• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ救命病棟24時(3)─EMERGENCY ROOM 24HOUR─(救命病棟24時(3)、誤り…救命病棟二十四時)

第1シリーズ(1999/1/5-3/23)、第2シリーズ(2001/7/3-9/18)、新春スペシャル(2002/1/1)、第1シリーズの総集編+新撮部分で構成されたスペシャル版(2005/1/4)に続く『救命病棟24時』シリーズ最新作。第1シリーズに登場した小島楓(松嶋菜々子)が再登場している。東京で巨大地震が発生したという想定で、困難な状況下で災害に立ち向かう医療関係者の姿を描く。放送開始直後が阪神淡路大震災発生10年目にあたり、また前月末には犠牲者数万人に及ぶスマトラ沖巨大地震が起き、その被害は連日大きく報道されていた。さらに最終回直前、九州北西部でも大地震が起きた。大胆な設定ながら、制作側の真摯な意図から企画されていることは、作品の端々から伺えるが、こういった現実の状況との比較につねにさらされるなかでの放送となった。【以上、文・練馬大根役者】「フランスの『国際人道支援医師団』本部で、派遣地域から帰還した日本人医師が健康診断を受けている。特に問題なしと診断された男は、進藤一生(江口洋介)。フランスを出た進藤は使い込んだ革バッグを持って成田空港に降り立った。東都中央病院高度救急救命センターでは、小島楓医師(松嶋菜々子)が急患の受け入れをしていた。救急車で搬送されてきたのは、9歳の木村省吾(広田亮平)。省吾が喘息の発作を起こして運ばれたのは3回目。楓の適切な処置で、省吾の容態は落ち着いていく。翌日、救命センターでは、徹夜明けの仮眠を取る楓が黒木春正医局長(香川照之)に起こされた。楓は黒木と共にICUの省吾を診察。度重なる息子の発作に悩まされる省吾の両親は、これ以上何をしたら良いかと悩んでいる。別のベッドでは、自殺未遂の患者、小久保紗英(井上真央)が医師の日比谷学(小市慢太郎)、研修医の河野純介(川岡大次郎)、看護師の佐倉亮太(大泉洋)に診られていた。楓には結婚を約束した恋人、加賀裕樹(石黒賢)がいる。シアトルへの転勤が決まった裕樹から、楓は結婚して一緒に行って欲しいと言われている。そのために、救命医を辞めて欲しいと頼まれた楓は悩んでいた。夕方には、酔って階段から落ちた矢島太郎(おかやまはじめ)が運ばれてきた。頭部からの出血が夥しい矢島に付き添うのは北村一夫(徳井優)。佐倉や看護師の大友葉月(MEGUMI)は、北村に矢島の身元を尋ねる。だが、北村は矢島の名前すら知らない。そればかりか、北村自身も家を持たないホームレスだった。その夜、衆議院議員の寺泉隼人(仲村トオル)が帰宅。娘の千尋(福田麻由子)は喜んで出迎えるのだが、妻の香織(渡辺典子)の表情は…。医局で黒木は、楓から裕樹のことを相談される。黒木は、ずっとそばにいて欲しいと言ってくれる人は大切にした方が良いと答えた。黒木の言葉で決心した楓は病院の駐車場に裕樹を呼び出す。プロポーズを受けると言う楓に、裕樹は婚約指輪を渡した。純介の実家は河野内科を営んでいた。病院長の父、定雄(平田満)と母の敬子(山口美也子)、医大生の弟、和也(小栗旬)の4人暮らし。家に帰って来た純介は、定雄に実家の病院は継がないと念を押す。翌朝、例の革バッグを持った進藤は、国際会議センターにいた。会いにきたのは、都市災害と救急救命のシンポジウムで講演中の山室澄子(黒田福美)。澄子に会った進藤は、革バッグを差し出す。バッグは澄子の夫、剛(塩見三省)の医療機材。剛は、進藤と同じ派遣地で命を落としたのだ。