• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女の園(第18回)桃の花咲く

博多人形の伝統を守る人形師一家を舞台に、きびしい職人気質の中に宿る暖かい母子の愛情を描く。博多子守唄、博多節をバックに、粘土、土こね板、絵筆、手作りの人形に埋まった人形師の情熱が画面にみなぎる。しげは博多人形師の名人とうたわれた大谷忠吉の妻。4年前、忠吉が亡くなってからは、すたれていくこの古い伝統を受け継いだ。だが、そのあまりにも型を重んじ、昔のままの手法が、妻子の栄太郎には不満だ。新しい感覚を博多人形に盛り込み、由緒ある伝統産業の再興が念願だからだ。ある日、栄太郎がひそかに作っていた人形をみつけたしげは「おまえは大忠の伝統をつぶす気か」と怒って、人形をたたき割ってしまった。【以上、読売新聞1962/02/11付より引用】女性心理の複雑なあやを様々な角度から捉えてみせるシリーズ「女の園」(1961/10~)のエピソードのひとつ。【役名(演技者)】しげ(岸輝子)、喜代(稲野和子)、栄太郎(袋正)。
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1962/02/11~1962/02/11
放送時間 22:35-23:20 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 岸  輝子稲野 和子袋   正山田 桂子内田 朝雄西山 辰夫松岡与志雄
主な脚本 (作:劉  寒吉
主な演出 荒木  順
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪放送局)
音楽 田中 正史

Tag Cloud

岸輝子 栄太郎 しげ 稲野和子 伝統 人形 博多人形 袋正 みなぎる 人形師 埋まる 由緒 きびしい 手作り つぶす 暖かい 母子 割る 荒木順 盛り込む 田中正史 念願 感覚 角度 手法 あや 捉える 妻子 画面 山田桂子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供