• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ伝七捕物帳(第1回)母恋い太鼓(伝七捕物帳(日本テレビ版)(第1回))

中村梅之助が、江戸一番の御用聞「黒門町の伝七」を演じる痛快時代劇。黒門町の伝七は、北町奉行・遠山左衛門尉より「紫房の十手」を拝領している江戸一番の御用聞。本作はオーソドックスでありながらも、梅之助の個性を生かし、江戸庶民の人情味を織り込んだ捕物帳。事件解決後、2本の指で行う手締めや、伝七親分の「めでてえな」の掛け声が話題となった。【以上、ホームドラマチャンネル広報資料より引用】「江戸の町に「背中の彫りものを見せてくれ」という妙な幽霊が出没、町方もその探索にのり出した。黒門町の伝七(中村梅之助)の調べでは、幽霊にねらわれたのは、すべて背中に彫りものがある男で、しかも五年前に死んだ小吉(瀬良明)が彫った男ばかり。そこで伝七は、小吉の一人娘お久(鮎川いづみ)にあたった。勘太(高橋長英)や文治(今村民路)の聞き込みでは近所の評判がよいお久だが、二十三、四のお久に九歳にもなる芳松(寺田広巳)がいることに伝七は不審をいだいた。そんなおり、小吉が゛昇り竜゛を彫ったいかだ師が、一刀で殺された。また、お久母子をさらにあらった文治は、二人が実の母子でなく、芳松は由緒ある武家の子供であることを突き止めた。幽霊を装って小吉の彫りものを探す犯人は、小吉の彫りものに隠された秘密は、そしてお久母子にふりかかった運命は…。【この項、ユニオン映画広報資料より引用】」連続ドラマ『伝七捕物帳』(放送期間1973/10/02~1977/10/11、全160回)の第1回。1979年からテレビ朝日でも同名ドラマが放送されており、それと区別するため「日本テレビ版」と付記している。【役名(演技者)】黒門町の伝七(中村梅之助)、がってんの勘太(高橋長英)、お美代(紀比呂子)、かんざしの文治(今村民路)、小春(和田幾子)、藤助(中村靖之介)、ちょろ松(稲吉靖司)、赤っ鼻の五平(瀬川新蔵)、新吉(続木太郎)、お玉(呉恵美子)、早瀬市之進(北相馬宏)、お久(鮎川いづみ)、大月左近(竜崎勝)、お葉(加茂良子)、芳松(寺田広巳)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1973/10/02~1973/10/02
放送時間 20:00-20:55 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 中村梅之助4代目)、高橋 長英紀 比呂子今村 民路和田 幾子中村靖之介稲吉 靖司瀬川 新蔵続木 太郎呉 恵美子北相馬 宏、(以下、非レギュラー鮎川いづみ鮎川いずみ)、竜崎  勝龍崎  勝)、加茂 良子寺田 広巳瀬良  明綾川  香綾川 志剛)、島田 敬一矢田  稔篠田 敏夫猪野剛太郎安原 義人関  富也山田 博幸有賀ひろみ山口グループ
主な脚本 桜井 康裕櫻井 康裕桜井 庚祐
主なプロデューサ 増井 正武鈴木  潔森田 義一(NTV)
主な演出 (監督:奥中 惇夫)(助監督:長谷川 洋)(殺陣:山口 博義
原作 陣出 達朗
局系列 NNN
制作会社 (製作:ユニオン映画)
制作協力 (協力:バリアンツ、前進座)
制作 (制作担当:長谷川朝次郎)
企画 中井  景バリアンツ)、野崎 元晴(NTV)
音楽 小川 寛興、(映広音響
主題歌 橋  幸夫「向こう通るは」(作詞:千家 和也、作曲:吉田  正)(ビクターレコード)、橋  幸夫「江戸の花」(作詞:千家 和也、作曲:吉田  正)(ビクターレコード
撮影技術 北泉  成、(照明:大西美津男)(録音:宮永  晋)(編集:西島  豊)(色彩計測:野口幸三郎)(東洋現像所
ビデオ VHS:発売済
美術 松井 敏行、(八木かつらおかもと技粧東京衣裳高津映画装飾、東京テレビアート)

Tag Cloud

小吉 中村梅之助 伝七 彫り 芳松 高橋長英 彫る 文治 黒門 久母子 御用聞 紀比呂子 幽霊 陣出達朗 鮎川いづみ 寺田 江戸 勘太 背中 桜井康裕 村民路 掛け声 昇り竜 がってん 五平 織り込む 調べ 親分 中井景

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供