会場には偶然楓も来ていた。澄子が語る都市災害の脅威に、楓は驚き、医師としての責任を考える。講演が終わり、会場を出ようとした楓は、進藤の姿を見つけて追いかけた。楓は、進藤に追いついて近況を語り合う。救命医を辞めると言う楓に、進藤は驚く。そして、進藤は今夜成田を発つので、その前に楓の病院に寄って詳しく話を聞くと約束して別れた。病院に戻った楓は、裕樹に電話。結婚をもう少し考えさせて欲しいと切り出した楓に、裕樹はやはり自分たちはダメだったのかと告げる。そんな話の途中、楓は呼び出されて電話を切る。ホテルをチェックアウトした進藤は、楓に会うためタクシーで病院に向かう。進藤がタクシーから窓外を見ていると、公園の木から鳥たちが一斉に飛び立った。と、次の瞬間、タクシーが激しくバウンドし、運転手が悲鳴を上げる。病院でも機材が音を立てて揺れだした…。揺れが治まった病院では、患者たちのケアが混乱の中で始まった。タクシーから出た進藤は、負傷者の救出と応急処置にあたる。【この項、フジテレビ広報資料より引用】」「今作も前向きな?終わり方で良かったんでないでしょうか。ただ、個人的には「ER」を見てないのでまたパクリかよ…といわれようとも前2作の流れ同様の「ER」まがいの神の手を持つ江口ちゃんの先生と成長した松島奈々子を中心とした救命の物語を期待したんだけどな…。題材が、都心での震災とその復興でしたからね。特に最終回に近づくにつれ、主役の二人の影は薄かったようでした。どちらかというと今作の主役は、仲村トオルのやってる政治家のほうが作品内での成長ぶりが光ってたようで、むしろ彼のキャラクターを中心とした震災と復興を題材にしたドラマで良かったんじゃないかと思うほどでした。それじゃあ、まったく救命病棟の意味がなさないわけで、どうなんでしょう…。まあ、彼の台詞の「死にかけた日本を生き返らせるのがわれわれの仕事…」とかいうところは救命救急と復興に対する政治的仕事をダブらせるような表現で、これがいいたかったのかなと思いましたが。それと、ドリカムの主題歌は過去の作品ともエンディングでジーンとくるのでこれがないと救命病棟じゃないといえるほどでした。まさに前向きな歌で締めてくれました。【この項、文・みそきち】」「回を重ねるゴトに、魅力が削がれていきました。震災が起きてからが、どういう事が言いたいのか、なんとなく分かりぎみで、想像できてしまったから「もういいかな」みたいな感じでした。だがしかし、このドラマのキモは、時代劇でも架空の物語でもなく、高い確率で起こりうるリアルな危機で、ありえないほど怖いエピソードも「テレビドラマだから…」では片付けられない、フィクションでありながら、全くのフィクションで無い所なのかな。なんて思うと本当に怖いッス。【この項、文・ぶい】」広報資料に掲載された各話サブタイトルは以下の通り。第1回「人が人を救うということ」、第2回「ひとりでも多くの命を!」、第3回「ヘリが運んだ夫婦の愛」、第4回「あなたを探しにいきたい」、第5回「初めて分かった父の思い」、第6回「愛する人を失うという事」、第7回「朝はまた来る!」、第8回「神の手はあきらめない!」、第9回「あなたが涙をぬぐうとき」、第10回「命の終わりを看取るとき」、最終回「命と希望が蘇る街へ!」。