• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ琉球の風

16世紀末の琉球。日本全土から押し掛ける侵略の波から祖国を守ろうと琉球の人々は立ち上がる。出演の萩原健一は本作を印象に残った作品として後年自著で語っている。「『琉球の風』は山田信夫さんの脚本が素晴らしかったですね。ただね、僕は少し違和感があったんです。もっと様式美に凝って衣裳を工夫してもらうとか、一流のデザイナーが参加してくれるとよかったかもしれません。琉球の帝(みかど)や高官を演じる俳優たちが、みんな弁当箱みたいな冠を被っているでしょう。あれも弁当箱でいいんだけど、何か一つプラスの要素が欲しかった。それが、つまりは創作ということでいいじゃないですか。これは昔から時代考証で決まっているものなんだ、という姿勢だけじゃなくてね。たとえば、仲代達矢さんが「用心棒」(61年)の時にマフラーをしていたけど、あれは時代考証的に決まっていたわけではないでしょう。洋服も現代ではスリムになりましたね。だからといって着物もスリムになることはないですよね。昔の人は短躯で猪首だったでしょう。だけど、今の人は背が大きい。その違いを考えなくてはいけません。みんな肩にパットも入れないし、肉付けしないから。スリムはスリムでいいんですよ。だけど、もう少し着物を着て絵になるようにすることが大事じゃないかな。今は大きな女性も多いでしょう。大変失礼ですけど、イーデス・ハンソンさんは大変きれいな人ですが、あの方に文金高島田を着せるような感じになってしまってはいけないね。ろくろ首のおばあさんみたいになってしまっては。それは大きい女性を否定しているのではなくて、もっと絵になるように考えたらどうかなと言ってるんです。ところが、「しかたがない、決まりだから」と言う人が多い。でも、それとこれとは違う話なんです。【この項、萩原健一・? 秀実共著「日本映画[監督・俳優]論」(2010/10/25、ワニ・プラス発行、ワニブックス発行)より引用】」また萩原はこの著書で本作などで共演したグループサウンド時代のライバルと位置づけられていた沢田研二との共演について語っている。「あいつと一緒にやった仕事は、絶対に当たらない。何なんですかね。まず最初にやったPYGが全然駄目で、『カポネ大いに泣く』(85年)も、NHK大河ドラマの『琉球の風』(93年)も当たらなかった。僕と彼では、仕事に対するスタンスが違うんです。例えば、彼が大河ドラマで演じた琉球の尚寧王が薩摩に強制連行されることになる。それで琉球でなくなるわけです。だけど、彼はそこで「なぜ」という分析力を働かせない。僕は、沖縄で撮影の時にタクシーに乗って「沖縄では何を神とするのですか」と運転手さんに訊いたんです。そうしたら、「萩原さんだけですよ、そういうことを訊くのは。こないだ私、沢田さんを送り迎えしましたら、紅白歌合戦のことばかり話してましたよ」と。それで、僕が沢田研二に「お前、これは王様の役なんだから、この状況を大東亜戦争だと思ってさ、マッカーサーに謝るみたいな感じとか、そういう気持ちになんない?」と訊いたら、「こんな三波春夫みたいな格好して、なるわけないでしょう」だって。なんかね、一緒にやってても、あいつとはハモらないんです。絶対に。彼の凄いところは先生たちに、「これがいいんだよ、これをやんなさい」と言われたら、本当に誠実にそれをやる。だから自分のアイデンティティであったり、発想であったり、創作であったり、ある種のセンスはあるんだけど、自分で生み出すものより、自分を演出してくれる人が見つかった時に最高に映えるんです。