• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ水戸黄門(水戸黄門(第7部))

第7部で描かれる黄門様の世直し旅は、水戸から東北、北海道、東北、信越、水戸の回遊ルートで、今回シリーズとして初めて北海道上陸も果たす。民謡の宝庫・東北を縦断するとあって、青森の「津軽じょんがら節」、山形の「花笠踊り」など各地の民謡を積極的に取り入れたのがこのシリーズの特徴。レギュラー陣は、東野英治郎の黄門様をはじめ、里見浩太朗の助さん、横内正の格さん、中谷一郎の風車の弥七、宮園純子の霞のお新、高橋元太郎のうっかり八兵衛と不動のメンバー。また毎回ストーリーを盛り上げるゲストには、植木等、ジュディ・オング、松坂慶子、沢田亜矢子、竹下景子、野際陽子、千昌夫、由美かおるら豪華メンバーが名を連ねる。第1回あらすじ…黄門様(東野英治郎)が松の枝おろしをしていて転落、腰を打って大さわぎ。家老・山野辺兵庫(大友柳太朗)にいわせると、すべては助さん(里見浩太朗)、格さん(横内正)、八兵衛(高橋元太郎)トリオの責任だ!折から弥七(中谷一郎)お新(宮園純子)の夫婦が江戸からご機嫌うかがいに。これさいわいと黄門様、二人を連れて湯治と称し、姿を消す。助さん、格さん、八兵衛がさんざん捜してやっと見つけたときにはすでに事件が発生していた。地蔵の湯の白坂屋藤兵衛(沢村宗之助)という男、娘客の路銀を盗み、宿銭不払いを理由に売りとばして悪どいかせぎ。一同協力して、奉行・矢吹伝八郎(南原宏治)をふくむ一味をやっつけたが、間一髪救出されたお秋(松原智恵子)、お春(村地弘美)の姉妹が北海道で行方不明になった父を捜す道中と聞くや、黄門様「わしが一緒に行ってやる」と北海道行きを決意。かくして黄門様一行は、お春も連れてはるばる8ヶ月の長旅の一歩を踏み出した…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】各回のサブタイトルは以下のとおり。第1回「水戸から消えた黄門さま-水戸・白河-」、第2回「姫君はにせ者-福島-」、第8回「ちゃんの土俵入り-青森-(「入」にルビ「い」が付く)」、第11回「津軽こぎん-弘前-」、第12回「忘れてしまった仇討ち-大館-」、第13回「泣くなわらしっこ-秋田-」、第14話「八兵衛殿様五万石-横手-」、第15話「大見得きった偽黄門-酒田-」。【役名(演技者)】水戸光圀(東野英治郎)、佐々木助三郎(里見浩太朗)、渥美格之進(横内正)、風車の弥七(中谷一郎)、霞のお新(宮園純子)、うっかり八兵衛(高橋元太郎)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1976/05/24~1977/01/10
放送時間 20:00-20:55 放送回数 34 回 連続/単発 連続
番組名 ナショナル劇場
主な出演 東野英治郎(1)(2)(8)(11)、里見浩太朗(1)(2)(8)(11)、横内  正(1)(2)(8)(11)、中谷 一郎(1)(2)(8)(11)、宮園 純子(1)(2)(8)(11)、高橋元太郎(1)(2)(8)(11)、村地 弘美(1)-(9)、和田 浩治松坂 慶子水原ゆう紀、(以下、非レギュラー大友柳太朗(1)、南原 宏治船上  爽南原 伸二)(1)、松原智恵子(1)、沢村宗之助(1)、田口  計(1)、新井 麗子(1)、西沢 利明(1)、市川男女之助(1)、堀内 一市(1)、広瀨 義宣広瀬 義宣)(1)、千葉  保(1)、出水 憲司(1)、重久  剛(1)、池田 謙治(1)、藤本 秀夫(1)(11)、大城  泰(1)、大倉 みほ(1)、木田とも子(1)、岡田 恵子(1)、大重 絹子(1)、上月  晃(2)、堀  雄二(2)、仁科 明子(2)、志垣 太郎(2)、深江 章喜(2)、外山 高士(2)、内田 勝正(2)、原田 清人(2)、海老江 寛(2)、武  周暢(2)、原 聖四郎(2)、笹  吾朗(2)、佐久間裕子(2)、佃  和美(2)、奥村 和恵(2)、森  秀人(2)、丸谷 剛士(2)、平河 正雄(2)、峰 蘭太郎(2)、土橋  勇(2)、小峰 一男(2)、川野千代子(2)、香川 桂子武内  亨太田 博之水上 保広高野 真二(正しくは「高」は「はしご高」)、柳生  博郡司  良宮本曠二朗吉田 柳児青木 義朗島田 正吾(3)、辰巳柳太郎(3)、日下 武史(4)、川地 民夫(5)、三木 聖子(5)、江幡 高志江波多寛児江波多寛志)(5)、西郷 輝彦(6)、岡崎 二朗(6)、浅野 真弓島田 