• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ日本の、これから 人口減少社会(第二夜)縮む日本どう生きますか(第1部)近未来ドラマ 人口減少社会 幸福2020

二日にわたる特番「日本の、これから 人口減少社会」内で放送されたドラマ。【以上、文・練馬大根役者】「第2夜では、討論に先立ってまず、人口減少によってもたらされる社会の様々な変化と、その中で生きる「近未来の私たち」の葛藤や選択をドラマでご覧いただきます。ドラマの舞台は2020年の日本。人口減少による経済縮小と社会保障制度の破綻に危機感を募らせた政府は、財源創出と少子化対策の一石二鳥をねらって<独身税>を導入している。初の女性総理大臣である遠藤憲子(片平なぎさ)を擁立した与党が憲子の人気を背景に始めたものだ。ヒロインは秋月雪乃(永作博美)、離婚歴のある35歳のシングルマザーである。契約職員として介護ビジネスで働き、小学生の娘・綾(大橋彩香)の教育を生きがいにしている。雪乃は、友人に誘われて渋々出かけた政府主催のお見合いパーティで高杉隆太(高橋克実)と出会う。隆太は40歳、独身、非常勤講師として小学校で理科を教えている。両親、祖父と同居しているが、父が寝たきりで介護を必要としている。隆太は雪乃に交際を申し込むが、雪乃に再婚の意思はない。彼女には、結婚生活にというより、日本という社会の未来に希望が見えないという思いがあるのだ。隆太も自分の仕事や家庭のことを考えるとつい消極的になってしまう。雪乃が隆太に勤務先の会社の介護システムをセールスしたり、隆太が綾の学校でも教えることになったり、そんな繋がりだけはできたものの、ふたりの中は一向に進展しない。おりしも、前年の出生率がついに1.0を割ったことが発表され、<独身税>撤廃を求める議論が沸き起こる。さらに、国会で野党の厳しい追及をうけるなか、総理である憲子が自分自身も妊娠していることを明らかにしたことで国中が大騒ぎになる。そんななか雪乃は仕事で訪れた病院で憲子の姿を見かけ、思わず詰め寄ってしまう。「総理!あなたに言いたいことがあります!」… 各々の事情を抱えながら「幸福のかたち」を巡って揺れ動く「近未来の私たち」。その葛藤と選択を、人口の減少によってもたらされる様々な経済社会とコミュニティの変化の中で描いていく。【この項、NHK広報資料より引用】」ドラマ部分は土曜19:34~20:48。

Tag Cloud

隆太 雪乃 憲子 永作博美 人口減少 独身税 高橋克実 総理 私たち 選択 もたらす 日本 変化 社会 教える 葛藤 未来 出生率 高杉隆太 与党 片平なぎさ 社会保障制度 ドラマ 人口 磯智明 仕事 政府 村松崇継 勤務先 生きがい

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供