• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データTBS・講談社 第2回ドラマ原作大賞 大賞受賞作 記憶の海

「忘れてしまうなら、何度でも繰り返せばいいんですよね。何度でも、最初から始めればいいんですよね」記憶システムのデータ化が成功し、人間の記憶を保存することが可能になった近未来社会。かつて東創大学脳医学部の研究員だったヒロタマナブ(筒井道隆)は、3年前、記憶システムの実験中の事故で脳の海馬を損傷し、新しい記憶を持つことが出来なくなった。だが、東創大学の研究施設内で厳重な監視の下、山内教授(柴俊夫)を中心とした研究チームが行っている「コンピュータのハードディスクに保存された他人の記憶データの再生実験」の媒介役、つまりコンピュータに保存された記憶の読み出し役として今も働いていた。自分が記憶の読み込み研究をしていた辺りまでは記憶がつながっているため、山内教授のことは認識しているが、それ以降出会った研究員たちなどの記憶を留められないヒロタ。研究員仲間で恋人だった里美(伊藤歩)のことも、現在のヒロタには毎日が初対面である。そんな中、実験でコンピュータに保存された里美の記憶データが、ヒロタに読み込まれるが……。【以上、TBS広報資料より引用】放送枠は、第1回のみ、23:40~24:10。協力:泰羅 雅登(日本大学)(1)。撮影協力:日本薬科大学(1)(4)、ファンハウス(1)(4)、小山町フィルムコミッション(1)(4)、東邦大学(1)(4)、忠ちゃん牧場(1)(4)、東京ドームシティアトラクションズ(1)(4)、harako(4)。【役名…演技者】小野里美…伊藤歩、ヒロタマナブ…筒井道隆、山内茂…柴俊夫、塚本真里…逢沢りな、薮田和司…金子貴俊、P・マッケンジー…ダンテ・カーヴァー、井出浩徳…石井正則、山内京子…岩佐真悠子、山内裕美子…中村久美、福原敏秀…佐野史郎。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 TBS 放送曜日 月~木 放送期間 2010/03/22~2010/03/25
放送時間 23:30-24:00 放送回数 4 回 連続/単発 連続
主な出演 伊藤  歩(1)(4)、筒井 道隆(1)(4)、柴  俊夫(1)(4)、逢沢 りな(1)(4)、金子 貴俊(1)、ダンテ・カーヴァー(1)(4)、石井 正則(1)(4)、岩佐真悠子中村 久美佐野 史郎池田レイラ(1)、芸プロ(1)(4)、テアトルアカデミー(1)(4)
主な脚本 大浜 直樹(1)(4)
主なプロデューサ 北川 雅一小板 洋司、(プロデューサー補:前田 利洋)(番組宣伝:田中 瑞穂)(スチール:下平 知子)(インターネット担当:三浦 信志
主な演出 吉田 秋生(1)(4)、(演出補:堀  英樹(1)(4))(記録:井坂 尚子
原作 松田 奈月「記憶の海」(講談社)
局系列 JNN
制作会社 (製作:ドリマッスクステレビジョン、TBS)
制作協力 (協力:TBS・講談社ドラマ原作大賞事務局)
制作 (制作担当:木口 洋介)
企画 (編成:津村 有紀
音楽 御園 雅也、(選曲:山内 直樹)(音響効果:鳥水 哲也)(MA:山下  諒)(協力:AVC
撮影技術 小川 信也、(TD:田中 文夫)(VE:木部伸一郎)(照明:小尾 浩幸)(音声:平井 秀知)(編集:松尾 茂樹)(VFXプロデューサー:大屋 哲男)(VFXスーパーバイザー:高橋直太郎)(協力:東通、緑山スタジオ・シティNSLピクチャーエレメント、日本映像クリエイティブ、マリンポスト
HP
美術 (美術デザイン:中村 綾香)(美術制作:斎藤 幸雄)(美術プロデューサー:小林 民雄)(装置:坂本  進)(装飾:舟木 博志)(ヘアメイク:長澤亜希子)(衣裳:笠置 美紀)(持道具:中飛 沙織)(植木:兵頭 二郎)(電飾:今村 和之)(建具:阿部 英之)(協力:アックス

Tag Cloud

伊藤歩 筒井道隆 記憶 ヒロタ 保存 コンピュータ 柴俊夫 ヒロタマナブ 記憶システム 山内教授 記憶データ 大浜直樹 実験 里美 媒介役 福原敏秀 塚本真里 山内京子 井出浩徳 研究員仲間 研究施設 日本薬科大学 逢沢 御園雅也 佐野史郎 北川雅一 認識 逢沢りな 牧場 金子貴俊

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供