• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ下北サンデーズ(誤り…下北沢サンデーズ)

サブカルチャーの聖地、東京・下北沢を舞台に、貧乏な劇団員たちの生きざまを描く青春群像劇。有名大学の進学が決まっていながら一転、劇団員から女優を目指し、貧乏生活を送る女性の活躍を描く。「小劇団の街・下北沢を舞台に繰り広げられる新感覚の青春群像劇。千葉大理学部への入学を控え、山梨から上京した里中ゆいか(上戸彩)。名門大学での新生活が始まるというのに心はなぜか弾まない。そんな中、入学説明会の壇上で思わぬハプニングが発生。会場にこっそり潜入した劇団「下北サンデーズ」の面々がハチャメチャなPRを始めたのだ。場内が騒然とする中、ゆいかは不覚にも大笑いしてしまう。さらに自宅で劇団のHPにアクセス。そのインパクトに引きつつも、なぜか引き込まれて、つい公演日程までもチェック。日曜日、結局ゆいかは劇団のある下北沢まで来てしまうが…。【この項、テレビ朝日広報資料より引用】」視聴率が低迷したため、放送回数が短縮された。「親元を離れ、千葉大理学部に入学したばかりの内向的な少女・里中ゆいか(上戸彩)が、ひょんなことから下北沢にある小劇場の劇団「下北サンデーズ」に入団。才能を開花させてゆく彼女とともに、低迷していた劇団も成功の道を歩み始める。物語の前提条件となっている、下北沢でいちばん大きい「本多劇場」(実在)を高校野球の甲子園のように崇め、そこでの公演を目標とするという登場人物たちの感覚は、視聴者の大多数に理解されるものとはいいがたかった。そもそも小劇場の演劇というものじたいが、多くの人には縁遠い存在だった。制作のオフィスクレッシェンド作品特有の小ネタも、演劇に関心がある人と、下北沢に土地勘がある人以外には分かりにくく、総じて仲間内、内輪向けの内容に終始し、テレビという大きな市場では無理があったことは否めない。結果、視聴率は低迷し、10回放送の予定が一回短縮・全9話という結果となった。ただし主演の上戸彩の仕事は注目に値する。『エースをねらえ!』『アタックNO.1』『アテンションプリーズ』など、漫画原作の性格が極端な人物を演じることが続いていた上戸が、本作ではふつうの少女に扮し、劇団での活動を通して精神的に成長していくさまを、たしかな演技でかたちにした。【この項、文・練馬大根役者】」各話サブタイトルは以下の通り。第一回公演「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?」、第二回公演「ビバリーシモキタ高校白書」、第三回公演「仁義なき戦い~下北女優戦争」、第四回公演「世界はサンボを座長と呼ぶんだぜ!」、第五回公演「下北キャンディキャンディ!」、第六回公演「ブルマなユイカが下北を回す!」、第七回公演「僕ら薔薇薔薇…という感じ?」、第八回公演「サルたちのシモキタザワ」、最終公演(第九回)「さよならサンデーズ」。第1回は拡大版(木曜21:00~22:09)。車輌・田和田正光、宇津木 清、青木  洋。