• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データスーパー戦隊シリーズ 烈車戦隊トッキュウジャー

世界は、目に見えるものが全てではない。夢見る力、想像する力、すなわちイマジネーションを持つ者だけが見ることが出来る世界がある。イマジネーション!それは不可能を可能にし、世界に光を灯す、無限の力。しかし、光を嫌う闇もまた存在する。イマジネーションを失った世界は闇に沈む…イマジネーションを持つ者だけが見える光り輝く線路“レインボーライン”そして、その上を力強く走る正義の軌道車両“烈車”一方、世界を闇で包み込もうと敷かれた悪の線路“シャドーライン”そして、その上を暴走して人々を恐怖に陥れる悪の軌道車両“クライナー”烈車とクライナーは互いの線路に乗り入れ激しく戦った。その結果、レインボーラインは多くの烈車を失い、事実上壊滅してしまった。そして、時は流れ現在――シャドーラインは闇の皇帝を復活させるため、邪悪なステーション(駅)を増やし、世界を闇で包もうとしていた。シャドーラインから人々を守るため、5人の若者が立ち向かう!あふれるイマジネーションと烈車のパワーで戦う“トッキュウジャー”。勝利のイマジネーション!烈車戦隊トッキュウジャー、いよいよ出発進行!【以上、テレビ朝日広報資料より引用】各回のサブタイトルは以下のとおり。始発駅「特急烈車で行こう」、第2駅「俺たちはここにいる」、第15駅「心の中にあるもの」、第33駅「カラテ大一番」、第34駅「恋は大騒ぎ」、第36駅「夢は100点」。放送期間のうち、2014/08/03、2014/11/02は別番組放送のため当初予定どおり番組休止、2015/02/01に放送予定だった第46駅「最後の行き先」は、新聞ラテ欄でも予定どおり放送との告知がなされていたが放送当日になってイスラム国日本人人質事件報道のため急遽、延期となり、最終回は当初2015/02/08の予定だったが一週延期となった。「とくに第45駅「君が去ったホーム」ラストは感涙もので、ここで1週お預けになって視聴者から悲鳴があがったのは分からなくもない。【この項、文:古崎康成、ツイッターより】」撮影協力:NTT都市開発(1)、小田原市西部漁港事務所(1)、東京都水道局(1)、碓氷峠鉄道文化むら(1)、北総鉄道(1)、相模鉄道(1)、埼玉県中川下水道事務所(1)、フランス料理 シャンソニエ(1)、味の素スタジアム(1)、さいたまスーパーアリーナ(1)。協力:Vicom(1)、西日本旅客鉄道(1)、鉄道ファン(1)、小田急電鉄(1)。
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2014/02/16~2015/02/15
放送時間 07:30-08:00 放送回数 連続/単発 連続
番組名 スーパーヒーロータイム
主な出演 志尊  淳(1)、平牧  仁(1)、梨里杏馬場梨里杏小島梨里香)(1)、横浜 流星(1)、森高  愛(1)、関根  勤ラビット関根)(1)、大口 兼悟、(以下、非レギュラー馬渕  誉(1)、永瀬圭志朗(1)、石井 薫子(1)、山崎  光(正しくは「崎」の「大」は「立」)(1)、清水 らら(1)、志田 弦音(1)、七海マコト(1)、高橋 麻理(1)、押川 善文(1)、高田 将司(1)、五味 涼子(1)、竹内 康博(1)、野川 瑞穂(1)、清家 利一(1)、蜂須賀祐一(1)、岡元 次郎(1)、日下 秀昭(1)、竹下えれな(8)、小西 博之(14)、吉田 騎士(16)、藤岡沙也香月野 姫花)(25)、木之元 亮(33)、坂本  真(34)、外岡えりか(36)、石川伸一郎石川 シン)(38)、西沢 智治菊池  爽井上 高志、ジャパンアクションエンタープライズ(矢部 敬三(1)、青木 哲也(1)、渡邉 昌宏(1)、神尾 直子(1)、橋本 恵子(1)、村岡 弘之(1)、大林  勝(1)、金田 進一(1)、田中 宏幸(1)、藤井 祐伍(1)、金子 佳代(1)、佐藤 義夫(1)、村井  亮(1)、神前  元(1)、白崎 誠也(1)、大岩 剣也(1)、井口 尚哉(1)、向田  翼(1)、内川 仁朗(1)、渡辺  淳(1)、佐藤 太輔(1)、藤田  慧(1)、岡田 和也(1)、北村  海(1)、田中  領(1)、松本 拓巳(1)、浦家 賢士(1)、東  慶介(1)、関谷 健利(1))(声:山口 勝平(1)、福山  潤(1)、久川  綾(1)、壤  晴彦(1)、日高のり子(正しくは「高」は「はしご高」)(1)、江川 央生(1))(アバンタイトルナレーション:鳥海 浩輔(1))