撮影協力・東京臨海病院、市川市、千葉県フィルムコミッション、財団法人横浜市スポーツ振興財団(4)-(8)、横浜市三ツ沢青少年野外活動センター(4)-(8)、NTT都市開発(1)-(3)(6)-(8)、八王子市観光課(1)-(3)、サンシャインシティ(Sunshine city)(1)、ホテルユニバース日本橋茅場町(1)、ダイシン百貨店(2)、三楽病院(2)、虎の門パストラル(2)、朝日航洋(3)(4)、いばらきフィルムコミッション(3)(8)(9)(11)、ウェスティンホテル東京(3)、丸の内MY PLAZA(4)、OPAQUE(4)、三菱地所マネジメント(4)、品川インターシティ(4)、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院(4)、横浜フィルムコミッション(4)、東京共済病院(7)-(9)。協力・スポット、ドルフィンズ、FIP(1)、シティテレビ中野(2)。医療監修・日本医科大学救命医学教室・山本 保博、川井  真、小井土雄一。医療指導・日本医科大学高度救命救急センター、渥美 生弘、大泉  旭、小川 太志、小野寺謙吾、尾本健一郎、勝野  亮、加茂  潤、久志本成樹、佐藤 秀貴、島田  靖、白石振一郎、高島伸之介、田辺 晴山、田上 正茂、富岡 譲二、直江 康孝、原  義明、松本  尚。都市災害監修・中林 一樹(東京都立大学大学院都市科学研究科)。取材協力・東京都、東京消防庁、兵庫県こころのケアセンター(9)-(11)、人と防災未来センター、トータルメディア開発研究所、東京大学医学部付属病院、JATEC、石原  哲(白鬚橋病院)、佐藤 美晴(財団法人甲南病院)、小澤 修一(兵庫県災害医療センター)、一瀬  勇・大友 康裕(国立病院機構災害医療センター)。看護指導・石田喜代美(1)-(11)。写真提供・オリオンプレス(9)、神戸新聞社(11)。放送時間変更(カッコ内は理由)…(1)→1/11(火)21:00~22:04(初回拡大版)、(11)→1/11(火)21:00~22:09(最終回拡大版)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2005/01/11~2005/03/22
放送時間 21:00-21:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
主な出演 江口 洋介松嶋菜々子松島菜々子)、仲村トオル香川 照之京野ことみ小栗  旬大泉  洋川岡大次郎MEGUMI石黒  賢(特別出演)(1)-(7)、深浦加奈子(1)-(5)(10)((10)は表示なし)、鷲尾真知子渡辺 典子(1)-(3)、山口美也子(1)(3)、小市慢太郎((3)は表示ありだがアヴァンタイトルの回想シーンにのみの出演)、田村たがめ小須田康人尾野真千子広田 亮平福田麻由子平田  満(1)-(5)(10)((10)は表示なし)、徳井  優(1)-(6)(8)、おかやまはじめ(1)-(6)(8)、井上 真央(1)-(4)、筒井真理子(2)-(5)、戸沢 佑介(1)(3)(7)(8)(11)、近江谷太朗(9)-(11)、塩見 三省(1)、黒田 福美(1)、渡辺  哲(2)-(5)、高田 美佐(4)(表示なし)、奥貫  薫(5)(6)、高松 英郎(6)(7)、米倉斉加年(7)、綿引 勝彦(10)、西村 雅彦西村まさ彦)(11)、山田 辰夫(7)、円城寺あや(7)、篠崎はるく(8)、芹澤名人(8)、山下 徹大(9)、伊崎 充則(10)、相島 一之(11)、菊池 均也菊地 均也)(11)、五森 大輔(1)、橘 ゆかり(1)、わかまどか(1)(4)、上條  誠(1)、森  聖矢(1)、田中 伸一(1)、湯川あき子(1)、藏内 秀樹蔵内 秀樹)(2)-(4)、剛州(2)(3)、江畑 浩規(2)(3)、大島 裕子(2)、十貫寺梅軒(2)、高橋かすみ(2)、古郡 雅浩ふるごおり雅浩)(2)、加藤 