• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ同・級・生(同級生)

言いたいことの半分も口に出来ない女性・名取ちなみ役を演じた安田成美、イジケたり、ウジウジしているけれどこの上なく優しい鴨居透役の緒形直人のキャラクター。菊池桃子演じる杏子ちゃんは原作でも「菊池桃子みたいな女性」という台詞があるのでまさにハマリ役。好き同士のふたりが何の問題もないのに別れる第1回の導入からつかず離れず、二人の心の葛藤がゆったり描かれた傑作。第1回での「好きだからサヨナラ」というヒロインの別れが作品に視聴者をひきつけた。ネタバレになるので詳細は書けないが、ドラマのラストにちなみからの手紙に書かれた差出人名が旧姓となっており、原作と異なっているところに作り手の思いが込められているように思えた。協力・亜細亜大学、豊島園(5)、堀内建設(5)、明治記念館(4)(5)、プラス(5)、長谷工コーポレーション(5)、ジョージ&レイ青山(5)ほか。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1989/07/03~1989/09/25
放送時間 21:00-21:54 放送回数 13 回 連続/単発 連続
主な出演 安田 成美(3)-(5)、緒形 直人(3)-(5)、菊池 桃子(3)-(5)、石田 純一(4)(5)、宅麻  伸(3)-(5)、山口 智子(3)-(5)、勝俣 州和(3)-(5)、中井 美穂(3)-(5)、戸田研一郎(3)-(5)、渡辺 祐子(3)-(5)、網浜 直子(3)(4)、浅野ゆう子(友情出演)(6)、陣内 孝則(ゲスト)、Mr.マリック(ゲスト)、柳橋 りん(3)-(5)、青居 空子(3)-(5)、歌川 椎子(3)-(5)、本田 清澄(3)-(5)、藤谷 譲二(3)、風間トオル(ゲスト)、大島 智子大島さと子)(8)、黒田アーサー(8)、青年座映画放送(3)-(5)、Office Be(3)-(5)、エンゼル・プロ(3)-(5)
主な脚本 坂元 裕二
主なプロデューサ (プロデュース・山田 良明清野  豊)(プロデュース補・本間 欧彦)(広報・石田 卓子)(スチール:得本 公一(5))
主な演出 光野 道夫(1)(2)(6)(7)(10)(13)、中野 昌宏(3)(4)(8)(11)、永山 耕三(5)(9)(12)、(演出補・木村 達昭)(記録・内田 照代佐久間亮子(5)、喜多 麗子
原作 柴門 ふみ
局系列 FNN
制作会社 (制作著作:CX(第一制作部))
制作 (制作主任・佐々木 享)
音楽 藤村 春水、(音響効果:大貫 悦男(5))(選曲:辻田 昇司
主題歌 ZIGGY「GLORIA」(徳間ジャパン
撮影技術 丸  育三、(技術・島方 春樹)(照明・為貝 幸弘樋田 雅博)(音声・吉田  勉)(映像・松田 年世)(録画・船崎 亮一)(編集:石井 和男(5))(VTR編集:小泉 義明(5))(協力・渋谷ビデオスタジオ)
美術 荒川 淳彦、(美術プロデュース・松尾 嘉之)(美術進行:伊藤 則緒(5))(タイトル:山形 憲一)(大道具:並木 宏之(5))(装飾:高田 修司(5))(持道具:荒井  実(5))(視覚効果:北條 光昭(5))(衣裳:能澤 宏明(5))(メイク:岩井 真美(5))(スタイリスト:KIMI(5))(タイトル画・岩田 直己

Tag Cloud

柴門ふみ 緒形直人 菊池桃子 安田成美 A 坂元裕二 ちなむ ネタバレ 協力・亜細亜大学 好き同士 長谷工コーポレー... 女性・名取 ウジウジ この上ない ハマリ役 原作 藤村春水 明治記念館 サヨナラ ひきつける 演じる 1回 書ける 傑作 中野昌宏 光野道夫 込める 思える 石田純一 別れ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供