• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ終戦記念番組 24才 その9 その夏の日に

原爆に被爆した女性がたどる24年間の戦争の足跡と未来の生き方を描く。享は十数年ぶりにある決意をもって広島の静江を訪ねた。その夜、享は広子と会い、広子の生い立ちから本当の母親のこと、その時の様子、そして広子も被爆者であることを話す。広子はかなり動揺するが事実を冷静に受け止め、話してくれたことを感謝する。翌朝、晴れやかな顔で享を見送り、贈り物として一晩かけて縫ったシャツを手渡す。享の目には話してよかったという満足感から涙があふれ出る。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】カラー作品。TBSチャンネル広報資料では、原作・俵萠子と記載されている。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1969/08/10~1969/08/10
放送時間 21:30-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第661回)
主な出演 長山 藍子乙羽 信子田村 高廣田村 高広)、南風 洋子前田  吟石崎恵美子中島  葵塩崎 景子斉藤 信也前田  吟郡司ちえ子石井 富子石井トミコ)、松沢 澄枝友近 恵子高杉 哲平近松 敏夫名川 貞郎岩城 和男山本  武中島  元市原 信義
主な脚本 山田 洋次
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 宮武 昭夫
原作 今西 裕行「ひろしまのうた」
局系列 JNN
制作会社 TBS
HP

Tag Cloud

広子 長山藍子 乙羽信子 話す 山田洋次 田村高廣 満足感 TBSチャンネル... 謝する 縫う 被爆者 贈り物 被爆 前田吟 受け止める 生い立ち 原爆 見送る 揺する 足跡 手渡す 静江 たどる 宮武昭夫 カラー作品 本当 南風洋子 生き方 戦争 郡司ちえ子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供