撮影協力・下北沢一番街商店街(1)-(9)、下北沢南口商店街(1)-(9)、下北沢あづま通り商店街(1)-(9)、しもきた商店街(1)-(9)、本多劇場グループ(1)-(9)、OFF・OFFシアター(1)-(6)、駅前劇場(1)-(6)、ザ・スズナリ(6)-(9)、「劇」小劇場(8)、本多劇場(9)、千葉大学(1)-(9)、旅館陣渓園(1)-(8)、藤野フィルムコミッション(1)-(8)、小田急電鉄株式会社(1)(2)(7)、飯田橋生花市場(1)-(9)、KEIO(1)(2)、東日本旅客鉄道(1)、メトロマニラクラブfaces(1)(3)、城南予備校(1)、UGA(1)-(3)、国土地理院(1)、東京デジタルマップ(1)、(財)リモート・センシング技術センター(1)、GCG(2)、松屋(2)、てあとるらぼり(4)(5)、新勝浦市漁業協同組合(4)、信濃屋(4)、新宅和(5)、博文堂書店(5)(6)(8)、ファーストキッチン下北沢店(5)、A-プライス高井戸店(5)、DRAMA(6)、岩ばん浴楽園(6)、大黒湯(6)、麻雀華(6)(9)、ジャックポットプランニング(7)、もみじ亭(7)、hisie(7)、MAAN CLUB下北沢(7)、調布病院(8)、Rguitars(8)(9)、少年王者館(8)、IMAホール(9)、マリナーズコート東京(9)、MAX COFFEE(9)ほか。協力・池田屋(1)-(9)、タムコ(TAMCO)(1)-(9)、阿云(云は正しくは口偏)(1)-(9)、IMAGICA((1)(2)ではイマジカ)(1)-(9)、アックス(1)-(9)、緑山スタジオ・シティ(1)-(9)、キング江戸川橋スタジオ(1)-(9)、ヴェントゥオノ(1)-(9)、日本照明(1)-(9)、麻生リース(1)-(9)、月歌舎(1)-(8)、劇団ネコ脱出(1)、劇団空間ゼリー(1)、劇団青春事情(1)、千葉大学写真部の皆様(5)、松屋貴臣さんとその仲間たち(5)、山と渓谷社(6)、スーパードライバーズ(9)。写真提供:日本モンキーセンター(撮影:加藤  章)(1)-(3)(6)(8)。医療指導・今井  寛(8)。ピエロ指導・栗原  一(9)、ごっちくん(9)、アッキー(9)。モンキーパフォーマンス指導・三木ヒロシ(8)。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2006/07/13~2006/09/07
放送時間 21:00-21:54 放送回数 9 回 連続/単発 連続
番組名 木曜ドラマ
主な出演 上戸  彩佐々木蔵之介北村総一朗古田 新太佐田真由美藤井フミヤ藤井 郁弥)、竹山 隆範カンニング竹山)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(1)-(4)(6)-(9)((4)は写真のみ?)、堀 まゆみ堀  真弓)、山口紗弥加石垣 佑磨大島 美幸森三中)、松永 京子楊原 京子)、高部 あい金児 憲史半海 一晃木野  花(1)-(8)、黒沢かずこ森三中)(1)-(6)(8)(9)、三宅 弘城藤ヶ谷太輔ジャニーズJr.)、野添 義弘岩尾万太郎眼鏡 太郎辻   修龍坐信川 清順みのすけ(3)、吉行 和子(4)(9)、蛭子 能収(5)(9)、池田 鉄洋(5)-(9)、峯村 リエ(7)、藤田 秀世(7)、京本 政樹(友情出演)(8)(9)、本多 一夫(8)(9)、光石  研(9)、山崎 樹範(9)、(トラッシュ・ガービッジ・中津留章仁小林 一英吹上タツヒロひわだこういちカゴシマジロー粕谷 吉洋)(犬☆魂・西永 貴文井澤 崇行秋枝 直樹たくませいこ及川水生来中島  徹佐々木光弘(5)-(9))、五味 涼子(2)-(5)(7)(9)、末野 卓磨(2)-(5)(7)(9)、谷津  勲(1)、桑島真里乃ゆいか(子役))(1)(3)、伊藤 大輔(1)、久保田寛子(1)、松木 研也(1)(クレジット表示なし)、小野塚 老(2)(3)、成元 一真(3)、大滝麻紀子(3)、安永 彩乃(3)、渡邉 