• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データA side B sideB:Counseling Booth #04-sideB(A side B(#04B)Counseling 取り調べがうまくできない刑事)

タクシー内。シミュレーションによって、取調べの自信がついた山本(松重豊)の携帯に電話が入る。「あなた、本当にそれでいいのですか?また、いらしてください。」と。助手席のチラシに気づき手に取る山本。SIDE_Bが表になっている。SIDE-Bの倉庫。釣り帰りの白川進(長塚京三)が釣り竿とバケツを持って入ってくる。白川と助手の結城(大倉孝二)により早速カウンセリングが始まる。人を信じることで取調べがスムーズにいくようになった山本に対して白川は、「最初から人を信じるな。自分の事すらよく分からないくせに、他人を信じるなんて、それこそ変だ。人間不信でなく人間過信だ。過信からは何も生まれない! 科学や哲学だって疑う事から始まったのではないか?不信こそが全てだ。」と忠告する。さらに白川は、広辞苑を開き「言葉の正しさを証明するには、その言葉自体を使わないとできない。証明とか理論は所詮システムでしかない。うそいつわりでないことが証明できない証拠品と、信用ならない自白。それらが真実だなんて言えるのか?」と山本に言い放つ。信じるか?疑うべきか?果たして山本はどんな結論を出すのか?【以上、BS-i広報資料より引用。一部補足。採録・練馬大根役者】参考資料・広辞苑第五版。心理学監修・浅野 八郎。協力・東京都水道局、AvidSymphony、PDN。地上波ではTBS深夜放送枠「この窓は、キミのもの。」にて2003/7/10(木)27:59-28:35より放送開始。本作は2003/9/25(木)28:20-28:55に放送。
キー局 BS-i 放送曜日 放送期間 2001/08/19~2001/08/19
放送時間 23:30-24:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 (A side B)
主な出演 長塚 京三大倉 孝二泉  麻人朝井  泉、クレジット表示あり、出演は未確認)、松重  豊高田 純次(クレジット表示なし)
主な脚本 岡本 貴也、(インフォマーシャル脚本・近藤 博幸
主なプロデューサ 大川 博史(Joker)、鈴木 早苗(BS-i)、(プロデューサー補・宇野麻美子
主な演出 富岡 忠文、(演出助手・上野 貴弘躰中 洋蔵)(記録・玉川りえこ
局系列 JNN
制作会社 Joker、BS-i
制作 (制作担当・菊島 高広)
企画 (番組宣伝・中尾美香子(BS-i))(ホームページ・西田 実穂(PDN)、広滝 大輔(PDN)、矢吹真由美(PDN))(データ放送コンテンツ・舟橋 洋介赤羽 政幸蛯原 浩人)(データ放送制作・トマデジ
音楽 ak、アルバム「LOVE」より、(音響効果・高島慎太郎)(MA・山本 逸美
主題歌 ak「@my best」
撮影技術 伊澤 昭彦、(TD・大沢  清)(照明・石井 美宏石井 宏美))(VE・竹若  章)(音声・玉川 省一)(編集・山岸 宏一)(本編集・荒川 和紀)(協力・東通映広、府中・多摩スタジオ)
HP
美術 杉川 廣明、(美術進行・服部 孝志)(美術デザイナー・野口 陽介)(衣裳・横田 尊正)(メイク・中山 知美)(ロゴデザイン・山崎 康生)(ぬいぐるみ制作・吉川 照美)(美術協力・エースバッグ)(協力・フジアール

Tag Cloud

山本 長塚京三 白川 大倉孝二 信じる 証明 泉麻人 取調べ 岡本貴也 t (木) 人間過信 言葉自体 疑う 広辞苑 バケツ 富岡忠文 始まる 心理学監修・浅野 白川進 システム 参考資料・広辞苑 助手席 入る 言い放つ Joker ak 八郎 忠告 水道局

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供