渡辺プロの凄さというのは、テンプターズはショーケン一人しかいないと分析すると、タイガースはジュリー、トッポ(加橋かつみ)、サリー(岸部修三<一徳>)、タロー(森本太郎)、ピー(瞳みのる)というメンバー全員のさまざまなキャラクターを前面にプッシュするところなんです。そしてショーケンは動き回るけど、ジュリーは動かない暗い男にしようって作戦でくる。それはプロデューサーのセンスですよ。それを彼はものの見事に誠実にやったわけです。【この項、萩原健一・? 秀実共著「日本映画[監督・俳優]論」(2010/10/25、ワニ・プラス発行、ワニブックス発行)より引用】」一部資料には93/06/27まで放送とある。第1回と最終回は60分の拡大版。
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1993/01/10~1993/06/13
放送時間 20:00-20:45 放送回数 23 回 連続/単発 連続
番組名 (大河ドラマ)
主な出演 東山 紀之(4)-(23)、萩原 健一沢田 研二江守  徹(1)-(17)(23)、橋爪  功(1)-(22)、ショー・コスギ(1)-(14)(23)、小柳ルミ子三木のり平富司 純子藤  純子寺島 純子冨司 純子)、(1)-(22)、津嘉山正種(1)-(22)、間  寛平坂本スミ子羽賀 研二細山田隆人(1)(2)(6)(12)(23)、伊藤 隆大尾上菊五郎(1)、仲村トオル(1)、ポール 牧(1)、大木  実(1)-(3)、今福 将雄(1)-(4)、野口 貴史飯島 大介(1)(3)、柾木 良子(1)、木村 幸人(1)、阿部 章雄(1)、長岡美由紀(1)、鈴木 麻巳(1)、佐藤太圭子(1)(3)、古坂るみ子(1)、幸田 宗丸(1)、伊藤 正博(1)-(13)、山崎  満(1)-(8)、明石  良(1)-(13)、小島 早耶(1)、梅原万海花(1)、水谷 麻夢(1)(2)、加藤久留美(1)、寺田  農(2)-(18)、室田日出男(2)-(18)、永島 暎子(2)-(23)、ストロング金剛(2)、岸本  功(2)、唐沢 民賢(2)(4)、原田 優一(2)-(7)(17)(23)、内田 健一(2)-(7)(17)(23)、青木  海(2)、趙  徳成(2)、増岡  優(2)(3)、中沢 初絵(中沢 初恵)(2)(7)、赤嶺 美幸(2)、金城千恵美(2)(7)、毬谷 友子(3)-(23)、ケイン・コスギ(3)-(23)、宮野 翔太(3)(4)、工藤あさぎ(3)、米澤 史織(3)(4)、石原ありさ(3)、渡部 篤郎(4)-(23)、原田 知世(4)-(23)、工藤 夕貴(4)-(23)、清水宏次朗(4)-(23)、小林  旭(4)-(23)、寺島しのぶ(4)-(22)、河西 健司(4)(6)(7)、安達 祐実(4)(5)、太田 守邦(4)-(23)、又吉  究(4)-(23)、友利 由香(4)-(23)、村田 暁信(4)、伊吹謙太朗伊吹健太朗)(4)、関  和明(4)、山瀬 秀雄(4)、水野 友弘(4)、福永 幸男(4)、加藤 新二(4)、船戸 健行(4)、島  英司(4)、木下 国治(4)、木原 吉彦(4)、小沢 祝典(4)、広瀬美津夫(4)、長森 雅人(5)-(23)、富田めぐみ(5)-(18)、哀川  翔(5)-(15)、桑江  修(6)、糸数 昌樹(6)、安谷屋 元(6)、神里 龍司(6)、伊江朝日郎(6)、塩真 健次(6)、山城泰一郎(6)、筧  利夫(7)-(23)、修   健(XIU JIAN)(7)-(9)(16)、中島  元(7)、西部  拓(7)、小林 勇樹(7)、土屋 里織(8)-(23)、竪山 博之(8)-(18)、瑳山 ゆり(8)-(19)、湯原 貴氏(8)、金山 一彦(9)-(19)、修  宗迪(9)、郭   