• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ弁護士高林鮎子(29) フレッシュひたち17号の偽証…介護に悩む娘が涙した痴呆母の夢追い子守唄

弁護士の高林鮎子(眞野あずさ)が、相棒の調査員・竹森慎平(橋爪功)と共に、犯人が構築したアリバイを時刻表を使って崩し、真相を解明するシリーズの第29弾。老後住もうと思っていたケア付きマンションの一時金の詐取に絡む殺人事件の調査を開始した高林鮎子は、被害者と一緒に老人を餌食にした女が金を一人占めにしたと察知。事件当時、上野発の「特急フレッシュひたち17号」に乗っていたという女のアリバイ崩しに全力をあげる。「草鹿法律事務所に高林鮎子(眞野あずさ)を若い女性、石井千春(大沢さやか)が訪ねてきた。父石井常男(梅野泰晴)が、介護つきマンションの入居一時金4千万円の詐欺にあったので、取り戻してほしいというのだ。相手は、「倉田住宅」の営業マン志村邦彦(ひかる一平)。鮎子は依頼を受け、早速「倉田住宅」を訪ねるが、志村はすでに退職していて、会社は一切関係ない、と相手にされない。数日後、石井常男が、下町の運河で水死体となって発見される。警察は、事件性なしと判断するが、千春は「志村に殺されたも同然」と訴える。鮎子と慎平(橋爪功)の調査で、志村は東京のマンションを引き払い、静岡県の三島に転居したらしいことが判明。しかし、志村は潜伏先の三島のアパートで刺殺体となって発見された。当日志村を探して三島にいたこと、動機もあることで千春が疑われるが―――。千春の話から、志村には深田美子(石野真子)という同行者がいたことが判り、鮎子と慎平は、茨城県石岡の実家に滞在中の美子を訪ねる。そこで鮎子たちが見たのは、痴呆気味の母を甲斐甲斐しく介護する娘美子の姿だった。そして美子には、志村の殺害された当日は、クラス会に出席するため、常磐線の「フレッシュひたち17号」に乗っていた、というアリバイがあった。鮎子と慎平はどのようにして綿密に構築されたアリバイを崩すのか?【この項、東映広報資料より引用】」【データ協力:たかし】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2001/11/20~2001/11/20
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 眞野あずさ真野あずさ)、橋爪  功丹波 哲郎石野 真子石野 眞子)、大沢さやか淡路 恵子清水由貴子梅野 泰靖ひかる一平世古 陽丸睦  吾朗頭師 佳孝山本ふじこ須磨 史衣目黒 幸子辰巳 圭太
主な脚本 小木曽豊斗小木曾豊斗
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:増田 一穂(NTV))(プロデューサー:桑原 秀郎(東映)、吉村 晴夫(東映)、雨宮  望(NTV)、前田伸一郎(NTV))
主な演出 (監督・鷹森 立一
原作 津村 秀介「水戸の偽証―三島着10時31分の死者」(講談社ノベルス刊)
局系列 NNN
制作会社 (製作・著作:東映)(制作:NTV)
企画 酒井 浩至
主題歌 (テーマ曲・ANRI杏里)「Tears in Crystal」(作詞・吉元 由美、作曲・ANRI杏里)、編曲・Johem van der SAAG))
HP

Tag Cloud

志村 眞野あずさ 鮎子 高林鮎子 慎平 橋爪功 三島 倉田住宅 千春 アリバイ 構築 美子 崩す 訪ねる 小木曽豊斗 ひる 入居一時金 痴呆気味 営業マン志村邦彦 調査 乗る 時刻表 運河 相手 梅野泰晴 クラス会 丹波哲郎 発見 介護 大沢さやか

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供