• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ明日、ママがいない(明日ママがいない)

「今、君の隣にママはいますか?」物語の舞台は、児童養護施設。親の愛から見離された少女たちが集まる児童養護施設。そこは、親のいない子どもたちが暮らす場所。その数は全国で約600件、生活する児童の数は3万人を超えている。子どもたちがやってくる理由のほとんどは虐待だ。子どもを愛せていますか?子どもの声を聞いていますか?このドラマは「愛すること」「愛されること」は何かを、子どもたちの目線で問いかける。「私たち、誰も知らなかった。昨日も今日もいたママが、明日にはいなくなるなんて…」すべての母親に、これから母親になる全ての女性に届ける、21世紀で一番泣けるドラマ。【以上、日本テレビ広報資料より引用】第1回目が放送され、「赤ちゃんポスト」という、実在する児童受容施設を特定できる名称を使ったあだ名や、施設での児童たちへの加虐的な描写が単にセンセーショナリズムをあおるだけの手法として使用されているのではないかとの批判が寄せられ、児童養護施設、各種団体から多数の抗議が寄せられたことで、スポンサーがCMを放送しないよう局側に要請、大半のCMが他番組の宣伝や公共広告機構などのCMに差し替えられる事態となった。実際に当初予定されていた展開内容がどのようなものだったのか明らかにされていないが、少なくとも制作者側は内容について再検討を行う旨、表明し、実際に放送されたドラマ中盤4話あたり以降の展開は番組冒頭部と肌触りがかなり変化、三上博史扮する過激な施設長も温かい人物に徐々に変化、多少寓話的すぎるとはいえハートウォーミングなトーンの見応えのある内容となった。とはいえ、番組全体としてみると登場人物の設定などに一貫性がないものとなってしまったのは残念ながら否めない。車輌:ランナーズ。協力:日テレ・テクニカル・リソーシズ、日本テレビアート、日本テレビ音楽。提供:花王(1)、日清食品(1)、スバル(1)、エバラ(1)、小林製薬(1)、三菱地所(1)、エネオス(1)、キューピー(1)。【データ協力:LED】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2014/01/15~2014/03/12
放送時間 22:00-22:54 放送回数 9 回 連続/単発 連続
主な出演 芦田 愛菜(1)-(9)、鈴木 梨央(1)-(9)、三上 博史(1)-(9)、木村 文乃(1)-(9)、桜田ひより(1)-(9)、渡邉このみ(1)-(9)、大後寿々花(1)-(9)、五十嵐陽向(1)-(5)、阪本 光希(1)-(8)、阪本 颯希(1)-(8)、三浦 翔平(1)-(9)、城田  優(1)-(9)、Mailys Robin(1)-(7)(9)、藤本 哉汰(1)-(9)、鈴木 砂羽(1)-(9)、舞優(2)-(5)、高橋ひとみ(5)(6)(8)(9)、松重  豊(2)(5)-(8)、大塚 寧々(2)(5)-(8)、(以下、非レギュラー酒井 美紀(1)(8)、田中 奏生(1)、店長松本(1)、池津 祥子(1)、櫻井 淳子(1)、西村 和彦(1)、萩原 利映(1)、金澤 美穂(1)、加藤 仁志(1)、田中 奏生(1)、住田 萌乃(1)、江口のりこ(2)、長谷川朝晴(2)、甲斐恵美利(2)(4)(7)、井上 華月(2)(4)(7)、飯島 緋梨(2)(4)、篠原 大翔(2)、優希 美青(3)、西尾 まり(3)、神尾  佑(3)(4)、犬山イヌコ(3)、澤田 育子(3)、吉野 容臣(3)、嶋崎 伸夫(3)、井川 哲也(3)、遠山景織子(4)、林田 麻里(4)、杉田 吉平(4)、まりえ(4)、三宅ひとみ(4)、加藤里保菜(4)、星野 卓誠(4)、外川  燎(4)、望月ひとみ(4)、別所 哲也(特別出演)(5)(8)、高橋かおり(5)、川村 