• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ生徒諸君!

「生徒諸君」は、夢と理想に燃える新人教師・ナッキーこと北城尚子が、現代の学校教育が抱える様々な問題に真正面から向き合い、打ちのめされながらも果敢に戦い続ける姿を描く学園ドラマです。原作は、学園マンガの名作として一世を風靡した庄司陽子の「生徒諸君!」の続編「生徒諸君! 教師編」。教師を信用しない生徒、教育をあきらめた教師、しつけまで学校に押しつける親、文部科学省と現場の挟間で苦しむ教育委員会…過酷な現実に挑むナッキーの奮闘にご期待ください!…北城尚子(内山理名)は、夢と理想に燃える新人教師。期待に胸躍らせて、みなと市立御園中学校にやってくると、校門の前で理科教師の野村信二(正名僕蔵)が、“エロ教師”としてさらし者にされていた。かわいいイタズラと笑い飛ばしてはりきる尚子。ところが、担当になった2年3組は大人たちに強い不信感を抱くクラスだった。生徒全員の顔と名前を覚えてきた尚子が出席をとろうとすると、学級委員の青木公平(本郷奏多)に、逆に自分の経歴をこと細かに発表されてしまう。「僕らに先生はいらない」と言い渡す公平。なんと、このクラスでは正体不明の3人「3TD」がトラブルを解決しているというのだ。尚子が出席を取っても、生徒たちは無視するだけだった。教室には、騒ぎをよそに、ひとり黙々と勉強する樹村珠里亜(堀北真希)の姿があった。職員室に戻った尚子が同僚の先生たちに2年3組のことを尋ねてみても、皆が口を閉ざして語りたがらない。納得できない尚子は、授業中に生徒たちが「3TD」への依頼書を回覧しているのを見つける。依頼書を取り上げ、カツアゲされた金を取り返してほしいという生徒・渡辺順(落合扶樹)の依頼を「3TD」に代わって解決すると宣言した。「証明してあげるよ、あんたたちに先生が必要だってこと。」。順を連れてカツアゲした生徒の在籍する有名私立・紅星学院へ向かう。尚子と順の前に現れた紅星学院の教師・園井優子(黒木メイサ)は、順が紅星学院の受験に失敗したことを指摘し、逆恨みだと冷たく言い放つ。反発した尚子は、優子の制止も振り切り、直接教室へと乗り込んでいく。カツアゲした生徒はシラを切るが、順が証拠となるテープレコーダーを再生すると、それを取り上げて踏み壊そうとする。尚子は必死にかばおうとしたものの、テープレコーダーは壊され、尚子は右手にケガを負ってしまう。だが、順は、自分のために体を張った尚子に心を許した様子を見せた。御園中学校に戻った尚子を待っていたのは、事件を聞きつけた日向悠一郎(椎名桔平)だった。文部科学省のキャリアで教育委員会から全権を託されている日向は、今後一切勝手な行動を取らないよう、尚子に釘を刺す。反論する尚子だが、日向からクビをほのめかされ、黙るしかなくなってしまう。クラスに戻った尚子は、ホームルームの代わりにドッジボールを提案する。ところが、ゲームが始まると生徒全員が尚子の敵に回り、容赦なくボールを投げつけてきた。その様子を屋上からひとり見下ろす珠里亜。奮闘むなしく、尚子は公平の放ったボールに当たり、倒れてしまう。尚子に憎しみの目を向ける生徒たち。改めて公平は「僕らに先生はいらない」と言い渡す。だが、それでも尚子は立ち上がり、帰り支度をしている生徒たちの前に現れ、絶対にあきらめないと宣言するのだった。その夜、尚子の追放を依頼する3TDへの依頼書が、何者かによってしたためられていた…。【この項、テレビ朝日、朝日放送広報資料より引用】「庄司陽子の漫画『生徒諸君!』の続編『生徒諸君! 教師編』をドラマ化した作品。ただし第5話以降、エンドロールでのクレジットは「原作」から「原案」に変更されていた。【この項、文・練馬大根役者】」車輌・ショウビズクリエイション(1)-(9)、コンガス(1)-(9)、エルエーカンパニー(1)-(4)(7)(8)、スーパードライバーズ(8)。牽引・スーパードライバーズ(2)-(4)(8)((8)では車輌項目で表示))。撮影協力・つくばフィルムコミッション(1)-(9)、株式会社ジャパンエニックス(1)-(9)、東洋学園大学(1)、横浜商工会議所(1)、レントオール茨城(株)(1)、T.DAS(1)、筑波記念病院(2)、さがみ湖ピクニックランド(2)(3)、近鉄不動産ローレルヒルズ手賀の杜(2)(4)、書原(2)、日本航空高等学校(2)、黒長兵衛(里長兵衛?)