• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ水色の時

信州松本を舞台に、凍死寸前の男を助けた少女と助けられた男の出会いで幕が開く。青春前期の若者たちと、青春をくぐり抜けてきた親たちの心の交流を描く。1年連続だった朝ドラが、この作品から半年間の放送に。映画「青春の門」に続き、大竹しのぶの出世作。【以上、「ステラ」(NHK出版刊)より引用】。当初主演には浅茅陽子が決まりかけていたが、浅茅がTBSテレビ小説「わたしはアキ」に出演が決まっていたため変更になった経緯がある。浅茅は次回作「雲のじゅうたん」に主演。大竹しのぶが連続テレビ小説の歴代最年少(17歳)のヒロインに選ばれ、映画「青春の門」での好演と相まってこの年の各新人賞を独占した。協力:松本市(1)。【役名(演技者)】松宮知子(大竹しのぶ)、松宮房子(香川京子)、松宮善一(米倉斉加年)、松宮俊彦(佐久田修)、松宮克彦(宮田真)、隅谷吾郎(篠田三郎)、岩沼隆一郎(大滝秀治)、春々亭久里丸(柳家小さん)、内田加代(三崎千恵子)、平塚文治(今福正雄)、平塚光恵(富田恵子)、平塚浩介(神有介)、平塚まり(ちあきなおみ)、今泉晋松(巌金四郎)、今泉恭子(原田美枝子)、水島三樹子(松本留美)、隅谷牧子(岩崎加根子)、高山昌之(丹波義隆)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(データ協力:高校教師(1)(61)(64)(65)(78)(86)(98)(103)(118)(128)(156))】【参考文献:webサイト「NHKアーカイブス」(2019/10/18閲覧、https://www.nhk.or.jp/archives/)】
キー局 NHK 放送曜日 月~土 放送期間 1975/04/07~1975/10/04
放送時間 08:15-08:30 放送回数 連続/単発 連続
番組名 連続テレビ小説(15)
主な出演 大竹しのぶ(1)、香川 京子(1)、米倉斉加年(1)、奈良岡朋子佐久田 修佐久田 脩)、宮田  真原田美枝子大滝 秀治(1)、篠田 三郎今福 正雄今福 将雄)、丹波 義隆三崎千恵子斉藤 美和斎藤 美和)、柳家小さん富田 恵子神  有介ちあきなおみ巌 金四郎松本 留美岩崎加根子佐藤蛾次郎佐藤 忠和)、日の下金太郎平井 道子芝田 清子里見 京子白坂 道子薗 千雅子園 千雅子)、本山可久子友部 光子石尾 和子園田 裕久江塚 朋子篠田 節夫宇佐美 豊荒牧 啓子黒須かおる黒須  薫)、笠井うらら石垣 光代藤田 安男荻原  紀永野 明彦、(語り:岸田今日子(1)、)
主な脚本 (作:石森 史郎(1))
主な演出 深町 幸男梶谷 典子八木 雅次江口 浩之山内  暁
局系列 NHK
制作会社 NHK
制作 成島 庸夫
音楽 桑原 研郎、(演奏:東京室内楽協会)(効果:広瀬 洋介今井  裕
主題歌 桜田 淳子「白い風よ」(作詞:石森 史郎、作曲:桑原 研郎、編曲:小谷  充)、(挿入歌:桜田 淳子「だからわたしは」)
撮影技術 益子 広司、(技術:加藤多満喜門上  猛
美術 小池 晴二吉保 舜三

Tag Cloud

大竹しのぶ 香川京子 浅茅 青春 神有介 宮田真 米倉斉加年 決まる 青春前期 松宮俊彦 高山昌之 平塚まり 平塚文治 亭久里丸 岩沼隆一郎 松宮克彦 今泉恭子 平塚光恵 松宮知子 主演 映画 助ける くぐり抜ける 梶谷典子 朝ドラ 成島庸夫 巌金四郎 経緯 佐久田修 大滝秀治

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供