• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データさつきさん

男のような格好で子どもとばかり遊び、大人の世界に見向きもしない女性のロマンスを描く。主演の南風洋子は本作出演を回顧している。「当時、映画スターはテレビへの出演を敬遠していましたが、私は、新しいものに興味があって、日本テレビで初のホームドラマ(『さつきさん』)に出演しました。文学座の北村和夫さんや、亡くなった小池朝雄さんたちとごいっしょでした。当時のテレビは、いい作品をつくろうと局の人たちみんな意欲に燃えていました。新しい産業ですから、活気があってすばらしかった。撮影所に帰ったとき、私は「うかうかしていたら、テレビに負けちゃうわよ。テレビの人たちはすばらしいわよ」って、まだ小娘の私が、宣伝部の人やプロデューサーにそんなえらそうなことを言ってました。鼻持ちならなかったでしょうねぇ。でも、結局は現実になりました。スタートしたばかりのテレビ界は、みんな若くて、映画から吸収しようと必死で勉強していらして、本当に素敵でした。【この項、南風洋子著「涙を真珠にかえて」(新日本出版社刊)より引用】」一部資料では、1953/10/29放送終了と記載されているが、1953/12/04にまだ放送されていることが確認されているため誤り。【参考文献:南風洋子著「涙を真珠にかえて」(2007/11/05、新日本出版社刊)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1953/10/16~
放送時間 13:00-13:15 放送回数 連続/単発 連続
主な出演 南風 洋子村上 冬樹荒木 玉枝志摩 燎子北村 和夫小池 朝雄
主な脚本 梅田 晴夫
主な演出 池田 義一
局系列 NNN
制作会社 NTV

Tag Cloud

南風洋子 テレビ 村上冬樹 すばらしい 梅田晴夫 荒木玉枝 人たち うかうか 北村和夫 えらい 新しい 敬遠 出演 志摩燎子 意欲 格好 さつき 文学座 回顧 いっしょ 池田義一 遊び プロデューサー 負ける 現実 亡くなる 放送終了 映画 子ども 誤り

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供