(3)、テレコムセンター(3)、近鉄不動産ローレルヒルズ手賀の杜(3)、住友不動産(3)(6)、東京住倉興産(3)、こどもクラブ「赤とんぼ」(4)、アート引越センター(4)、小山町フィルムコミッション(5)、富士フェニックス短期大学(5)、富士之堡華園ホテル(5)、東富士リサーチハウス(5)、maxell(6)、東京住倉興産(6)、ホテルマリナーズコート東京(7)、KOGEI(7)、学士会館(學士會館)(7)、有限会社興陽(8)(9)、有限会社ファースト・シティー(8)(9)、老維新(8)、雅寺殿(8)、横浜中華街大鳳占やかた(8)、建友(8)、新日本住宅(8)、パシフィック・ホスピタル(9)。協力・渋谷ビデオスタジオ(1)-(9)、東新(1)-(9)、ビデオスタッフ(1)-(9)、SPOT(1)-(9)、テレビ朝日クリエイト((1)ではtv asahi create)(1)-(9)、OMNIBUS JAPAN(1)-(9)、Spoon.(2)-(9)、Kurosawa Film Studio(2)-(4)(6)(8)、FCプラン(7)(8)。各話回数は第1話!、第2話!と表示。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 ABC 放送曜日 放送期間 2007/04/20~2007/06/22
放送時間 21:00-21:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
主な出演 内山 理名(1)-(10)、堀北 真希(1)-(10)、本郷 奏多(1)-(10)、岡田 将生(1)-(10)、椎名 桔平(1)-(10)、小林 稔侍(友情出演)(1)-(10)、渡辺いっけい(1)-(10)、石井 正則(1)-(10)、上原 美佐(1)-(10)、城田  優(1)-(10)、正名 僕蔵(1)-(10)、星野奈津子(1)-(10)、志賀廣太郎(1)-(10)、南沢 奈央(1)-(10)、夏未エレナ(1)-(9)、若葉 竜也(1)-(9)、加地 千尋(1)-(10)、松川尚瑠輝(1)-(10)、落合 扶樹落合モトキ)(1)-(9)、藤村 聖子(1)-(9)、星川 玲奈(1)-(5)、溝端 淳平(1)-(9)、萩原 一樹(1)-(9)、阿部麻似子(1)-(9)、塚田 健太(1)-(9)、小林未可子(1)-(9)、久野みずき(1)-(9)、岡本  玲(1)-(9)、染谷 将太(1)-(9)、SHO薬丸  翔)(1)-(9)、太賀(1)-(9)、斎藤 千晃(1)-(9)、高橋 賢人(1)-(9)、長谷川愛美(1)-(9)、伊藤 大翔(1)-(9)、矢部裕貴子(1)-(9)、後藤このみ(1)-(9)、山崎 将平(1)-(9)、上野 真未(1)-(9)、山田 優太(1)-(9)、黒木メイサ(友情出演)(1)、田中 哲司(2)-(4)((4)は表示なし)、モロ 師岡(2)、中島ひろ子(2)(4)、徳井  優(2)、中原 丈雄(3)(6)(10)、中林 大樹(5)、あめくみちこ(6)(7)、光石  研(6)、東 ちづる(8)-(10)、松尾 敏伸(8)(9)、長野 里美(8)-(10)、宮原 理子(1)、法月 康平(1)、古澤 龍之(1)、関根 正幸(1)、春日 雅行(1)、平井 和宏(2)、大田 正樹(2)、須永  慶(3)、井上  浩(3)、西崎 果音(3)、春口 宏彰(3)、福下 恵美(3)、鷲生  功(3)、城戸 千夏(3)、黒澤佐和子(3)、足立 麻美あだちあさみ)(3)、藤田 悠希(3)、兼子  舜(4)、竹内 友哉(4)、笠原 織人(4)、大森美紀子(6)、村上 幸平(6)、平沼 紀久(6)、亀山 助清(6)(7)、神道寺こしお(6)(7)、田中 允貴(6)、水上 雅人(6)、唐沢 大介(6)、三村 順子(6)(7)、大田 正樹(6)、田村 義晃(6)、岩田  丸(6)、久保  翔(7)、桜岡あつこ(7)、今橋かつよ(7)、木崎 優一(7)、岩本 靖輝(8)、河村満里愛(8)(9)、土師野隆之介(8)(9)、森 富士夫(9)、本田 清澄(9)、兎本 有紀(9)、高桑  満(9)、徳江 明子(9)、辻 しのぶ(9)、鈴木 亮平クロキプロ(1)-(9)、古賀プロダクション(1)-(9)、劇団東俳(1)-(9)、セントラル子供タレント(1)、テアトルアカデミー(1)-(3)(8)、劇団ひまわり(1)-(3)(8)、宝映テレビ(5)(6)、ニュースエンターテイメント(5)(6)、(ナレーター・窪田  等(1))(英語指導・内山九十九(4)、Paul Underwood(4))