陽介(5)(8)、松林 慎司(5)、桜井 ふみ(5)、小田桐 一(5)、とよた真帆(6)、寺田  心(6)-(8)、伊藤 明賢(6)、内田  慈(6)、武田 勝斗(6)、井澤 崇行(6)、安達 祐実(7)-(9)、吉沢  悠(7)-(9)、鬼頭 真也(7)、中島 陽子(8)、菊川 浩二(8)、平川 柚那(クレジット表示なし)、CASTY(1)-(9)、テアトルアカデミー(1)-(5)(7)(8)(9)、(カースタント:佐藤 秀美)(ピアノ吹替:松崎 加奈(1)-(3)(5)(8)(9))(ピアノ演奏:松崎 加奈(5)(6))(医療指導:菅野 秀宣順天堂大学脳神経外科)(2))(救急隊指導:鈴木 郁生(3))(看護指導:柿本 志保(6))(ダンス指導:あさづきかなみ(1))(ピアノ指導:東 ゆかり(1)-(3)(5)(6)(8)(9))
主な脚本 松田 沙也、(脚本監修:野島 伸司
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:伊藤  響)(プロデューサー:福井 雄太難波 利昭)(ラインプロデューサー:大塚 泰之)(プロデュース補:渡邉 美郁大護 彰子(1)(3)(5)(7)-(9)、加藤 晶子(2)、侭  恵子(4)(6)、鈴木亜希乃(クレジット表示なし))(スチール:笠井 新也
主な演出 猪股 隆一(1)(2)(4)(7)(9)、長沼  誠(3)(6)(8)、鈴木 勇馬(5)、(演出補:田部井 稔後藤 克樹(1)(3)(5)(8))(タイトルバック:西村  了)(児童養護施設監修:岡本 忠之)(記録:初山 澄乃(1)(2)(4)(7)(9)、沖  宏美(3)(5)(6)(8))
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:NTV)
制作協力 日テレアックスオン
制作 (制作担当:日比 崇裕)(制作主任:難波 杏里(2)(4)(6)(9))(スタントコーディネーター:出口 正義(Gocoo)(1)-(4)(6))(スケジュール:鬼頭 理三)(制作デスク:根本絵理子)
企画 (編成:堀金 澄彦荻野  健(1))(営業担当:瀬戸口正克)(宣伝:西室由香里)(宣伝デザイン:長瀬 一義)(映像PR:中田 直樹
音楽 羽毛田丈史、(MA:山崎 茂巳(正しくは「崎」の「大」は「立」))(選曲:藤村 義孝)(音響効果:高木 秀和(正しくは「高」は「はしご高」))
主題歌 コトリンゴ「誰か私を」(commmons)
撮影技術 市川 正明、(TD:金子 幸男)(照明:大内 一斎)(音声:菊地 啓太)(VE:外城 勇一(1)(2)(7)-(9)、弓削  聡(3)-(6))(VTR:足助  学)(編集:高橋  稔)(技術デスク:吉野  誠)(技術統括:木村 博靖)(ロケ技術:大和 賢司)(照明統括:吉松 耕司)(VFX:菊間 潤子
HP
美術 高野 雅裕、(デザイン:渡辺 俊太)(美術進行:今村 文孝)(装置:和田 将也)(装飾:辻  光久)(持道具:吉岡 憲生)(衣裳:森  美佳)(ヘア・メイク:竹内三枝子)(スタイリスト:直井 政信(三上博史担当))(ヘアー:赤間賢次郎(三上博史担当))(特効:井川 雄史)(電飾:玉川 鈴子)(建具・硝子:鈴木 智幸)(造園:笹原 直人)(生花:笠松 信之)(美術工房:根岸  徹)(劇中料理:赤堀 博美)(特殊メイク:藤原カクセイ(4)(6))

Tag Cloud

芦田愛菜 児童養護施設 鈴木梨央 commmons CM 松田沙也 子どもたち 三上博史 変化 寄せる 展開内容 一貫性 ママ 内容 肌触り 否める 子ども 母親 ドラマ あおる 桜田ひより 宣伝 キューピー 日清食品 目線 番組 要請 長沼誠 木村文乃 批判

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供