忠男(2)、研丘 光男(2)、村上 靖尚(2)、藤本 洋子(2)、木村 知幸(2)、森田 亜紀(2)(3)、土井 里美(正しくは「土」の右側にテンあり)(2)、藤田 宗久(3)、西村 淳二(3)、高杉 航大(3)、鈴木 修平(3)、辻  義人(3)、村松 保利(3)、崎山  凛崎山 茂幸崎山 祐一)(3)、高田 恵夢(3)、建部 和美(3)、佐々木ユメカ(3)、大塚 達矢(3)、津島 瑞穂(3)、横山三菜子(4)、むかい誠一(4)、花原 照子(5)(6)、長峯永令子(5)、浦崎  宏(5)、小杉 幸彦(5)、宮田 大三(5)、上原 あい(5)、綾  貴志(5)、吉川けんじ(5)、貴志(5)(6)、金子 久美(6)(10)、滝  直希(6)、今井 耕二(6)、土井よしお(6)(7)、宝創男弦錦(6)(7)、岩田  丸(6)、兎本 有紀(6)、樫村  勲(6)、いとう美羽(6)、戸村美智子(7)、松澤 重雄(7)、弘中 麻紀(7)、中川  亮(7)、馬場 佑樹(7)、伊藤 幸純(7)、服部美也子(7)、増田 英治(7)、森本  浩(7)、高村 尚枝(7)、安藤美和子(7)、石井 揮之(7)、梅野  渚(7)、阿部  渡(7)、志賀眞津子(8)、市川 兵衛(8)、桜川 博子(8)、福井  晋(8)、荒井眞理子(8)、よかた 汐(8)、望月 瑛蘭(8)、中務 一友(8)、菅野 達也(8)、青沼神対馬(8)、三宅 弘城(9)、小林  愛(9)、飯田 基祐(9)、関根 大学(9)、麻生 真衣(9)、小泉 充裕(9)、針ヶ谷理繪子(9)、鈴木 さち(9)、河合 良輔(9)、西村 淳二(10)、きゅうたろう邱  太郎)(10)、高崎 佳代(10)、稲本 弥生(10)、嶋尾 康史(11)、岩橋 道子(11)、宮川 宏介(11)、井殿 雅和(11)、山田 百貴(11)、茂木 和範(11)、下村 彰宏(11)、森  康子(11)、小林 正史(11)、神戸  淳(11)、権場 辰朗(11)、田村 光男(11)、岩永  智(11)、小嶌 天天(11)、和知 大祐(11)、池田 洋平(11)、吉田  繁(11)、浜崎  覚(11)、福月 里代(11)、石川 美佳(11)、川野 静香(11)、川井 悦子(11)、徳永  淳(11)、青木  一(11)、浅里 昌吾(11)、石川 雄也(11)、江澤 規予(11)、吉村 珠緒(11)、石川 泰子(11)、杉本 美保(11)、池田  恵(11)、梶原こずえ(11)、プロジェクト・ケイバイ・ザ・ウェイ劇団東俳トライアルプロマリブマネージメント(1)、稲川素子事務所(1)(8)(11)、東京優勝(2)、セントラル子供劇団(6)、俳協(7)-(9)、深川消防署のみなさん(3)、葛西消防署のみなさん(9)、フジテレビクラブの皆さん(5)、(協力・カースタントTA・KA
主な脚本 福田  靖
主なプロデューサ (プロデュース・中島久美子増本  淳)(プロデュース補・三田真奈美(1)-(11)、竹田 浩子(3)-(11)、川原井史子)(スチール・得本公一(1)-(11))(広報・名須川京子(1)-(11))
主な演出 若松 節朗(1)(3)(6)(8)(11)、水田 成英(2)(4)(7)(10)、西谷  弘(5)、村谷 嘉則(9)、(スタントコーディネート・釼持  誠剣持  誠剱持  誠劔持  誠)(1)-(3)(6))(監督補・村谷 嘉則(1)-(7)(10))(スケジュール・森保 伸二(1)-(11))(演出補・洞  功二(1)-(11)、菊川  誠鈴木 泰綱宮木 正悟高野  舞)(記録・寺田まり(1)(3)(6)(8)(11)、津島由起江(2)(4)(7)(10)(11)、藤島理恵(5)(11)、赤星 元子(9)(11))
