• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ太陽の涙

海外旅行の添乗員と孤独な老人との心の交流を通してさりげなく「親孝行」というテーマが展開されていく。【以上、ホームドラマチャンネル広報資料より引用】カラー放送。【参考文献:小倉一郎著「みんな、いい人」(1995/07/15、太陽企画出版刊)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1971/12/07~1972/05/30
放送時間 21:00-21:30 放送回数 26 回 連続/単発 連続
番組名 日産火曜劇場 木下恵介アワー(10)
主な出演 加藤  剛(3)(7)、山本 陽子(3)(7)、浜村  純(3)(7)、三島 雅夫(3)、菅井 きん(3)(7)、長浜 藤夫沢田 雅美(3)(7)、小倉 一郎(3)(7)、鍋谷 孝喜(7)、小峰 陽子(7)、大西 千尋(7)、馬渕 晴子馬淵 晴子)、村瀬 幸子小笠原良知小笠原良智)、早川 純一山本 豊三森野 五郎(3)、日野 道夫(3)、杉山とく子杉山 徳子)(3)、高木 信夫(3)、渡辺 紀行(3)、浅若芳太郎桐原  新鹿野浩四郎稲川 善一畠山  麦小田草之介小田草之助)、豊田 広貴(3)、稲川 善一(3)、(協力:俳優座(3)(7))(ナレーター:矢島 正明(3)(7))
主な脚本 木下 恵介木下 惠介)(3)(7)
主なプロデューサ 小梶 正治
主な演出 (監督:大槻 義一(3)(7)、川頭 義郎木下 恵介木下 惠介)、中新井和夫菱田 義雄)(助監督:岩城其美夫(3)、中新井和夫(7))(記録:森崎 則子
局系列 JNN
制作会社 木下恵介プロダクション、松竹(テレビ部)、TBS、(代理店:博報堂(クレジット表示なし))
制作 木下 恵介(木下 惠介)、(進行:戸井田康国)(制作主任:石和  薫)
音楽 木下 忠司、(調音:松竹録音スタジオ)
主題歌 有賀 公彦「太陽の涙」(作詞:尾中美千絵、作曲:木下 忠司
撮影技術 小原 治夫、(編集:岸田 和司)(録音:鈴木  功)(照明:福岡 昭男)(現像:東洋現像所
HP
美術 猪俣 邦弘、(装置:秋元 重矩)(装飾:安田道三郎)(結髪:細井 栄子)(衣裳:東京衣裳)(衣裳協力:万兵

Tag Cloud

加藤剛 木下恵介 山本陽子 浜村純 親孝行 添乗員 小梶正治 海外旅行 三島雅夫 老人 交流 小峰陽子 大西千尋 カラー放送 菅井きん テーマ 展開 鍋谷孝喜 木下忠司 森野五郎 小笠原良知 長浜藤夫 山本豊三 馬渕晴子 早川純一 沢田雅美 村瀬幸子 小倉一郎 TBS

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供