昌宏(3)、岡元 次郎(3)、三箇 一稔パークマンサーダンシング刑事サンガパークサンガー三代目パークマンサー)(3)、石川 裕司(3)、益田 哲夫益田 てつ)(3)、甲斐 将馬(3)、田中 和史オキシジェン)(3)、三好 博道オキシジェン)(3)、武田まる実(4)、横山美智代(4)、才藤 了介(4)(8)、土田アシモ持田  篤)(4)(8)、土井よしお(4)、渡  洋史(5)、杉崎 政宏(5)、瀬戸 将哉(5)、田中 啓三(5)、小西 康久(5)、日比 大介(5)、澤木明日香(5)、田所 二葉(5)、渡部慎一郎(5)(6)(9)、石塚 初美(5)、伊藤 雅子(5)、かねこはりい(5)、屋良  学(5)(6)(9)、門井ゆりか(5)、三村 恭代(6)、立川志の吉(6)、笹本 昌幸(6)、ヒロキ(6)、宮本 悦朗(7)、久保田寛子(7)、松原 亜希(7)、入月 謙一(7)(8)、田代 純子(7)、浜野 真里(7)、星月まゆら(7)、七海かおる(7)、高岡 良平(7)(9)、奈賀 毬子(7)(9)、山咲 小春(7)、樹  真期(7)、長宗我部陽子(8)、渡辺 憲吉(8)、松本 莉奈(8)、千葉 雅子(9)、萬野  展(9)、小林 令門(9)、鈴木小百合(9)、松尾 貴臣(9)、小桜セレナ(クレジット表示なし)、大塩 ゴウ(クレジット表示なし)、渡辺慎一郎(クレジット表示なし)、芸優(1)-(9)、芸プロ(1)-(9)、劇団東俳(1)(2)、東俳(5)(7)(8)、稲川素子事務所(1)-(9)、放映プロ(3)(4)、放映プロジェクト(5)-(9)、ジャパンアクションエンタープライズ(1)-(9)、ラザリス(2)、オスカープロモーション(3)、クラップ&ウォーク(3)-(9)、大日本プロレス(5)、宝井プロジェクト(9)、(Thanks To・ナイロン100℃(9)、トラッシュ・マスターズ(9)、猫☆魂(9)、月歌舎(9)、ラフタフ(9)、チロリアンハウス(9)、IQ5000(9)、明日図鑑(9)、空間ゼリー(9)、ネコ脱出(9)、劇団青春事情(9)、アンチ☆ヒール隊(9)、劇団男魂(9))(カースタント・野呂 真治(9))(タイトルナレーション・中村  正(1)-(9)((1)-(8)では表示なし))
主な脚本 河原 雅彦(1)-(9)、三浦有為子(3)(4)(7)(8)、中都留章仁(5)、西永 貴文(6)
主なプロデューサ 市山 竜次オフィスクレッシェンド)、桑田  潔(EX)、(プロデューサー補((1)ではプロデュース補)・高野  渉沢辺 惠美)(宣伝・平野 三和箕田 夕佳蓮実 理奈)(ホームページ制作・新井 麻実中世古裕美前田 秀彦海老原誠二)(スチール・高島 一夫
主な演出 堤  幸彦堤ユキヒコ)(1)(2)(5)(6)(9)、丸毛 典子(3)(4)、木村ひさし木村  尚)(7)(8)、(演出補・木村ひさし木村  尚)(1)(2))(監督補・木村ひさし木村  尚)(5))(助監督・加藤 伸一(1)-(9))(監督助手・芝崎 弘記崎は正しくは山偏に竒)(5)-(9)、向井  澄古林淳太郎黒田 健介二宮  崇新徳 幸治橋本 尚幸中  治人)(記録・奥平 綾子奥平 紋子)(1)(2)(5)(6)(9)、田中 槙乃(3)(4)(7)-(9))(アクションコーディネーター・諸鍛冶裕太(5)-(9))(日舞指導・藤間悠千代(1)-(9))(ダンス振付・成瀬  友(1)-(5)(7))(振付・MISA(3)(4)、ナツ(4))(劇団稽古指導・入月 美樹(1)-(7)(9)、入月 謙一(9))(落語指導・立川志の吉(5))
