• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ遊撃戦 (遊撃隊…誤り、遊撃…脚本時タイトル)

第二次世界大戦中の中国を舞台に日本軍の破壊活動を描いた戦争もの。裏番組の「コンバット」に負けるなと派手なアクションに挑戦。予算も時間もかけられた番組だった。【以上、「ザ・テレビ欄大阪版1964-1973」(2009年、TOブックス刊)より引用】映画「独立愚連隊」(1959)のテレビ版。中国ロケは不可能だったため鳥取砂丘で撮影された。「中国へ潜入し、弾薬庫を爆破する任務を負った日本軍の話【この項、文・ふくろう】」「中国戦線でも日本の敗色が濃い1944年、桂林飛行場からつぎつぎ発進するB29は、北九州工業地帯へ爆弾の雨を降らせる。日本軍はこの桂林基地を破壊しようと阿部参謀(三橋達也)を長とする遊撃隊を編成する。その隊員のなかに中国人とも日本人ともつかぬ通称「黒鬼子」(佐藤允)という人物が加わる。この男の身元は阿部参謀以外だれも知らない。【この項、「朝日新聞」記事より引用、一部改変】」。「当時の新聞資料では「岡本喜八の監督」作品と記述されているが、監修の誤認。竹林進、山本迪夫の監督デビュー作。なお竹林進監督は、映画「独立愚連隊」、「独立愚連隊西へ」のチーフ助監督。脚本の中みね子(岡本みね子)は、岡本喜八監督夫人。【この項、文:カミコロ、資料・「kihachiフォービートのアルチザン」(東宝出版事業室)、朝日新聞縮刷版】」。脚本には岡本喜八夫人のみね子氏も参加している。放送枠は1966/11/17放送分から木曜 20:00-20:56に移行。提供:パイロット万年筆、ヤンマーディーゼル、ヤンマー農機、東洋レーヨン、サントリー。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1966/10/12~1967/01/05
放送時間 20:00-20:56 放送回数 13 回 連続/単発 連続
主な出演 佐藤  允(1)-(13)、小坂 一也(1)-(13)、堺 左千夫(1)-(13)、大木 正司(1)-(13)、小川 安三(1)-(13)、寺田  誠(1)-(11)、(以下、非レギュラー三橋 達也(1)-(3)、山本  廉(1)、西村  晃(2)、藤原 釜足(2)、田中  浩(2)(6)(9)、浪花千栄子浪花千榮子)(3)、佐藤 闘介(3)、松本めぐみ(4)、頭師 佳孝(4)、神戸 瓢介(4)(8)、春川ますみ(5)、長谷川 弘(5)(10)、滝  恵一(5)、尾小山安治(5)、三沢弥太郎(5)、宇仁 貫三(5)、木村 博人(5)、後藤 淳子(5)、瞳  美穂(5)、中谷 一郎(6)、大沢健三郎(6)、東野 孝彦東野 英心)(6)、阿井美千子(6)、草川 直也(6)、天野 ○子(6)、伊藤雄之助(7)、井上 孝雄(7)、中丸 忠雄(8)、戸上城太郎(8)、池部  良(9)、加賀 邦男(9)、月形哲之介(9)、沢村いき雄(9)、頭師 孝雄(9)、E・H・エリック(10)、二木てるみ(11)、河上 一夫(11)、江原 達怡(12)、小柳  徹(12)、不破  潤(12)、左  卜全(13)、(擬闘:宇仁 貫三
主な脚本 岡本 喜八(1)-(13)、胡桃  哲城 駿一郎)(2)(6)(8)、中 みね子岡本みね子)(3)(11)(13)、長野  洋(4)(5)(7)(9)(10)(12)
主な演出 (監督:竹林  進(1)(3)(7)(8)(11)-(13)、山本 迪夫(2)(4)-(6)(9)(10))(監修:岡本 喜八)(助監督:清水 正紀
局系列 NNN
制作会社 (制作:宝塚映画製作所、東宝、NTV)
制作 (製作:田中 友幸、今村 一郎、武中 孝一(5)、増田善次郎(NTV)(5))(製作担当者:滝  憲二)
音楽 佐藤  勝
撮影技術 梁井  潤益子 武夫長谷川 清、(録音:鴛海 晄次)(照明:山本 博万(5)、小西 康夫
美術 植田  寛近藤  司

Tag Cloud

日本軍 佐藤允 阿部参謀 独立愚連隊 小坂一也 みね子 岡本喜八 中国 堺左千夫 岡本喜八監督夫人 弾薬庫 中みね子 ヤンマー農機 岡本みね子 独立愚連隊西 小川安三 戦争もの 映画 降らせる 胡桃哲 パイロット万年筆 脚本 誤認 サントリー 隊員 予算 濃い 破壊 記述 佐藤勝

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供