第7話「愛とは後悔しないこと」、第8話…「父の日のプレゼント」(オンエアでは表示なし)、第9話「母へ」、第10話「衝撃」、最終話「最後に見せてあげたいもの」。【以上、文・練馬大根役者】撮影協力・東海大学医学部付属八王子病院(1)-(11)、石川米店(1)(7)-(11)、ながさき観光地映像化支援センター(1)(5)(6)(11)、ym(1)(2)、長崎電気軌道(1)(11)、長崎市(1)(6)(11)、東京医科大学(1)、Flower Family(1)(3)(11)、宣伝会議(1)-(3)、日本ジャーナリスト専門学校(2)(5)、品川インターシティ(2)(4)(5)、国際青果株式会社(2)、千葉県フィルムコミッション(3)、COCO'S(3)、Book1st.(3)、銀座ミカレディ(4)、横浜マリンタワー(5)、共立女子大学(5)、NABIC(5)(6)、住友不動産千代田ファーストビル(5)、長崎県営バス(6)、ANA(6)、江ノ島電鉄(7)、湘南藤沢フィルムコミッション(7)(8)、パシフィック・ホスピタル(7)、日野市教育委員会(8)、日野市(8)、スワンカフェ銀座店(8)、Dress Black(10)、ベルナード観光通り商店街(11)、福岡フィルムコミッション(11)、○葉病院(○は木偏に工?)(11)、伊王島町(11)ほか。協力・NTB(1)(6)(11)、協力・FLT(1)、LAカンパニー(1)-(5)、アクティス(1)-(5)(7)-(11)。医療監修・島川眞知子(東京女子医大)、宮坂 勝之(国立成育医療センター)。写真協力・谷本 美加(1)-(5)(8)-(11)。放送時間変更(カッコ内は理由)…(1)→4/19(月)21:00~22:09(初回拡大版)、(11)→6/28(月)21:00~22:09(最終回拡大版)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2004/04/19~2004/06/28
放送時間 21:00-21:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
主な出演 菅野 美穂藤木 直人伊東 美咲玉木  宏森山 未來森山 未来)、八千草 薫(特別出演)(1)(2)(4)-(6)(9)-(11)、泉谷しげる時任 三郎黒谷 友香(1)-(4)(8)-(11)、はなわ(1)-(3)(5)(7)(8)(10)(11)、入江 雅人(1)-(3)(5)(7)(8)(10)(11)、矢島 健一(1)-(5)(8)(9)、東根作寿英(1)-(4)((1)は写真、クレジット表示なし)、西岡 徳馬(3)(4)(9)、奥貫  薫 (1)-(4)(6)-(9)(11)((1)(3)(4)(6)(7)(11)は写真のみ、クレジット表示なし)、岡田 義徳(1)(6)(11)((6)(11)は写真のみ、クレジット表示なし)、田根 楽子(1)(4)(9)、小松みゆき(3)、モロ師岡(7)、円城寺あや(10)(11)、相武 紗季(1)-(5)(7)-(11)、渡辺  蘭(1)-(5)(7)(9)-(11)、立川 絵理((1)(2)では立川 絵里)(1)-(5)(7)-(11)、竹井 洋介(1)-(5)(7)-(11)、高橋しゅり(1)(3)(6)、藤本  道(2)-(5)(7)(9)-(11)、松尾 瑠璃宮田 雄史桑原 成吾(1)-(5)(7)-(11)、山内  颯(1)(2)、長島 弘宣(1)-(5)(7)-(11)、夏帆(1)-(5)(7)-(11)、菅野 莉央(1)-(5)(7)-(11)、山田 夏海(1)-(5)(7)-(11)、金子  雄(7)-(11)、三井 善忠(1)(11)、福田 信昭(1)、夏秋佳代子(1)、石田 愛希(1)、立木 支歩(2)、市丸  優(2)、阿美絵里子(2)、石崎 直美(2)、小林 麻希(2)、根岸 紗里(2)(8)、立枝  歩(2)、蒲生 純一(3)、岸本 光正(3)、小坂  明(1)(3)、志田 未来(3)、小瀬理久真(3)、井元 工治(4)、青柳 克巳(4)、谷川 清美(5)、大石 継太(5)、中村 列子(6)、井上  浩(7)、山崎  潤崎の旁は正しくは竒)(7)、佐藤  誓(8)-(10)、三輪 優子みわ 優子)(8)-(10)、小山亜由子(10)(11)、川下 祐司(11)、古本 恭平(11)、芸優劇団東俳(1)-(5)(7)(9)-(11)、劇団アクターズ(1)(6)(11)、長崎市のみなさん(1)(6)(11)、(方言指導・三井 善忠(2)(4)-(6)(9)-(11)、清家 美保(6))
