• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ聖の青春(「聖」にルビ「さとし」が付く)(新聞ラテ欄表記…聖の青春 病と闘い、名人の夢一筋に生き抜いた天才棋士 村山聖の29年)

5歳で病に侵されながらも、将棋に打ち込み、ひたすら名人を目指し、羽生善治と互角に戦いながらも、夢半ばにして29年の生涯を閉じた天才棋士を描く。5歳でネフローゼに侵され、入退院を繰り返していた村山聖(藤原竜也)。病により外で遊ぶことができなくなった聖は、病室で、父親(渡辺いっけい)が買ってきた将棋盤に触れ、それ以来、将棋に熱中する。元々備わっていた聖の集中力はものすごく、将棋の本を読んでいただけで、プロ棋士を倒すほどの頭角を現した。そして聖は13歳の時、名人・谷川浩司を「倒すのは今しかない」と、反対する両親らを説得し、大阪の森信雄六段(小林稔侍)に弟子入りを志願。「顔を見ればわかる!」と、聖と会った瞬間に迎え入れることを決める森。2人は将棋に没頭し、奇妙な師弟の同居生活を始める…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「難病にかかり、5歳から入退院を繰り返していた聖(藤原竜也)。病室に閉じこもることが長かった聖は、父・伸一(渡辺)から将棋盤をもらって以来、将棋に熱中。やがて、独学でプロ棋士を倒すまでになる。そして13歳になったある日、名人になりたいという夢を持った聖は、止める両親を振りきり、森六段(小林稔侍)に弟子入り。闘病しながら、森との奇妙な同居生活を始める。【この項、「週刊TVガイド」2001/01/22号(東京ニュース通信社刊)より引用】」淡々とした中に生きる情熱をみなぎらせた青年棋士の純真なまでのひたむきな人生を描く佳編。藤原竜也が好演。写真提供:弦巻  勝。資料提供:村山 伸一、森  信雄。協力:社団法人日本将棋連盟、渋谷ビデオスタジオ、アックス、イマジカ。ロケ協力:帝都典禮、テイハナ、JR西日本開発OK壱番街、走水荘、深大湯、桃太郎すし・駒沢支店、「将棋世界」編集部、広島将棋センター。【校正協力:@】《4:3》
キー局 RCC 放送曜日 放送期間 2001/01/06~2001/01/06
放送時間 14:00-15:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 ドラマスペシャル
主な出演 藤原 竜也小林 稔侍渡辺いっけい金 久美子寺島  進八嶋 智人内田 朝陽森下 哲夫でんでん尾上  紫飛田 航介中上 ちか大鷹 明良翁  華栄梅田 凡和菊池 均也岸本  功山田  洋児玉  徹矢吹 俊吉尾崎 勇仁滝浦 文隆内海 卓哉今関 愛美、放映プロジェクト、キャストプラン劇団日本児童劇団ひまわり奨励会・研修会のみなさん、(方言指導:大原 穣子
主な脚本 高木  凛今野  勉
主なプロデューサ 合津 直枝(テレビマンユニオン)、平尾 裕彦(RCC)、井上 英司(RCC)、(スチール:加藤  徹
主な演出 今野  勉、(演出補:田中 大輔)(助監督:川口 浩史水元 泰嗣刀根実香子
原作 大前 善生「聖(さとし)の青春」(講談社刊)
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:テレビマンユニオン、RCC(中国放送)、TBS)
制作 (制作部:田嶋 啓次、吉崎 秀一、高橋 康進)
企画 萩元 晴彦(テレビマンユニオン)、(編成:丹羽多聞アンドリウ(TBS))(宣伝:清水 雅哉
音楽 (音効:関  晶夫
主題歌 (テーマ曲:「MI・YO・TA」(詞:谷川俊太郎、曲:武満  徹))
撮影技術 村瀬  清、(技術プロデューサー:中村  彰)(VE:岩澤 英二)(照明:藤原 武夫)(録音:甲斐  匡)(撮影助手:青野 伸之)(照明助手:片原 数男稲木  健梶山 高弘)(録音助手:小川  武新妻  聡)(編集:今村 信男)(VTR編集:海老原博和)(技術協力:ビデオスタッフ、東新
HP
美術 (美術デザイン:後藤  洋)(美術プロデューサー:平野 裟一)(美術進行:田中 秀和)(装飾:松宮 廣之)(衣裳:十河  誠)(化粧:木村 聡美金子 一美)(持道具:草野 達樹)(題字:山岸 義明)(美術協力:日本光電)

Tag Cloud

藤原竜也 さとし 将棋 小林稔侍 入退院 プロ棋士 倒す 今野勉 侵す 同居生活 名人 高木凛 熱中 病室 弟子入り RCC 渡辺 繰り返す 父・伸一 JR西日本開発O... 走水荘 平尾裕彦 互角 渡辺いっけい 始める 独学 両親 萩元晴彦 みなぎる 合津直枝

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供