原作 石田 衣良「下北サンデーズ」(幻冬舎刊((1)(2)ではパピルス(幻冬舎)連載中)、(原案・石田 衣良藤井フミヤ堤  幸彦)(原案協力・長坂 信人オフィスクレッシェンド))
局系列 ANN
制作会社 オフィスクレッシェンド、EX
制作 (制作担当・朝比奈真一(1)-(9))(制作主任・高橋 輝光(1)-(9))(制作進行・野村 友紀、二宮 孝平、立石 倫子)(仕上担当・瀧  悠輔)(制作管理・本田 節子)(制作デスク・大護亜紀子、栗本  綾)
企画 (編成・藤川 克平(1)-(9)、島川 博篤(1)-(9)、長谷川主水(1)-(9)、中川 雄介)(企画協力・古賀 誠一オスカープロモーション))
音楽 屋敷 豪太、(サウンドデザイン・志田 博英)(音響効果・亀森 素子)(MA・佐藤 一誠(1)-(6)(8)(9)、村山  功(7))(音楽制作協力・RAWGUNS)(音楽コーディネート・倉中  保)(音楽協力・テレビ朝日ミュージック)
主題歌 藤井フミヤ藤井 郁弥)(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)「下北以上 原宿未満」(作詞・藤井フミヤ、作曲・藤井フミヤ佐橋 佳幸
撮影技術 斑目 重友(1)-(9)、坂本 将俊杉山 紀行山田 洋和、(技術プロデュース・池田 治道)(映像・中村 寿昌(1)-(9)、船山 道夫竹下しづか楠部 達也小出 秀久徳永 一馬)(撮影助手・田川真之介今宮 健太桜井 正樹古城 正智)(照明・川里 一幸)(照明助手・下川 徳昭五十嵐敏也町田 真祐高橋みづき塙  秀彦斉藤 正雄中島まり子)(音声・植村 貴弘(1)(2)(5)(9)、臼井 久雄(3)(4)(6)(9)、小岩 英樹(7)(8)(9))(音声助手・松尾 亮介玉川 省一仲山 一也重松健太郎笠松 俊介乙部 直樹)(編集・大野 昌寛)(オフライン編集・山口 牧子)(編集助手・折田 祐介)(現場編集・似内 千晶)(CG・稲葉 貞則佐藤 秀樹)(デジタル合成・永吉 敬文富井  真小部 昌史高橋 未希笠原 光久木村 祥明格内 俊輔)(予告編集・多胡 由章
HP
美術 (美術デザイン・YANG仁栄梁  仁栄))(美術プロデューサー・小林 民雄)(美術制作・齋藤 幸雄)(美術進行・安楽 信行)(装飾・田村 隆司(1)-(9)、木村 孝洋村上  大)(持道具・矢倉 秀隆(1)(2)(9)、市川ゆかり(3)-(9))(装置・中尾 政治)(操作・木下 真哉下原 直樹)(建具・大崎 健一(1)-(3)、樋口 一夫(4)-(9))(植木・五十嵐幹治)(生花・遠山  徹)(電飾・三澤 靖明三沢 靖明))(ヘアメイク・西田 理香(1)-(9)、遠藤 敏子(3)-(9)、中澤 尚子)(衣裳・岩本起法子(1)-(9)、寺田 博祐)(操演・羽鳥 博幸)(レタリング・飯塚 孝志)(ポスターデザイン・石田  愛)(サンデ〓〓デザイン・入月裕美子)(タイトル写真・齋藤 清貴)(書道・樋口 一翠(1)(2))(美術車輌・水内 清貴

Tag Cloud

公演 上戸彩 劇団 小劇場 下北沢 ゆく 低迷 下北サンデーズ 千葉大理学部 佐々木蔵之介 本多劇場 松屋 青春群像劇 河原雅彦 演劇 短縮 入学 三浦有為子 感覚 中都留章仁 アタックNO 宅和 劇団ネコ脱出 CLUB下北沢 少年王者館 名門大学 北村総一朗 市山竜次 視聴率 貧乏生活

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供