主な脚本 坂元 裕二
主なプロデューサ 矢吹  東関谷 正征、(プロデュース・大多  亮)(協力プロデューサー・杉尾 敦弘)(プロデューサー補・菊地 裕幸鹿内  植(7)-(11))(広報・谷川 有季)(ホームページ担当・丸谷 利一)(写真・得本 公一
主な演出 水田 成英(1)(2)(5)(8)(11)、林   徹 (3)(4)(6)(9)(10)、川村 泰祐(7)、(タイトルバック・冨士川祐輔)(演出補・川村 泰祐(1)(2)、阿部 雅和(1)-(11)、石井 祐介並木 道子石井 清夏南 明日香)(スケジュール・初山 恭洋)(記録・小原 菁子(1)(2)(5)(7)(8)(11)、堤 眞理子堤 真理子)(3)(4)(6)(11)、恩田 一代(9)-(11))
原作 さだまさし「解夏」(幻冬舎
局系列 FNN
制作 (制作担当((11)のみ「制作」とクレジット表示)・片岡  智(1)-(11)、山崎 朝之(1)-(11)、片岡 俊哉(1)-(11)、大蔵  穣、飛鷹 理紗)(制作デスク・茂原 晃枝)
企画 大多  亮、(編成・保原賢一郎
音楽 藤原いくろう(オリジナルサウンドトラック「愛し君へ」(ユニバーサルミュージック))、(選曲・小西 善行)(音響効果・岩本 泰乃大森 力也(11)、白石めぐみ(11))(MA・古跡 奈歩
主題歌 森山直太朗「生きとし生ける物へ」(ユニバーサルミュージック)、(挿入歌・森山直太朗「愛し君へ」(ユニバーサルミュージック)、森山直太朗「さくら」(クレジット表示なし))
撮影技術 佐々木 肇(1)-(3)(5)(7)(8)(11)、大野 勝之(4)(6)(9)-(11)、永野  進板橋 達也熱田  信和田  篤東田 博史阿部由美子斎藤 優司川原 健広米持 裕太、(技術プロデュース・小椋 真人)(SW・斉藤浩太郎(1)-(11)、菅野 恒雄)(照明・佐々木宏文(1)(2)(5)(7)-(9)(11)、和田 智裕(3)(4)(6)(10)(11)、後藤 雅彦渡辺 啓史黒井 宏行楠井 千夏堀江 泰輔)(音声・市村 雅彦(1)(2)(5)(6)(11)、山根  剛(7)(10)(11)、廣岡  豊廣田  豊)(3)(4)(11)、谷部  剛(8)(9)(11)、中村健太郎)(映像・小川 栄治)(録画・高木  稔)(編集・松尾  浩(1)-(11)、落合 真子)(VTR編集・飯塚  守(1)-(11)、松本 英之三木 英人)(CG・高橋 美香)(編集デスク・友部 節子)(スタジオデスク・中村  彰)(協力・八峯テレビ(1)、バスクブルーバック、渋谷ビデオスタジオ(3)-(11))
HP
美術 (美術プロデュース・柴田慎一郎)(デザイン・荒川 淳彦)(美術進行・藤野 栄治)(大道具・宮本 昌和)(操作・佐藤 大輔(1)-(11)、中村 大輔大石 忠弘和田 啓之)(建具・阿久津正巳阿久津正己))(装飾・伊藤 則久(1)-(11)、山科 貴弘錦織 洋史鷲澤 栄一佐々木真吾木村 清志)(持道具・武藤 浩一)(衣裳・生井江巳子(1)-(11)、宇高さおり高津 勝仁)(スタイリスト・佐々木敦子(1)-(11)、笹谷 藍子)(メイク・松下  泉(1)-(11)、小林志保美(7)-(11)、南部 美年)(視覚効果・江崎 公光江崎 公平))(電飾・中園誠四郎)(アクリル装飾・石橋 誉礼)(植木装飾・原  利安)(生花装飾・勝野 純子(1)-(11)、羽場つつじ)(フードコーディネーター・住川 啓子)(題字・菅野 美穂(クレジット表示なし))

Tag Cloud

菅野美穂 藤木直人 運命 長崎 視力 最後 伊東美咲 坂元裕二 日野 四季 (月) 苦悩 国際青果株式会社 観光地映像化支援... 写真協力・谷本 NABIC 見せる 宣伝会議 失う 長崎電気軌道 宮坂 落し物 ながす Flower 関谷正征 アクティス 藤原いくろう 大多亮 生きる 森山未來

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供