主な脚本 渡邉 睦月渡辺 睦月渡邊 睦月…誤り)(1)-(10)
主なプロデューサ (チーフプロデューサー・五十嵐文郎)(プロデューサー・梶野 祐司ホリプロ)、内山 聖子(EX)、津川 英子(ABC)、奥住 尚弘(EX))(ラインプロデューサー・菊池  誠アズバーズ))(プロデューサー補・安井 一成松野千鶴子西原 宗実)(ホームページ・太田 充彦)(スチール・山口喜久義)(宣伝・渡邊亜希子平野 三和
主な演出 唐木 希浩5年D組)(1)(4)(5)(7)、田村 直己(EX)(2)(3)(6)(9)(10)、常廣 丈太(8)、(タイトルバック・菊池 久志(1)-(9))(メイキング・柴崎木綿子(1)-(9))(ファイティングコーディネート((1)ではアクションコーディネイト・FCプラン)(1)(2))(バスケ指導・小田  康(1)-(9))(演出補・西岡健太郎(1)-(9)、工藤 貴紀(1)-(9))(記録・福寿 香里(1)(4)(5)(7)(8)、岩井 茂美(2)(3)(6)(9))
原作 (原案・庄司 陽子「生徒諸君!教師編」(講談社刊「BE・LOVE」連載中、コミックス1~11巻発売中)((1)-(4)では、「原案」ではなく「原作」と表示されていた))
局系列 ANN
制作会社 (制作・ホリプロ、ABC、EX)
制作協力 アズバーズ
制作 (制作担当・松岡 利光(1)-(9))(制作主任・小野山哲史(1)-(9)、梁  民柱(1)-(9))(スケジュール・加藤 伸一(1)-(9))
企画 (編成・飯田  新(1)-(9)、島川 博篤(1)-(9))
音楽 水谷 広実柳田 しゆコーニッシュ(レガートミュージック)、(音楽プロデューサー・石井 和之)(音楽協力・テレビ朝日ミュージック(1)-(9)、エー・ビー・シーメディアコム(1)-(9))(音響効果・寺岡 基臣(1)-(9))(MA・長谷雄智宏(1)-(9))
主題歌 YUI「My Generation」(作詞・作曲・YUI)(ソニー・ミュージックレコーズ)
撮影技術 (撮影・安藝 孝仁(1)-(9))(技術プロデューサー・瀬戸井正俊(1)-(9))(TD・高津 芳英(1)-(9))(照明・木幡 和弘(1)-(9))(録音・伊藤 修一(1)(2)(4)(5)(7)-(9)、酒井  順(3)(6))(映像・吉田  崇(1)-(9))(録画・池田 圭佑((1)では池田 佳佑)(1)-(9))(編集・石川 浩通(1)-(9))(編集デスク・大畠 耕治(1)-(9))(特機・エヌケイ特機NK特機)(2)(3))
ビデオ DVD:発売済
HP
美術 (デザイン・北谷 岳之(1)-(9))(美術プロデューサー・工藤 敦博(1)-(9))(美術進行・木村 正宏(1)-(9))(装置・藤江 修平(1)-(9))(大道具・松岡美都司(1)-(9))(建具・阿久津正巳阿久津正己)(1)-(9))(装飾・東  克典(1)-(9))(持道具・梅澤 有紀(1)-(9))(植木・杉田 英展(1)-(9))(電飾・青羽  亮(1)-(9))(絵画・山本 陽光(2)-(9))(衣裳・冨樫 理英(1)-(9))(スタイリスト・乾  千恵(1)-(9)、中川原 寛(1)-(9)、高橋 匡子(1)-(9))(ヘアメイク・堀  ちほ(1)-(9)、永田 壮一(1)-(9))(操演・羽鳥 博幸(1))(タイトル・横井  勝(1)-(9))(ウィッグ協力・フォンテーヌ(1)-(9))

Tag Cloud

尚子 生徒 依頼書 カツアゲ 内山理名 生徒たち 堀北真希 珠里亜 近鉄不動産ローレ... 東京住倉興産 紅星学院 北城尚子 庄司陽子 文部科学省 テープレコーダー 日向 クラス 先生 本郷奏多 渡邉睦月 n 宣言 戻る 壊す 教室 教育委員会 あきらめる 出席 理想 燃える

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供