淳子)(7)(9)、待田 京介(7)、林 美智子(8)、藤村 有弘(8)、伊藤 洋一(8)、富田仲次郎(8)、穂高  稔(クレジット表示では「高」は「はしご高」)(8)、武藤 章生(8)、北町 嘉朗北町 史郎北町 史朗)(8)、市村 昌治(8)、西山 辰夫(8)、石浜祐次郎(8)、高柳 裕之(8)、大木 晤郎(8)、浜  伸二(8)、疋田 泰盛(8)、友金 敏雄(8)、黛 康太郎(8)、元・逆鉾(8)、元・土師(8)、元・修羅王(8)、緒形 信義(8)、坂下 博志(8)、義江 亨一(8)、林   繁(8)、俊藤 吉郎(8)、寺崎 久時(8)、加藤 東浩(8)、井上 春男(8)、大塚 次夫(8)、中村 竹弥(9)(10)、伊藤のり子(9)、内田 朝雄(9)、大前  均(9)、三上真一郎(9)、穂積 隆信(9)、加藤  嘉(11)、岡田 英次(11)(20)、本阿弥周子(11)、石山 律雄(11)、山岡 徹也(11)、伊沢 一郎(11)(25)、久富 惟晴(11)、神山  寛(11)、大橋 荘多(11)、石見  栄(11)、伝法三千雄(11)、柳原久仁男(11)、志茂山高也(11)、山下 義明(11)、松原 健司(11)、野内 忠信(11)、古川 義信(11)、小坂 和之(11)、市川 滋子(11)、大友柳太朗大友柳太郎)(12)、南  道郎(13)、児島美ゆき(13)、水島道太郎(14)、三条 泰子(14)、多々良 純(15)、中野 誠也(16)、牧 よし子(16)、本郷  淳(16)、宇津宮雅代宇都宮雅代)(17)、千  昌夫(18)、ホーン・ユキ(18)、坂口 徹郎牧口  徹坂口祐三郎坂口  徹)(19)(34)、山口いづみ山口いずみ…誤り)(19)、稲葉 義男(19)(27)(34)、松坂 慶子(20)、佐々木 功ささきいさお)(20)、和田 浩治(21)(34)、松山英太郎(22)、北沢  彪(23)、杉田かおる(24)、岩永 一陽(24)、植木  等(25)、栗又  厚(25)、竹下 景子(26)、竹脇 無我(27)、風見 章子(27)、佐々山洋一(27)、東野 英心(28)、太田 博之(28)、花沢 徳衛(29)、佐野 浅夫(29)、毛利 菊枝(30)、樋浦  勉(31)、珠 めぐみ(31)、野際 陽子(32)、松山 省二(32)、麻田 ルミ(32)、高野 真二(32)、フランキー堺(33)、由美かおる(33)、榊原 るみアカデミー児童劇団(8)、劇団アカデミー(11)、(特技:宍戸 大全(1)(2)(8)(11))(擬斗:菅原 俊夫東映剣会)(1)(2)(11)、上野 隆三東映剣会)(8))(ナレーター:芥川 隆行(1)(2)(8)(11))
主な脚本 葉村 彰子(1)(2)(9)、大西 信行(32)、加藤  泰(8)(33)、さわさかえ広澤  栄廣澤  榮)(11)
主なプロデューサ 西村 俊一郡  進剛
主な演出 (監督:山内 鉄也(1)(2)(8)(9)(33)、内出 好吉(11)(32)、倉田 準二)(助監督:居川 靖彦(1)、矢田 清巳(2)(8)、渡辺  譲(11))(記録:川島 庸子
局系列 JNN
制作会社 (制作:C・A・L(C.A.L.))
制作協力 東映(東映京都制作所)、(協力:俳優座)
制作 (進行主任:山田  勝(1)(2)(8)、河野 荘一(11))(演技事務:本多 和雄)
音楽 木下 忠司、(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 里見浩太朗横内  正「ああ人生に涙あり」(作詩:山上 路夫、作曲:木下 忠司
撮影技術 萩屋  信(1)(2)(8)、羽田 辰治(11)、(照明:井上 義一(1)(2)、伊勢 晴夫(8)、真城  喩(クレジット表示では「喩」は「口」扁に「?」)(11))(録音:面屋 竜憲(1)(2)(8)、神戸 孝憲(11))(編集:河合 勝巳)(現像:東洋現像所
ビデオ TBS
美術 鈴木 孝俊、(題字:朝比奈宗源)(衣裳:東京衣裳)(美粧・結髪:東和美粧)(装飾:関西美工)(装置:国松)(津軽こぎん刺:前田 セツ(11))

Tag Cloud

黄門様 東野英治郎 八兵衛 里見浩太朗 宮園純子 中谷一郎 水戸 弥七 高橋元太郎 横内正 民謡 黄門 北海道 東北 青森 風車 葉村彰子 路銀 回遊ルート 一同協力 横手 捜す 沢村宗之助 大西信行 連れる 長旅 佐々木助三郎 連ねる 郡進剛 盛り上げる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供