• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ親ばか子ばか(第4回)順列組合わせ

人間愛を描くコメディーシリーズ『親ばか子ばか』(放送期間:1971/03/03~1971/09/29、全20回)の第4作目。「川口一家の末っ子・厚が母親の三益愛子と親子役で初共演する。乾物問屋の未亡人・吉村志津(三益愛子)は家長として絶対的権力を持ち息子たちの嫁も自分が選ぶつもりでいた。ところがある日、長男の一郎(高橋悦史)、二男の二郎(高田直久)、三男の三郎(冷泉公裕)がそれぞれ恋人を家に呼んだ。志津に紹介して結婚の許可をもらうためだ。志津は嫁としての適性を見きわめるため、三人の恋人を一日だけ店で働かす。その結果、志津は三人の息子に恋人を交換するよう宣言した。【この項、毎日新聞1971/03/24付より引用】」カラー放送。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1971/03/24~1971/03/24
放送時間 20:00-20:56 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 三益 愛子高橋 悦史京  唄子鳳  啓助志織 慶太)、寺田 路恵川口  厚高田 直久冷泉 公裕嘉手納清美
主な脚本 佐々木 守
局系列 JNN

Tag Cloud

三益愛子 志津 高橋悦史 恋人 高田直久 京唄子 佐々木守 川口一家 末っ子・厚 見きわめる 親子役 冷泉公裕 適性 働かす 二男 コメディーシリー... 親ばか子ばか 息子たち 三男 許可 交換 二郎 人間愛 寺田路恵 宣言 権力 一郎 三郎 鳳啓助 共演

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供