• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ刑事鬼貫八郎(18)最終章 真夜中の乗客(新聞ラテ欄表記…刑事鬼貫八郎ファイナル(18)真夜中の乗客! コロンボ凌ぐ名推理!?糖尿刑事が泣いた黒衣女と死体トリック)

中野区内の道路に止めてあった車の中から、宝飾店『深澤宝飾』の経理を担当している桜木義文(小倉一郎)の他殺死体が見つかった。検証の結果、車は桜木のものであったが、殺害現場は別の場所。桜木は、昨年死亡した寝たきりの姑を8年も介護し続けた妻・今日子(中田喜子)と、一人暮らしの娘・由香(楊原京子)の3人家族。今日子の話によると、桜木はその日、客の接待ゴルフで社長の深澤美和子(北原佐和子)と箱根に行っていた。美和子は、夫が6年前に死亡したのを機に社長を引き継ぎ、以前信金勤務だった桜木を片腕にして会社を切り盛りしてきた。鬼貫(大地康雄)らの事情聴取に対し、美和子は、客らと都内に戻り、食事の後に解散して、そのまま世田谷の自宅に戻ったと話した。事件の第一発見者で鍼灸師の角間春江(白石加代子)は、死体に気付く前、現場からサラリーマン風の男がタクシーを拾って消えたと話した。ところが、見つかったタクシーの運転手・山田理恵(中島ひろ子)は、客を乗せて世田谷の億ションで降ろしたが、その人物がセレブ風の女だったと証言。首実検で、理恵が、美和子を「あの女に間違えない」と告げたことから、捜査陣は美和子を「ホンボシ」と見て裏付け捜査を開始した。【以上、日本テレビ広報資料より引用】『刑事鬼貫八郎』シリーズの最終作。協力(クレジットでは項目名の表示はなし):ケイエッチケイアート、東宝コスチューム、マエダオート、アイアール、アーツ、新音楽協会。撮影協力:湘南藤沢フィルムコミッション、アーバンホール東京ベイ、アーバンフューネスコーポレーション、ジャック・ホールディングス、日本医学柔整鍼灸専門学校、地どり屋初台店、宝石店ジェニー南青山、グリーンキャブ。【役名(演技者)】鬼貫八郎(大地康雄)、鬼貫良子(左時枝)、桜木今日子(中田喜子)、角間春江(白石加代子)、碓永道夫(羽場裕一)、深澤美和子(北原佐和子)、黒川課長(天田俊明)、山田理恵(中島ひろ子)、鬼貫真奈美(須藤温子)、桜木義文(小倉一郎)、桜木由香(楊原京子)。【データ協力:たかし】《4:3》
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2005/09/20~2005/09/20
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 大地 康雄左  時枝中田 喜子白石加代子羽場 裕一北原佐和子天田 俊明中島ひろ子須藤 温子小倉 一郎楊原 京子水木  薫春田 純一十貫寺梅軒森本  浩有本 梨花桑原 和生木村 知幸高仁 和絵黒田 浩二高松  潤小清水一揮、トライアルプロダクション
主な脚本 坂上かつえ
主なプロデューサ 大野 哲哉服部比佐夫平松 弘至、(プロデューサー補:大槻  歩)(広報:神山喜久子)(スチール:副田 宏明
主な演出 (監督:山田 大樹)(助監督:落合  崇)(記録:吉田 純子
原作 鮎川 哲也
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:国際放映)(制作:NTV)
制作 (制作担当:山本 礼二)
企画 (番組デスク:青山 和永
音楽 吉川 清之(正しくは「吉」の「士」は「土」)、(効果:橋本 正二)(選曲:山本 逸美)(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:森山直太朗「小さな恋の夕間暮れ」(作詞:森山直太朗御徒町凧、作曲:森山直太朗御徒町凧、編曲:渡辺晋太郎)(ユニバーサルミュージック))
撮影技術 上林 秀樹、(照明:堀  直之)(録音:川田  保)(VE:三坂 裕之)(編集:松竹 利郎)(EED:荒井 和紀)(技術協力:映広
HP
美術 安藤  篤、(装飾:鈴木 清倫長田 征司)(持道具:横尾 正美)(衣裳:高知尾博幸)(ヘアーメイク:立沢 恵子菱沼 佳子(中田喜子担当))

Tag Cloud

大地康雄 桜木 鮎川哲也 美和子 白石加代子 中田喜子 深澤美和子 桜木義文 角間春江 楊原京子 左時枝 世田谷 北原佐和子 中島ひろ子 小倉一郎 タクシー 坂上かつえ セレブ風 山田理恵 死亡 社長 グリーンキャブ 鍼灸師 ホンボシ 話す 見つかる 戻る 道路 大野哲哉 今日子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供