• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ代議士の妻たちスペシャル

保守系もと副総裁・緑川公平(西村晃)は政界のドンと呼ばれる存在。公平がここまで上り詰めたのも後妻の美都子(岩下志麻)の内助の功があったからで、その美都子は公平の後継者を総理することを夢見ている。しかしなさぬ仲の息子・嘉一(国広富之)は力不足。そこで美都子は実の娘・晶子(鷲尾いさ子)にエリート官僚の婿をと画策を開始。「家田荘子のルポタージュを原作に、1988年と89年に2度にわたってシリーズ化されたドラマのスペシャル版。前2作が新進代議士の妻という生き方そのものを追いながら、とある政治の断面を浮き彫りにしたのに対し、今回は政界トップに君臨する代議士夫婦にスポットを当て「代議士とは何か」に迫る。政治疑獄などをモチーフにしながら、代議士夫婦や彼らを取り巻く人々の野望や葛藤を描いていく。保守党の元副総裁・緑川公平(西村晃)は党内きっての実力者で「政界のドン」と呼ばれていた。後妻の美都子(岩下志麻)とともに、政治の世界の表も裏もくぐり抜け、学歴のハンデも乗り越えてここまでやって来た。公平の出世は、美都子の内助の功あってのものだった。その美都子のさらなる夢は、公平の後継者を総理大臣の椅子に座らせることだった。公平と先妻との息子・嘉一(国広富之)はカネとオンナに明け暮れ、美都子の頼みの綱は、自分の血を分けた娘・晶子(鷲尾いさ子)だった。そんな折…。【この項、TBSチャンネル広報資料より引用】」「代議士の妻たちシリーズの最終作。パート1が新人の世襲代議士、パート2が新入閣の中堅代議士を取り上げて主人公に据えたが、このスペシャルでは、政界のドンと謳われる副総裁を主人公に据え、芸者上がりの後妻が代議士の妻となった。その妻を演じたのが、あの岩下志麻であった。これは、市川プロデューサーの狙いのキャスティングだった。夫の政界のドンを演じたのが天下の副将軍水戸黄門を演じた西村晃だったこともあり、話題を読んだ。原作者の家田荘子も実名で出演している。放送時、佐川急便事件がらみで、自民党元副総裁金丸信の嫌疑が騒がれており、このドラマも政界疑獄を丁寧に描いており、永田町にインパクトを与えた。【この項、文:ドラマ制作関係者】」
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1993/03/29~1993/03/29
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 特別企画ドラマ
主な出演 岩下 志麻西村  晃国広 富之鷲尾いさ子渡瀬 恒彦(特別出演)、大滝 秀治津島 恵子益岡  徹加藤  武小坂 一也内田 朝雄家田 荘子(特別出演)、
主な脚本 重森 孝子
主なプロデューサ 市川 哲夫
主な演出 坂崎  彰
原作 家田 荘子
局系列 JNN

Tag Cloud

美都子 家田荘子 岩下志麻 西村晃 政界 ドン 国広富之 代議士 息子・嘉一 娘・晶子 代議士夫婦 総裁・緑川公平 鷲尾いさ子 後妻 内助 据える 政治 後継者 パート 重森孝子 演じる 総裁金丸信 将軍水戸黄門 市川プロデューサ... 妻たちシリーズ エリート官僚 呼ぶ 総理大臣 主人公 椅子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供