• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ20周年記念作品 弁護士高林鮎子(28) パリから届いた殺意 死体の横のスズランの花言葉は純潔

横浜、大阪、東京で連続殺人事件が発生。警察に事情聴取されたカメラマン・高田(伊原剛志)の依頼を受けた鮎子(眞野あずさ)は、調査に乗り出した。高田には、事件当時パリにいたというアリバイがあった。ところが、以前、パリから帰国後自殺した高田の妹・真理子(佐藤友紀)が3つの事件の被害者たちと関りがあったことが判明。鮎子は高田に対する疑惑を深めて…。【日本テレビ広報資料より引用】「横浜でツアーコンダクター(関口信次)が、大阪豊中で新婚の新妻(中浦加奈)が、そして東京ではカメラマン(河合哲郎)が、一週間のうちのに同じ拳銃で射殺された。鮎子は、ある雑誌の「第一線で活躍する女性たち」の写真取材を受けていた。鮎子を撮影するのは、新進気鋭のカメラマン高田洋平。その高田が、死んだ河合の友人ということで、久保田部長刑事に事情聴取される。 高田の依頼を受け、調査を始める鮎子と慎平。関口が射殺された日は、高田は取材のためパリへ向かう飛行機の中だった、というし、加奈が殺された時は、成田に着いた日だったが、時間的にアリバイが成立する。捜査本部も、高田の出入国を確認しているようだが、鮎子たちの知らない情報を握っているのか、なかなか高田にたいする事情聴取が終わらない。高田を成田まで見送った軽井沢に住む友人、川村を訪ねた鮎子と慎平は、高田の最愛の妹真理子が、一年前パリ旅行のあと自殺したことを聞く。真理子は河合と交際していたという。調査を進めるうち、真理子のパリ旅行は、友人の加奈に同行したものであり、関口は、その時のツアーコンダクターだったことが判明した。河合の母康子を訪ねる鮎子と慎平。そこで真理子から河合宛の遺書とも思える手紙を見せられた。真理子はパリで、関口にレイプされ、加奈も協力した、という衝撃的な内容だった。そのことを知らされた捜査本部は、真理子を自殺に追いやった復讐のため、河合が関口と加奈を射殺し自殺したとして本部を解散した。だが、久保田部長刑事の話では、高田もそのことを知っていたという。なぜ鮎子に隠していたのだろう? 数日後、康子が鮎子を訪ねて来た。哲郎は、人を殺すような人間ではない、それに殺人があった時には、パリにいたようだ、とパリの店のクレジットカードの請求書を見せ、哲郎の汚名をそそいでほしい、という。高田と同じ時期に河合もパリに?高田はそのことも隠している。鮎子と慎平は、事件の真相を解明するために、パリへ飛ぶ。【この項、東映広報資料より引用】」【データ協力:たかし】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2001/07/03~2001/07/03
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 真野あずさ眞野あずさ)、橋爪  功丹波 哲郎伊原 剛志谷口  香佐藤 友紀木村  栄冨家 規政富家 規政)、秋本奈緒美小久保丈二上沢 美咲杉浦きよみ佐藤 智美井田 伸一石山 浩亨小野  了高月  忠坂口 進也本田 理沙杉崎 佳穂三波 伸一三波 伸介2代目))、田中 健三泉  アキ正司 敏江・玲児正司 敏江正司 玲児
主な脚本 小木曽豊斗小木曾豊斗
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:増田 一穂(NTV))(プロデューサー:桑原 秀郎(東映)、吉村 晴夫(東映)、長富 忠裕(NTV))
主な演出 (監督・鷹森 立一
原作 津村 秀介「巴里の殺意―ローマ着18時50分の死者」(講談社ノベルス刊)
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:東映)(制作:NTV)
企画 酒井 浩至
音楽 大谷 和夫
主題歌 (テーマ曲・工藤 静香「深紅の花」(作詞・橘  朋実、作曲・編曲・YOSHIKI))
HP

Tag Cloud

高田 鮎子 パリ 河合 真理子 慎平 関口 加奈 真野あずさ 久保田部長刑事 パリ旅行 射殺 事情聴取 成田 ツアーコンダクタ... 哲郎 調査 橋爪功 自殺 友人 捜査本部 訪ねる 小木曽豊斗 アリバイ 横浜 受ける 見せる 依頼 隠す 事件

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供