局系列 FNN
制作会社 CX
制作 (制作担当・竹井 政章(1)-(11))(制作主任・篠原 真貴)(制作進行・山田のぞみ、谷川 奈央)
企画 和田  行、(編成・種田 義彦
音楽 佐橋 俊彦、(選曲・小西 善行(1)-(11))(音響効果・谷川 義春(1)-(11)、竹嶋あゆみ)(MA・荒川  望(1)-(11))(MA助手・本橋 純一
主題歌 DREAMS COME TRUEドリームズ・カム・トゥルー)「何度でも」(作詞・吉田 美和、作曲・中村 正人・吉田 美和、(DCTrecords/ユニバーサル ミュージック))
撮影技術 伊藤 清一(1)-(11)、河江 祐輔(6)-(11)、(TD・山岸 桂一(1)-(11))(技術プロデュース・松下 真史(1)-(11))(カメラ・磯貝 喜作高梨 逸行福澤 亮介)(撮影助手・佐藤 幸子片岡 祥子岩瀬  寛藤平 香子)(照明・高橋 幸司(1)(2)(4)(6)(8)(9)(11)、藤本 潤一(3)(5)(7)(10)(11))(照明助手・後藤 雅彦田中 健一楢橋 秀満堀田 耕二田代 良男長谷川秀樹山本 将希)(音声・矢川 祐介(1)-(11))(音声助手・杉村賢太郎工藤新一郎西森 公二)(映像・矢沢 由邦(1)-(11)、渡部  営)(録画・白鳥 好一(1)-(9)(11)、今村 信男(10)(11))(編集・新井 孝夫(1)-(11))(編集助手・宮崎  誠)(ライン編集・白水 孝幸(1)-(11))(ライン編集助手・萩原 隆司)(協力・共同テレビジョン日活撮影所にっかつ撮影所)、渋谷ビデオスタジオ)
HP
美術 (デザイン・塩入 隆史(1)-(11))(美術プロデュース・木村 達昭(1)-(11))(デザイン助手・福田 佳代)(美術進行・平川 泰光(1)-(11))(大道具・中島 範子(1)-(11)、西田 裕一(1)-(11))(大道具操作・蒔野 恭輔(1)-(11)、佐藤 大輔(1)-(11)、野本  尚)(装飾・熊倉 秀一(1)-(11)、星田 和昭(2)-(11)、西田 裕紀渡辺 康典宮内 拓自)(持道具・工藤 雄三(1)-(11))(衣裳・片岡 英樹(1)-(11)、増田  歩)(スタイリスト・谷川みゆき(1)-(11)、奥瀬 麻美)(メイク・佐々木精一(1)-(11)、佐々木博美(1)-(11)、平 笑美子)(建具・阿久津正巳阿久津正己)(1)-(11))(アートフレーム・江尻  正(1)-(11))(視覚効果・高橋 信一(1)-(11))(電飾・森   智(1)-(11))(アクリル装飾・早坂健太郎(1)-(11))(植木装飾・原  利安((1)-(5)では原  利保)(1)-(11))(生花装飾・勝野 純子(1)-(11))(フードコーディネート・住川 啓子(1)-(11))(設営・風巻 正人篠崎 力夫)(タイトルロゴ・久保田 幸(1)-(11))(CG・タイトル・冨士川祐輔富士川祐輔)(1)-(11)、高橋 美香(1)-(11)、佐藤 康夫(1)-(11)、高野 善政大村 哲也多田 慎一佐久間浩一

Tag Cloud

進藤 裕樹 松嶋菜々子 病院 省吾 救命病棟 革バッグ 黒木 江口洋介 タクシー 矢島 澄子 復興 震災 ER 最終 運ぶ 終わる 北村 フィクション 福田靖 会う 仲村トオル 題材 出る シリーズ 怖い 思う 医師 結婚

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供