主な脚本 小林 靖子(1)-(12)(23)、大和屋 暁(13)(14)(26)、會川  昇(15)(36)、(資料担当:松井  大馬場 竜太
主なプロデューサ 宇都宮孝明(東映)、石川  啓(東映)、佐々木 基(EX)、矢田 晃一東映エージェンシー)、深田 明宏東映エージェンシー)、(ラインプロデューサー:道木 広志青柳 夕子)(AP:菅野あゆみ久慈 麗人
主な演出 (監督:中澤祥次郎(1)(2)(11)(12)、渡辺 勝也(3)(4)(9)(10)(15)、竹本  昇(5)(6)、加藤 弘之(7)(8)(13)(14)(36))(アクション監督:福沢 博文)(特撮監督:佛田  洋)(助監督:荒川 史絵葉山康一郎谷本 健晋)(絵コンテ:田中 浩二)(特撮研究所(助監督:小串遼太郎))(スクリプター:関根 秀子
原作 八手 三郎(連載「テレビマガジン」「てれびくん」)
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映(東映東京撮影所)、EX、東映エージェンシー)
制作協力 (企画協力:企画者104)
制作 (制作担当:東  正信)(進行主任:式守  修)(進行助手:石井 宏樹、小高 史織(正しくは「高」は「はしご高」))(制作デスク:佐々木幸司、辻 絵里子)
企画 (宣伝:大川  希)(インターネット:越沼真理子国川 恭子)(データ放送:テレビ朝日メディアプレックス)
音楽 羽岡  佳、(MA・選曲:宮葉 勝行)(音響効果:小川 広美大泉音映))(MAオペレーター:錦織 真里
主題歌 伊勢 大貴「烈車戦隊トッキュウジャー」(作詩:渡部 紫緒、作曲・編曲:坂部  剛)(音楽プロデュース:Project.R)(日本コロムビア))(Project.RYOFFY谷本 貴義鎌田 章吾)「ビュンビュン!トッキュウジャー」(作詩:藤林 聖子、作曲:俊龍、編曲:坂部  剛))
撮影技術 松村 文雄、(照明:柴田  守)(録音:伝田 直樹)(編集:阿部 嘉之)(計測:相葉  実)(撮影助手:佐藤 真之阿部 孝則)(照明助手:津田 道典山崎  豊(正しくは「崎」の「大」は「立」)、三浦  暁)(録音助手:中村  心)(EED:長澤 亮祐)(EED助手:片桐  渉東映デジタルラボ))(編集助手:佐々木 裕)(技術業務:八木 明広)(仕上進行:辻 今日子)(視覚効果:沖   満)(デジタル合成:日本映像クリエイティブ(柳原 嘉宣上田  茂光田  望高橋 和也(正しくは「高」は「はしご高」)、斉藤 幸一三輪 智章津田 侑子竹内 大稀磯田 功介)、キュー・テック國米 修市林   潔キムラケイサク山本 英文笹江 政毅市東 賢一宇津川達郎鈴木 大樹照井 一宏))(特撮研究所((撮影:鈴木 啓造)(撮影助手:岡本 純平内田  圭)(照明:安藤 和也)(照明助手:関澤 陽介照屋 貴史)))(映像協力:Vicom)(デジタル合成:山本 達也南   剛岩谷 和行捻橋 尚文ミックジャパン泉  昌人福田 仁史)、ACT Designs,Inc.岡本 直樹))(技術協力:東映ラボ・テック西華デジタルイメージブルM-SOFTenRoute
HP
美術 大谷 和正、(装置:紀和美建)(装飾:塩満 義幸山口 康孝淀名和祐介大前 瑠美東京美工)、高津装飾美術)(セット付:桑原 良太)(衣裳:山田真優子滝口 晶子東京衣裳))(メイク:北川 恵里津上 淳子(サンメイク))(操演:橋本 一輝苗村 真志ライズ))(キャラクターデザイン:篠原  保)(デザイン協力:プレックス)(造型:レインボー造型企画前澤  範)(特撮研究所((美術:松浦  芳)(美術助手:花谷 充泰高橋  一鶴田 智也)(操演:中山  亨)(操演助手:和田 宏之黒田 政紀秀平 良忠)))(ミニチュア製作:ミューロン)(美術協力:シスタック)(メイク協力:RICE FORCE、MAPLE)

Tag Cloud

イマジネーション 烈車 シャドーライン 平牧仁 志尊淳 八手三郎 線路 世界 クライナー 軌道車両 レインボーライン 梨里杏 予定 小林靖子 大和屋暁 延期 Vicom 始発駅 カラテ大 戦う 失う 見える ステーション 石川啓 皇帝 宇都宮孝明 人々 灯す 森高愛 横浜流星

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供