• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ銭形平次(第1回)おぼろ月夜の女

1966/05/04~1984/04/04、全888回放送された長寿シリーズの中の1エピソード。一部資料には1966/06/04放送開始とあるがこの日は土曜日にあたるため誤りと思われる。主演の話は大川橋蔵より前に里見浩太朗に持ち込まれたという。そのときのいきさつを里見浩太朗は自著で記している。「『銭形平次』をテレビ映画としてやる話が初めぼくのところへきたとき、「テレビ映画ねぇ……」という思いしかなかった。「もしやるのなら、スタジオでやらせてもらえないだろうか」と頼んでもみたが、フジテレビとしてはこれからはテレビの時代だと。映画のように撮ってテレビで放送する時代だという。ぼくにはどうしても納得がいかず、断ってしまった。映画出身の役者は、テレビというものにまだ少なからず偏見を抱いていたのだ。ぼくが断ったので『銭形平次』は、大川橋蔵さんのところに持ち込まれた。橋蔵さんも「テレビだって?冗談じゃないよ」と最初は断ったらしい。それを説得したのが橋蔵さんのプロダクションの社長だった。これからは絶対、テレビの時代になると、むりやり橋蔵さんをテレビに出演させたいきさつがある。それが好視聴率を稼ぎ、実に八八八回も続く長寿番組になろうとは、そのとき考えもしなかった。『銭形平次』の人気が高まるにつれ、ぼくは「しまった!」と思ったがあとの祭り、テレビ時代に完全に乗り遅れてしまった。【以上、里見浩太朗著「ゆっくりと一歩」(1992年、日本テレビ刊)より引用】」ちなみに里見浩太朗は最終回にゲスト出演。【役名(演技者)】銭形平次(大川橋蔵)、お静(八千草薫)、八五郎(佐々十郎)、笹野新三郎(神田隆)、三輪の万七(藤尾純)、お品(宮園純子)、お弓(鈴村由美)、お神楽の清吉(池俊一)、太吉(川浪公次郎)、巳之吉(曽根晴美)、お珊(北林早苗)、亥太郎(唐沢民賢)、酉三(堀正夫)、石原の利助(高松錦之助)、彫政(源八郎)、弥平(熊谷武)、丑松(川路誠)、おとし(凰玲子)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1966/05/04~1966/05/04
放送時間 20:00-20:56 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 大川 橋蔵八千草 薫佐々 十郎神田  隆藤尾  純宮園 純子鈴村 由美池  俊一川浪公次郎、(以下、非レギュラー曽根 晴美曾根 晴美)、北林 早苗唐沢 民賢堀  正夫高松錦之助源  八郎熊谷  武川路  誠凰  玲子(誤り…鳳  玲子)、(擬斗:谷  明憲東映剣会))
主な脚本 野上 龍雄
主な演出 (監督:佐々木 康)(助監督:岡本 静夫)(記録:桧垣 久恵
原作 野村 胡堂
局系列 FNN
制作会社 (制作:東映京都テレビプロダクション、CX)
制作協力 (協力:新芸術プロダクション)
制作 (進行主任:丸本  晃)
企画 高橋久仁男水上 輝生
音楽 阿部 皓哉
主題歌 舟木 一夫「銭形平次」(詩:関沢 新一、曲:安藤 実親)(コロムビアレコード
撮影技術 脇  武夫、(照明:岡田 耕二)(録音:矢部 吉三)(編集:細谷 修三
美術 角井  博、(衣裳:上野徳三郎)(美粧:林  三郎)(装飾:道畑 真二)(結髪:河野 節子

Tag Cloud

橋蔵 テレビ 大川橋蔵 銭形平次 断る 野村胡堂 いきさつ 八千草薫 時代 テレビ映画 里見浩太朗 持ち込む 野上龍雄 佐々十郎 藤尾純 神田隆 乗り遅れる 長寿番組 神楽 祭り 丑松 太吉 思う 水上輝生 考え 稼ぐ 納得 阿部皓哉 視聴率 少ない

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供