• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ下町・銭湯騒動記(4)

新平(西岡徳馬)が管内で発生した殺人事件で出勤する中、宝田家に、恭介(森本レオ)の会社の後輩・小関裕太(甲木雅裕)が内藤美春(高橋かおり)という彼女を連れて遊びにきた。花屋に勤めているという美春は、香代子(泉ピン子)や舞子(熊谷真実)も一目で気に入った気立てがいい女性。そして、話が進むうち、美春と宝田家の意外な関係が明らかになった。25年程前、夫に先立たれて生活が苦しかった美春の母・綾乃(舟木幸)は、当時6歳の美春を道連れに、吾妻橋から身を投げようとしたことがあった。その時、声を掛け、家に連れて行って面倒を見たのが恭介の父親・松吉(渡辺哲)だったのだ。宝田家の明るい家庭を目の当たりにした綾乃は、生きる勇気をもらって帰ったらしいのだ。まもなく、仕事から戻った新平の話から、捜査中の事件の内容が明らかになった。富士の湯に近い公園で起きた事件の被害者は、神奈川県三崎市在住で、3年前定年で刑事を辞めた秋山常吉(山田吾一)。ホテル関係者の話によると、秋山は、何かを一人で調べていたらしかった。翌日、秋山が働いていた三崎署を訪ねた新平は、秋山の目的を知った。17年前、神奈川県全域で詐欺事件が多発。秋山は熊谷という容疑者を追ったが、事件は結局、時効となった。ところが、2ヶ月前、熊谷が東京の浅草にいたとの目撃情報。秋山は、警察が動かないと知り、一人で捜査を始めたらしいのだ。【以上、日本テレビ広報資料より引用】協力:サニー企画、三浦市 政策経営室、明神湯、京浜急行電鉄。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】《4:3》
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2004/02/17~2004/02/17
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 泉 ピン子熊谷 真実森本 レオ山田 吾一西岡 徳馬西岡 德馬)、高橋かおりベンガル渡辺  哲岡本 信人石井 愃一鷲尾真知子石井トミコ石井 富子)、甲本 雅裕大沢さやか小野ヤスシ三角 八廊梅津  栄大和なでしこ杉村  暁コアラ水町レイコ阪上 和子和田 幾子舟木  幸石沢  徹伊藤 昌一氏家  恵嶋田  豪根本 博成荒木 優騎井上 夏葉柳下 季里高松  潤佐々木麻緒小泉 奈々田中はるか宮里  駿白川 純瓶八木  萌、トライアルプロダクション、ファーストプロモーション、セントラル子供タレント
主な脚本 坂上かつえ
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:梅原  幹)(プロデューサー:佐光 千尋金田 和樹石坂久美男里中 哲夫)(AP:恩田  浩)(広報担当:神山喜久子)(スチール:宮田  薫
主な演出 (監督:吉川 一義)(演出助手:松田 康洋飛田 一樹)(助監督:武内 孝吉)(殺陣:二家本辰己)(記録:高橋扶佐緒(正しくは「高」は「はしご高」))
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:近代映画協会)(制作:NTV)
制作 (制作担当:塚本 貞重)(制作主任:吉崎 秀一)(制作進行:大熊 敏之、岩下  智)
企画 酒井 浩至(NTV)、(番組デスク:大下 由美
音楽 福井  峻、(MA:荒川  望)(選曲:合田  豊)(効果:橋本 正二)(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:一青  窈「ハナミズキ」(作詞:一青  窈、作曲:マツコタツロウ、編曲:武部 聡志)(コロムビアミュージックエンタテインメント))
撮影技術 藤本  茂、(照明:大石 弘一)(録音:今井 善孝)(VE:角本 輝夫)(編集:渡辺 行夫)(EED:白水 孝幸)(撮影助手:中島  敬)(CA:谷  正徳)(照明助手:山岸 清海町田 修一吉野 貴俊)(録音助手:林  昭一五十嵐 圭)(協力:ビデオフォーカス)
美術 河合 良昭、(小道具:小田 正志)(持道具:高尾 研吏)(美術助手:新谷 幸代)(衣裳:竹内  修中村 美保)(ヘアメイク:青木千枝子小林 祐恵スタッフエヌエス))(協力:東宝コスチュームアイ・アール

Tag Cloud

美春 秋山 宝田家 新平 泉ピン子 熊谷真実 熊谷 恭介 森本レオ 坂上かつえ 神奈川 三崎署 西岡徳馬 連れる 事件 高橋かおり 気立て 捜査 京浜急行電鉄 在住 綾乃 花屋 三浦 苦しい 舟木幸 知る 福井峻 辞める 酒井浩至 進む

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供