• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ天国の父ちゃんこんにちは その16

紡績会社の課長だった夫の病気中、日比野都(森光子)は下着の行商をして細々と家計を助けていたが、夫に死なれて都の商売は、にわかに熱のこもったものとなった。高校生の娘・律子(二木てるみ)と中学生の息子・健(松山省二)を抱えながらも、毎日、忙しく働いていた。家は貧しくても、明るく素直に育った子供たちに励まされ、都は商売を大きくしようと頑張るのだが、その日の暮らしに精一杯で資金に手がまわらない。そんな時、市の福祉課で未亡人が働くための20万円を融資する仕組みを知り、都は早速、申し込んだ。周囲の協力もあって、20万円を借りられた都は、さらに商売に精を出す。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】一部資料では、1971/07/14放送と記載されている。【役名(演技者)】日比野都(森光子)、律子(二木てるみ)、健(松山省二)、沢井長治(勝呂誉)、藤井(園佳也子)、一郎(頭師佳孝)、かわい寿司おやじ(田武謙三)、若大将(浅香春彦)、川崎(渡辺千世)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1971/07/11~1971/07/11
放送時間 21:30-22:26 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第761回)
主な出演 森  光子二木てるみ松山 省二松山 政路)、勝呂  誉園 佳也子頭師 佳孝田武 謙三浅香 春彦渡辺 千世大坪日出代梅屋かほる高木 俊子森田 育代、(方言指導:黒田 郷子
主な脚本 小松 君郎
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 鴨下 信一
原作 日比野 都
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:TBS)
音楽 石松  晃、(音響効果:伴田 六和
撮影技術 (技術:永田 俊昭)(映像:今井  克)(カラー調整:佐藤 文亮)(照明:加藤 静夫)(音声:高橋  進
美術 (美術制作:小糸 正雄)(装置:八木 恵一

Tag Cloud

日比野都 森光子 二木てるみ 松山省二 商売 小松君郎 勝呂誉 園佳也子 頭師佳孝 息子・健 紡績会社 寿司おやじ 行商 下着 働く まわる 仕組み 石松晃 藤井 融資 大将 かわいい 忙しい 病気 借りる 貧しい 中学生 高校生 育つ 鴨下信一

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供