良(9)、野村 信次(9)、高橋  豊(9)、丹阿弥谷津子(10)、リチャード・バーガー(10)、三上  祐(10)、中村 瑞希(10)、五位野隆雄(10)、藤山 律子(10)、白川 鮎美(10)、飯村 郁美(10)、石井ひとみ(10)、近藤 優花近藤結宥花)(10)、村松 恭子(10)、石田穂津美(10)、きゃんみゆき(10)、伊江 智子(10)、伊藤 千雪(10)、村上かおり(10)、林 邦史朗(11)、武川 信介(11)-(13)、若松  武若松 武史)(12)-(20)、石浜  朗石濱  朗)(12)、高橋  守(12)(13)、飯泉  篤(12)(13)、高柳 葉子澤井伽名子(12)、今橋かつよ(12)、前田 利奈(12)(20)(22)、大栄ツトム(12)、大木  聡(13)-(19)、水森コウ太みずのこうさく水野こうさくみづのこうさく)(13)、新井 敏也(13)、鈴木九太郎鈴木 和也九太朗柏木風太朗)(13)、森井 敏也(13)、森井  睦(13)、高木 規行(13)、拍木タカシ(13)、坂本 英之(13)、佐藤 亜里(14)、青木 奈祐(14)、岸谷 五朗(15)(16)、中村 元則(15)、卯木諒太郎(15)、海  一生(15)、申  延鵬(16)、劉  東風(16)、柿原 由紀(16)、田中 智也(17)、田中 燁子(17)、大嶋 光幸(17)、ト字たかお卜字たかお…誤り)(17)、山口 純平(17)、椎名  茂(17)、加世 幸市(17)、岸本 和人(17)、森  光子(18)、野添 義弘(18)、久保田祥子(18)、野本  博(18)、岩尾 拓志(18)、長棟 嘉道(18)、上原 恵子(18)、藤井 京子(18)、小堀 祐矢(19)(21)、藤田 敏八(21)-(23)、中原ひとみ(21)-(23)、富岡敬之助(21)(22)、高月  忠(21)、勝  光徳(21)、岩淵 俊一(21)、羽田 勝博(21)、吉見 純麿(21)、小林  操(21)、末次真三郎(21)、河原崎洋央(21)、住若 博之(21)、渡会  良(21)、峰  三太(21)、岩永  茂(21)、新城  彰(21)、河西 祐樹(21)、竹田 寿郎(21)、松本エルナ(22)、ケント・ギルバート(23)、佐藤 和紀(23)、西脇 知聖(23)、中尾 文香(23)、(語り:北林 谷栄
主な脚本 山田 信夫(1)-(23)、水谷 龍二(14)(15)(19)(20)
主な演出 吉村 芳之(1)-(6)(9)-(13)(16)-(18)(21)-(23)、榎戸 崇泰(7)(8)(14)(15)(19)(20)、(監修・高良 倉吉)(殺陣・武術指導・林 邦史朗)(タイトル映像・長谷川 章
原作 陳  舜臣
局系列 NHK
制作会社 NHK、(共同制作・NHKエンタープライズ)
制作協力 NHKアート、NHKテクニカル
制作 音成 正人、(制作統括・高沢 裕之)
音楽 長生  淳、(演奏・満天星楽団
主題歌 (テーマ曲・谷村 新司「階きざはし)」(作詞・作曲・谷村 新司、編曲・星   勝))
撮影技術 奥村 重喜中村 和夫白井 政治(技術・上松 廣美上原 康雄雨海 祥夫)(照明・中里  要飯酒盃真司高橋 伴幸
HP
美術 内藤 政市石村 嘉孝岸  聡光、(題字・水谷 勇夫

Tag Cloud

琉球 陳舜臣 スリム 訊く 沢田研二 東山紀之 弁当箱 ショーケン 萩原健一 ジュリー 決まる 凄い 萩原 センス 創作 着物 感じ 山田信夫 当たる 沖縄 大きい 共演 水谷龍二 語る 違う 多い 自分 考える 一緒 長生淳

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供